赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガッリアーニ:(セードルフのインタビューに関して)「その話はこれで終わりだ」

ガッリアーニ:(セードルフのインタビューに関して)「その話はこれで終わりだ」

http://www.football-italia.net/48442/galliani-story-ends-here

アドリアーノ・ガッリアーニは、クラレンス・セードルフがクラブから事前に合意を得ることなくインタビューを受けたことに関して、「その話はこれで終わりだ」と語った。

ACミランの監督であるセードルフは、週末、クラブから事前に同意を得ることなく、TVネットワークによるインタビューを受けた。

しかし、ミランの首脳陣のひとりであるガッリアーニは、彼自身とセードルフ監督との間に悪感情はないと主張している。

ガッリアーニは、記者に対してこのように語っている。
「彼はクラブの合意を得ることなくインタビューを受けた。それは我々の規定に反することだ。」

「しかし、彼は論争の種になるようなことは何も言わなかったのだから、その話はこれで終わりだ。」

その上で、ガッリアーニは、金曜に行われたローマ戦での敗戦と、ヨーロッパリーグ出場権争いについてコメントした。

「おかしなことは何も起きていない。2位のチームに敗れたのだから。」

「ヨーロッパリーグ? 我々は、勝点差1の中にいる5チームのうちのひとつだ。現時点で予想をしても意味がない。何が起こるかはその時になってみないと分からない。」


ガッリアーニの言葉。インタビュー自体はやはり全くの無許可だったようですが、ガッリアーニとしても、あまり事を荒立てたくはないようで。ローマでの敗戦と、ヨーロッパリーグに関しては、ちょっと諦念がうかがえます。以前も報じられていたように、ミラン首脳陣としては、アメリカツアーへの影響も考えて、ヨーロッパリーグ予備戦に出るくらいなら、出場できない方がいいという空気があるのかもしれません。個人的にはミッドウィークもミランの試合がある方が楽しいので、できることなら出場して欲しいんですけども。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

より多くの試合を見たいですからELは出て欲しいですね

  • 2014/04/29(火) 17:43:21 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1666-39f58a65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。