赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACミランのセードルフ監督、ガッリアーニCEOに呼び出される

ACミランのセードルフ監督、ガッリアーニCEOに呼び出される

http://www.football-italia.net/46755/report-seedorf-crisis-talks

ACミランの練習中、クラレンス・セードルフが、アドリアーノ・ガッリアーニCEOとの会談に呼び出されたとの報道がなされている。

今日の出来事は、公式戦4連敗を受け、クラブ内にある不安定な雰囲気に拍車をかけている。

複数の情報源によると、セードルフ監督は練習中にミランの本部に呼び出されたが、その練習には、ユース部門の首脳陣も同席していたという。

その中には、来シーズン、セードルフの後任となる可能性が高いと噂される、プリマヴェーラのピッポ・インザーギ監督もいた。

オランダ人のセードルフは、監督を続けるか、もしくは退団するかを迫られた可能性もあり、良い兆しではなさそうだ。

その場合、インザーギがトップチームの監督に昇格するか、もしくはアシスタントコーチのマウロ・タソッティが今シーズン終了までの期間を担当することになりそうだ。

タソッティは、多くのミランの監督のもとで仕事をしており、その中には、カルロ・アンチェロッティやマッシミリアーノ・アッレグリがいる。

1月のアッレグリ解任以降、ミランは混乱状態に陥っている。


セードルフ解任に向けての具体的な動きが始まったのかな? ガッリアーニは元々ピッポを推していたんですもんね。仮にセードルフが解任された場合、個人的には今シーズン終了まで、タソッティが暫定監督という形でいいと思います。ピッポ自身が監督就任を強く望んでいるのであれば、それを叶えてあげて欲しいという思いもありますが、せっかくピッポをトップチームの監督にするのであれば、できるかぎり良い状態でチームを引き受けて欲しいので。そんなことを言っていられる状況じゃないのかもしれないけど、ピッポには指導者としてじっくり成長して欲しいんですよねえ…。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

概ね管理人さんに同意。
スッキリした形でピッポには就任して欲しいけど今季を捨てて試験、実験的に戦って取捨選択をして来季に向かっての補強を含むチーム作りをクラブと相談しながら構想を練って欲しい気持ちもある。
何でかと言うと出口の見えないトンネルに居続けたくないからね。
微かな光を感じる新しい風を吹かせて欲しい。

  • 2014/03/23(日) 16:02:14 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1616-5a7fc9f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。