FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

セリエA 2013-14 ACミラン vs パルマ プレビュー

セリエA 2013-14 ACミラン vs パルマ プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20140315_1.jpg

明日の試合に関する先発予想なので、明日のガゼッタでは変更があるかもしれませんが、明日、忙しそうなので、今のうちに記事にしておこうと思います。

ちょっとだけ、続きを読む、に。


カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップはこちら。

AC_Milan_vs_Parma_2013-14_pre.png

ACミラン(4-2-3-1):
アッビアーティ;アバーテ、サパタ、ボネーラ、エマヌエルソン;モントリーヴォ、ムンタリ;本田圭佑、ポーリ、カカ;パッツィーニ

パルマ(4-3-3):
ミランテ;カッサーニ、フェリペ、ルカレッリ、モリナーロ;ガルガーノ、マルキオンニ、パローロ;ビアビアニー、アマウリ、カッサーノ


パルマは現在、11勝5敗10分け勝点43で6位。ただ、2月2日に行われる予定だったローマ戦が豪雨で延期になったため、1試合消化が遅れており、暫定順位の状態。その試合に勝てば、現在4位のフィオレンティーナが勝点45のため、4位まで順位は上がることに。

最近のパルマはかなりの好調ぶりで、ここ最近の5試合では、3勝2分け。今年に入ってからの成績でみると、9試合で7勝2分けと素晴らしい数字です。また、昨年の11月2日のユヴェントス戦に0-1で敗れて以来、15試合負け無しが続いています。その間で2点以上をとられたのは、インテル戦の3失点とフィオレンティーナ戦の2失点の2試合のみ。つまりパルマとしては、1点取れば、かなりの確率で引き分け以上の成績を得ることができるということに。

チーム内得点王は9ゴールのカッサーノ。カッサーノは、5アシストもあげており、こちらもチーム内トップとなっています。チーム内で得点アシストともに2番手につけているのが、中盤のパローロで7得点4アシスト。ミランとしては、このあたりの守備をしっかりと考えておきたいところ。あとは、スピードのあるビアビアニーにも警戒しておきたい。サイドからの崩しに異常に弱いからなあ、今シーズンのミラン……。


ACミランは、9勝10敗8分け勝点35で10位。前節のウディネーゼ戦に敗れ、ついに負け数が勝ち数を上回ることに。勝点でジェノアと並び、得失点差で上に立っている状態。

また、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ、アトレティコ・マドリー戦でも1-4と完敗。この試合では、バロテッリが先発したものの、そのパフォーマンスは非常に低調で、かなりの批判を集めることに。コンディション的にも心身ともにかなり悪そうにみえ、セードルフ監督としては、現時点でのコンディションのいかんにかかわらず、とりあえず先発から外す決断をした、なんていう報道も。ガゼッタでもバロテッリはベンチスタートでパッツィーニが先発という予想になっています。

最終ラインには前節のメクセスに代わりボネーラが入り、また、出場停止のデ・シーリョの代わりにアバーテが入るという予想。まあ、普通。

トップ下の一列は、右から本田圭佑、ポーリ、カカという予想。確かにポーリが中央に入り、ペナルティエリア内に飛び出すことからチャンスは生まれているんですが、得点につながってないところが悲しい。ひとつでも入れば状況がガラッと変わったりもするんですけどねえ…。本田は今回も右サイドに入る模様。ガゼッタでは、右サイドに入る選手に関して、本田が70%、ターラブトが30%と予想しています。

このパルマ戦、ミランの熱狂的なサポーターグループポーターグループによる抗議が予告されており、その標的は一部の選手とガッリアーニ。一部の選手というのは主にバロテッリを念頭に置いた話で、ピッチ上でのパフォーマンスのことよりも、SNSでの活動に積極的にみえるところが強い批判を招いている模様。また、ガッリアーニに関しては、移籍マーケットでの失敗について、かなり強いメッセージが出されそうな情勢。ガッリアーニが批判の対象になっているということは、当然彼が冬に連れてきた本田圭佑もその批判の対象に。現時点においては、ある程度批判の対象になるのもしかたがないと思うので、ピッチ上で、ファンに抗議のヒマを与えないようなパフォーマンスをみせて、その抗議に応えて欲しいと思います。試合で結果を残せばファンも文句の言いようがないですし、選手にできることはそれしかないわけですから

さらに、ベルルスコーニは、来シーズンのUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得できなければ、セードルフを解任する予定だとも報じられており、ヨーロッパリーグ圏内ギリギリのラインにいるパルマとの直接対決は、ミランにとって色んな意味で重要な試合です。ここで負けるようなことがあれば、事実上ヨーロッパリーグ出場は不可能に近くなるでしょうから。とにかく頑張れ、ミラン!
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

このまま同じ戦術なのかな。何かしら意識変えて来る事を期待・・・

  • 2014/03/15(土) 20:50:45 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

素人監督にキレたほうがいい

  • 2014/03/15(土) 21:44:28 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

チェゼーナ時代から親しみがある自分にとっては、パローロの活躍が地味に嬉しい
ぶっちゃけイタリアのファンって、攻めに関しては派手な個人技しか見てないっぽいんだよねえ
平たく言えば、攻撃の文化がないというか
基本堅実な本田のプレーが受けるとも思えないし、イタリアの10番からイメージされるプレーとかけ離れてるのは理解できるが
しかしなんだ、選手への声明はムカツイたな。アッレグリの時も思ったが、選手は結局監督の戦術に縛られるんだから、文句があるなら監督に言えよ。わざわざモチベ下げるようなことやるなっての
こういうのも、セリエに人が集まらない要因の一つなんじゃないかねえ

  • 2014/03/16(日) 00:58:41 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

走らない。守れない。チームプレー?何それ?なチームで批判されてもねぇ。
目に見える結果が欲しいけど、もし本田がアシストしても得点決めてもチーム最低点なんじゃないかとまで思ってしまう。
その前にボール貰えるのか?
そんなに本田が悪いと思うなら出さなくて結構ですと言いたくなる。
イブラ連れ戻せよ(笑)

  • 2014/03/16(日) 05:59:51 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

カカトップ下よりもポーリがトップ下の方が本田も中に入ってきやすいと思うし流動的に右に入ってくれたり出来る選手なのでやりやすいと思いますけど…どうかな。

  • 2014/03/16(日) 07:15:23 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ポーリトップ下ってピルロ対策のように格上相手のオプションじゃないかなー
攻撃のアイデアが豊富なわけではないしバロテッリと中盤をつなぐのには向かないと思う

  • 2014/03/16(日) 09:25:06 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

今のミランからパルマは格上。

  • 2014/03/16(日) 10:52:57 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

今日の予想ではパッツォも本田も消えてしまいましたね・・・

  • 2014/03/16(日) 14:30:46 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ポーリが点取るの先か、本田が先か
まぁポーリはすでにリーグ戦で取ってますけど
どっちでもいいから口火を切るきっかけになってくんないかなあ

  • 2014/03/16(日) 15:18:26 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

これはひどい…

  • 2014/03/17(月) 01:04:36 |
  • URL |
  • やす #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1609-0478e196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)