赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラン、セードルフ解任後は法廷闘争に?

ミラン、セードルフ解任後は法廷闘争に?

http://www.football-italia.net/48493/milan-face-seedorf-battle

報道によると、シルヴィオ・ベルルスコーニは、クラレンス・セードルフの解任を5月まで先送りにすることになりそうだが、ACミランが彼の契約に関する闘争に直面するのは間違いないだろう。

この夏にオランダ人のセードルフがミラネッロを離れることになるだろうとの報道が強まってきているが、クラブに通知せずにSkyのインタビューを受けたことにより、ベルルスコーニ会長はさらに早い時期に彼を解任する意思を固めたようだとの報道が出てきた。

しかしながら、ガゼッタ・デッロ・スポルトは今日、少なくとも今シーズン終了まで38歳のセードルフの解任を先送りにするよう、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長がベルルスコーニ会長を説得した、と報じている。

ヨーロッパリーグ出場権獲得という目標を視野に入れ、チームの団結を維持するという狙いだけではなく、その決定の背景には、セードルフ後のクラブの有り様についての明確かつ継続的な計画が存在するとみられる。

しかし、ミランが、残り2年の契約に関するセードルフとの法廷闘争に直面することになるだろうとも報じられている。

元ミッドフィールダーのセードルフは、可能なかぎり早く首脳陣の一員として戻るために、契約解除条項について交渉を行うことを決断しているとみられ、また、2016年6月までの契約で得られるはずの1000万ユーロ(課税前)のうち、可能なかぎり多くの額を得ようとしているともみられている。

一方で、クラブはその額をできるだけ低くするための交渉を行うという強い意志を持っていると考えられている。


ベルルスコーニ会長はもはやセードルフ解任の意思を固めているが、それをガッリアーニが思いとどまらせている、という話。元々セードルフの監督就任を決めたのは、ベルルスコーニだというのに、ずいぶんと複雑な話で。首相時代、選手起用について自分の意見を言うためにロッカールームに直接乗り込むような人なので、いまさら驚きはしませんが、それにしても勝手なことだなあ、と思います。

また、セードルフの契約に関する問題については、いきなり約2年半という長めの契約を結んだことがアダになっています。ちなみに、つい先日マンチェスター・ユナイテッドから解任された、デヴィッド・モイーズは、6年という長期契約を結んでいましたが、チャンピオンズリーグ出場権の獲得に失敗した場合、1年分のサラリーのみしか支払わないという契約解除条項があったらしく、500万ポンド(約8億6000万円)で決着するようです。それでも十分高いですけどね…。セードルフの契約にそういった条項が盛り込まれているとはあまり思えないので、かなり揉めそうです。選手としてクラブに多大な貢献をしてくれた選手と、こういう形で関係が悪化するっていうのはクラブにとって間違いなくマイナスなことだと思うんですが、どうしてこんなことになっちゃうんでしょうねえ…。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

セードルフが良い、とは全く思わないけど、半シーズンもたたないうちにクビとか正直どうなんだろ。

  • 2014/04/30(水) 17:27:36 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ただでさえ難しい状況の中で就任した監督経験ゼロのセードルフを長い目で見るつもりもなく、
こんなに早く解任という話が出るくらいなら監督を任せるべきではなかった
悪い状況の中でもすぐにクビを挿げ替えるのではなく、
時には我慢しなければならないときもあるのではないでしょうか
とはいえセードルフの采配には懐疑的な部分が多いので、我慢して引っ張るタイミングが今だというつもりもありません
が、問題はこのままセードルフが解任され、新監督の呼び声高いピッポが就任した際に同じように早々に解任されるようなことになってしまった場合、
OBがもう誰もミランに寄りつかなくなるのではないかという懸念が・・

  • 2014/05/01(木) 00:45:59 |
  • URL |
  • 名無しの壺さん #-
  • [ 編集 ]

ベルルスコーニ会長が勝手なのはずっと前からだけど、今回セードルフの監督就任時には 「話題作りではなく、長い目で見る」 ような発言をしてたから、さすがにチームの惨状を解って監督と選手達が一緒に成長してくという方向で少しは我慢するのかと思ってたけど、そんな事はなかったですね。
まあ、セードルフは取れるだけミランからお金を取ればいいよ。
反省すべきはフロント陣だもの。
ピッポはもう一年位、下で監督やって、また優勝すればいいよ。
でないと本当にレジェンドが誰も残らなくなっちゃうと思う。
暗黒だなぁ、ミラン (T_T)

  • 2014/05/01(木) 01:44:07 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

状況分かっていてそれでも自分なら改善できると思って引き受けたはずだが・・
もし半年では短すぎるというのなら監督自身の認識も甘かったわけだし
そりゃ話を持って行ったフロントにも問題あるだろうけどさ

  • 2014/05/01(木) 08:47:44 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

選手に復帰したりして

  • 2014/05/01(木) 09:12:59 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

セードルフ解任の話はEL獲れる獲れないの結果ではなく試合見てても何となく感じるチーム内の分裂…そんな感じにみえます。
ガリに説得されたので止めたがリッカのスタメン外しやアバーテの起用法だったり…ローマ戦ではクラブが大事にしてる生え抜きアバーテ、デシーリオ2人共ベンチだったしね。

戦術的な理由からモウがイケルを外した途端にチーム分裂が起きたのと似た感じになりつつある気がします。
イタリア人選手達からは信頼失ってしまってるみたいだしイタリアのチームなのでイタリア人プレーヤー達を敵に回してるのはやはり問題があるんじゃないかな。ミラネッロではセードルフの味方になってくれる人は誰もいないと聞きますしスタッフとの関係も冷えきってしまっててはいいチームは造れない。

イタリア人のレジェンドならここまでならなかったとは思うけどね。

  • 2014/05/01(木) 09:19:47 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

クラブの成り立ちから言ってもインテルじゃないんだからミランがイタリア人を重視する事に疑問は無いよ。資金さえ自由に使えてたら今の状況は無かっただろうし、少ない資金でやり繰りする今のガリの働きぶりにも不満はない。
不満があるのは全力でプレーしてる様には見えない選手達とプランが見えて来ない監督、コーチ陣にだね。
何かが改善されつつあるなら見守るんだけどね。
来季から心機一転でいいと思う。

  • 2014/05/01(木) 11:49:02 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

それよりミランの全選手総年棒はリーグ1位とか言ってたのも見たけど本当なのでしょうか?イブラが居た頃?ヨーロッパリーグの出場がかなり厳しい状況で来期はチームが収入減間違いなし、新規加入選手も少ないでしょう。

  • 2014/05/04(日) 09:02:41 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> それよりミランの全選手総年棒はリーグ1位とか言ってたのも見たけど本当なのでしょうか?イブラが居た頃?ヨーロッパリーグの出場がかなり厳しい状況で来期はチームが収入減間違いなし、新規加入選手も少ないでしょう。

こちらの記事で今シーズンの年俸について書いています。ご参照ください。

http://ringhio08.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

昨シーズンはセリエA1位でしたが、今シーズンは2位です。

  • 2014/05/04(日) 19:57:48 |
  • URL |
  • ringhio08 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1669-894c9361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。