赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACミラン、ラミの移籍金を大幅に値切る?

ACミラン、ラミの移籍金を大幅に値切る?

http://www.football-italia.net/49227/milan-offer-%E2%82%AC35m-rami

ACミランは、ヴァレンシアに対して、ディフェンダーのアディル・ラミについて、以前合意していた買取額の半分のみしか払う意志がないことは間違いないようだ。

フランス代表のラミは、6ヶ月のレンタルでシーズン中盤の1月に加入し、この夏の買取額は、700万ユーロに設定されているとみられていた。

センターバックのラミは、ミランで、十分に印象的な活躍をしていることから、ミランとバレンシアが話し合いを行っているが、ミランは移籍金の額で争っていると報じられている。

今日、ガゼッタ・デッロ・スポルトが報じたところによると、ミランはかなりの減額を要求しており、半額のみ、すなわち350万ユーロしか払う準備がないようだ。

ミランは、ヴァレンシアが拒否するであろうことを予想しているものの、仲介人であるErnesto Bronzettiにその要求をヴァレンシアに伝えるように指示したと考えられている。


ラミに関するミランの提示額は、当初合意していた額の半分という話。それはいくら何でも虫がよすぎる。確実に戦力として計算できるセンターバックを700万ユーロで確保できるなら、惜しむような額じゃないと思うんですが、よっぽど追い込まれているんでしょうか。一方で、昨シーズン、マトリの移籍金として使った額は1100万ユーロ…。全ての補強が当たりってことはありえないけど、それにしてもこの額は本当に意味不明だった。そういえば、マトリもフィオレンティーナでのレンタル期間を終えてミランに帰ってくるんですよねえ。ユヴェントスに払った額の半分くらいでもいいから売れるといいなあ…。

ちなみに、ロビーニョとマトリの年俸は、どちらも250万ユーロ。手取り額なので、実際にはこの倍くらいのお金がかかります。つまりこの2人をリストラするだけでも、約1000万ユーロが浮くことに。そもそもミランの抱えている問題として、毎シーズン抱えている選手の数が多すぎるという点があるので、ヨーロッパの大会のない来シーズンに向けて、しっかりリストラをしていかねばなりません。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

つまるところその毎シーズン抱える選手が多い理由が多くの負傷者を抱えるからであるわけで。
根本的な改革が必要です。

  • 2014/05/18(日) 11:01:03 |
  • URL |
  • ちっぷん #KeAlOD/s
  • [ 編集 ]

虫がいいというか…最早、言葉もない感じですかねぇ (T_T)

  • 2014/05/20(火) 02:04:18 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1686-1ce8d10e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。