赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2013-14 サンプドリア vs インテル レビュー

セリエA 2013-14 サンプドリア vs インテル レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Sampdoria_vs_Inter_2013-14_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


サンプドリア(4-3-1-2):
ダ・コスタ;デ・シルヴェストリ、ムスタフィ、ガスタルデッロ、レジーニ;オビアング(58' クルスティチッチ)、パロンボ(84' ロンバルド)、ソリアーノ;サンソーネ(67' オカカ);マキシ・ロペス、エデル

インテル(3-5-2):
ハンダノヴィッチ;ロランド、ラノッキア、サムエル;ダンブロジオ、エルナネス(75' タイデル)、カンビアッソ、コヴァチッチ(80' ミリート)、長友佑都;パラシオ、イカルディ(68' アルヴァレス)

結果:サンプドリア 0 - 4 インテル

得点者:
インテル13'&63' イカルディ 60' サムエル 79' パラシオ


13分、右サイドに抜け出したパラシオが低いクロス、ニアに飛び込んだイカルディが右足で合わせてゴール、インテル先制。鮮やかでした。が、イカルディが調子に乗りすぎたのか、やや観客を挑発するような行為に出てしまい、イエローカード。若いね。
17分、サンプドリアがコーナーキック後のこぼれ球をつなぎ、ペナルティエリア内に残っていたガスタルデッロへパス、ボールを奪いに行ったラノッキアが倒してしまいサンプドリアにPK。しかし、マキシ・ロペスの蹴ったシュートはハンダノヴィッチがわりとあっさりブロック、コースも甘かったし、スピードもやや足りなかった。
20分、カウンターからインテルゴール前に抜けだしたエデルをロランドが倒し、サンプドリアのフリーキック。その後のいざこざでなぜかエデルが2枚のイエローカードをもらい退場。何が起こったんだろう……。どうやら、エデルがインテルの選手を手で押したということが原因みたいだけど、ちょっと厳しい。
32分、マキシ・ロペスがペナルティエリア際からミドル、ゴール右下隅の良いコースにいっていたものの、ハンダノヴィッチがセーブ。さすが。
34分、なかなか距離のあるフリーキック、ムスタフィがミハイロヴィッチばりの左足のシュートを放つが、これもハンダノヴィッチがセーブ。
直後のコーナーキックでは、ゴール正面にこぼれたボールをムスタフィが滑りこんで押し込みにいくがディフェンスがブロック、再びコーナーに。
45分、サンプドリアがカウンター気味の攻撃、右サイドからデ・シルヴェストリがクロス、飛び込んできたソリアーノが右足のボレーで合わせるがまたしてもハンダノヴィッチが驚異的な反応で弾き出す。恐ろしい。
前半終了。1-0がインテルがリード

後半開始。両チーム交代なし。
50分、コヴァチッチのスルーパス、パラシオが左足で豪快なシュート、わずかに枠の左へ外れる。今日のコヴァチッチは何だか良い感じでプレーしてるなあ。
58分、サンプドリアの交代、オビアングに代えてクルスティチッチ。
60分、イカルディからのパスでパラシオが抜けだす、深い位置まで侵入してシュートするがGKがブロック、コーナーキックへ。
61分、インテルの左コーナーキック、エルナネスが蹴ったボールをサムエルがヘッドで合わせてゴール、インテル追加点。これでずいぶん楽になったことでしょう。
63分、インテル3点目。さすがに勝負ありか。スルーパスでパラシオが抜け出し、GKの動きをよくみて左に流す、イカルディのトラップはやや乱れたかにみえたものの、角度のないところからきっちり決める。イカルディ、今日の2点目。ずいぶん得点力が発揮できるようになってきたなあ。
67分、サンプドリアの交代、サンソーネに代えてオカカ。
68分、インテルの交代、イカルディに代えてアルヴァレス。激しいブーイングにみまわれるイカルディ。結構挑発してたからなあ。サンプドリアのサポーターからすると裏切り者というイメージも強いだろうし。
75分、インテルの交代、エルナネスに代えてタイデル。
79分、左サイドでのワンツーからパラシオが抜け出し落ち着いてゴール右隅に沈める、インテル4点目。こうなると強いな、インテル。
80分、インテルの交代、コヴァチッチに代えてミリート。
84分、サンプドリアの交代、パロンボに代えてロンバルド。

4-0のまま試合終了。インテル、3月15日のヴェローナ戦以来、久しぶりの勝利。ここから、パルマ、ナポリ、ミラン、ラツィオと激しい戦いが予想される試合が続くので、その前にこういう結果を残せたのはチームにとって大きいと思います。

ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1646-81fe6c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。