赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミランのセードルフ監督、クラブに事前通知せずにSkyのインタビューを受ける

ミランのセードルフ監督、クラブに事前通知せずにSkyのインタビューを受ける

http://www.football-italia.net/48417/seedorf-i-want-be-milan-coach

クラレンス・セードルフは、「ACミランの監督になりたいだけだ」と語り、また、マリオ・バロテッリの成長過程を手助けしようとしないメディアを非難した。

アドリアーノ・ガッリアーニとバルバラ・ベルルスコーニの両CEOを含む、クラブ関係者が公に支援を表明しなかったことに表れているように、セードルフ監督は、サン・シーロでの孤立の度合いを高めている。

報道によると、セードルフは、クラブに通知することなく、自宅でSkyのインタビューを受けたようだ。

セードルフは、Sky Sport Italiaに対して、このように語っている。
「ガッリアーニ氏とは、サッカーを超えた関係があると思っている。ブラジルでも僕の家族を含めて何度も会っていた。」

「ガッリアーニの立場を引き受けたいとは思わないし、会長などの地位に就きたいとも思わない。僕はただACミランの監督になりたいだけだ。」

「ガッリアーニ氏には最大限の敬意を払っている。彼は僕を大いに信頼してくれているからね。クラブと監督との関係が近しいと感じるのが基本的なことだ。クラブには、僕に近い位置にいてくれるよう頼んだし、ガッリアーニ氏のアドバイスはいつだって大歓迎だ。彼は何年もの間、全てのミランの監督に近しい存在だったわけだからね。」

セードルフは、0-2で敗れたローマ戦での途中交代に不満を漏らし、その後、TVの生番組でSky Sport Italiaの解説者陣と一悶着を起こしたバロテッリについても質問を受けた。

「バロテッリは成長しているよ。彼は、ラツィオ戦で本田圭佑がやったのと同じように、ローマ戦でなぜ交代させられたのかを聞いてきた。僕たちの間には、大人同士の素晴らしい関係がある。」

「彼が間違ったやり方でフィールドを後にしたとは思わない。ミスパスをした後、チームメイトを批判したことについては、僕自身現役時代に何千回とああいうジェスチャーをみてきた。」

「ジャーナリストはバロテッリの成長過程を手助けしていない。僕は彼と話をし、建設的な批判をしているが、メディアを通じてではなく、個人的に行っている。時には、彼をひとりにしておいた方がいいこともある。」

「彼のポジティブな変化については注目されていないと感じている。ネガティブな瞬間ばかりが注目を集めるのはフェアじゃない。今シーズンが彼のキャリアの中で最もゴールの多いシーズンになっているのだから、彼の特典に関する数字は強力だ。」

「最初から言っているが、戦術的なシステムはアプローチほど重要ではない。僕はジャンパオロ・パッツィーニとバロテッリを同時に起用するというアイデアに否定的なわけではないが、現時点ではバランスがとれている。パッツィーニには大いに感謝している。彼は決定力があり、残り30分で変化をもたらすことができるからね。」


セードルフ、クラブに通知せずにインタビューを受ける。これがクラブとの決定的な決裂を意味しているのか、それとも、単純に知らせなかっただけなのか、そのあたりはよく分かりませんが、あまり良い方向に向かっている感じがしないのは確か。

バロテッリに対しては、フランス、リーグ・アンのASモナコが興味を示しており、ミランも受け入れる準備があるという報道も。モナコには、ファルカオ、ベルバトフ、ハメス・ロドリゲス、リヴィエールなど、すでに十分な攻撃力がある気もするんですが、やっぱり金のあるクラブは違いますねえ……。モナコのラニエリ監督がバロテッリを上手く御せるかどうか分かりませんし、結構なバクチだと思うんだけどなあ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

監督に対しては戦術面を一番重視しがちだけど、選手との信頼がどれだけ構築できているかが一番重要だと思う。セードルフがどうなのかしらんけど。

  • 2014/04/28(月) 20:21:56 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

>「ジャーナリストはバロテッリの成長過程を手助けしていない。僕は彼と話をし、建設的な批
>判をしているが、メディアを通じてではなく、個人的に行っている。時には、彼をひとりにしてお
>いた方がいいこともある。」
セードルフの監督としての能力には懐疑的だけどここは同意できる。

マスコミも酷いけどボバンはこの一年で大嫌いになった

  • 2014/04/28(月) 22:34:28 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

以前ここで取り上げてくれたガゼッタの本田選手のインタビュー記事でもセードルフとはよく話てるようだし、監督と選手の間には特に対立や問題はないように思える。
というか、むしろ問題があるように見せたいフロントの思惑にメディアが乗っかってるようにしか思えない f^_^;
個人的には、セードルフを辞めさせたくて仕方ないんだろうなぁ、と呆れているところなので、これも本当は知っていたのに 「無断でインタビューを受けた」 と言ってるのかな~なんて穿った見方をしてしまう(笑)
長年ミランに居て、クラブの事を知っているセードルフが、クラブが許可していないインタビューを受けるとは思えないんだけどなぁ。

  • 2014/04/29(火) 02:18:47 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

>ジャーナリストはバロテッリの成長過程を手助けしていない。
>僕は彼と話をし、建設的な批判をしているが、メディアを通じてではなく、個人的に行っている。

バロテッリをどうにかしようとはしてるんですね・・
ただ、直近のバロの態度をみるかぎり、その試みはあまり成功してるとは言えないかな
難しいのはわかるし、うまく誘導していければいいのだけど

  • 2014/04/29(火) 14:28:34 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

セードルフ早く解任して欲しいわ

後バロテッリもいらん、売れるなら売った方が絶対いい
バロテッリが精神的に成長する可能性なんて99%無いわ

とにかく今のミランは運動量が圧倒的に足りないし、走らない選手は切ったほうがいい

  • 2014/04/29(火) 15:48:55 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1665-9ec7d736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。