赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2013-14 ACミラン vs サッスオーロ レビュー

セリエA 2013-14 ACミラン vs サッスオーロ レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

AC_Milan_vs_Sassuolo_2013-14_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


ACミラン(4-3-1-2):
アッビアーティ;デ・シーリョ、ラミ、メクセス、コンスタン(63' ザッカルド);モントリーヴォ、デ・ヨング、ムンタリ(59' エル・シャーラウィ);ターラブト、パッツィーニ、カカ(73' バロテッリ)

サッスオーロ(4-3-3):
ポミニ;メンデス(78' テラノヴァ)、カンナヴァロ、アリアウド、ロンギ;チブサー(73' マスッチ)、マニャネッリ、ミッシローリ(46' ビオンディーニ);ベラルディ、ザザ、サンソーネ

結果:ACミラン 2 - 1 サッスオーロ

得点者:
ACミラン2' ムンタリ 27' デ・ヨング
サッスオーロ90' ザザ(PK)

ミランは、今日のガゼッタの予想通りの先発メンバー。バロテッリ、エル・シャーラウィはともに先発に入らず。ここまで思い切れるのであれば、もっと早いタイミングでやっていてもよかったような…。

2分、縦パスを受けたパッツィーニがポストプレーからムンタリへ、ムンタリが得意の左足で豪快なミドル、左のゴールポストに当たって、ゴールイン、ミラン先制。不思議なほどにあっさりと。ムンタリって特殊な得点力を持ってますよね・
9分、ベラルディのフリーキックをザザがヘッドでつないで、最後は、アリアウドがボレーにいくが枠の上へ。危ないこと、この上ない。
12分、ペナルティアーク付近でボールを受けたパッツィーニ、今度は自らシュート、ポミニがセーブ。
18分、カカのミドル、ゴール右下隅の良いコースにいっていたものの、ポミニがセーブ、コーナーへ。
21分、ラミから縦に入ったシュート性のボールをパッツィーニが後ろ方向に止めてターンからシュート、ゴール左に突き刺さったものの、オフサイドの判定。惜しい。
27分サッスオーロゴール前でのフリーキック、デ・ヨングが蹴ったボールは壁に当たってGKの逆をつく形になり、ゴール右に入る、ミラン追加点。蹴りたがりの選手が大勢いるので、蹴る機会はほとんどありませんが、実はデ・ヨングって結構しっかりしたプレースキックを蹴るんですよねえ。壁に当たって入ったとはいえ、悪くないキックでした。シーズン折り返し前にサッスオーロと対戦した際にも、ミランは2点を先行した末に4点を奪われて負けているので、油断は禁物。
前半終了。2-0でミランがリードサッスオーロも残留がすでに決まっており、正直テンションの高い試合ではありませんが、しっかりリードを奪っていることについては十分な意味があると思います。

今日ミランの選手たちが身につけているのは、来シーズン、2014-15シーズン用のユニフォーム。ネットではすこぶる評判の悪かった一品ですが、まあ、きっと慣れることでしょう。正直、今シーズンのユニフォームの方がカッコいいとは思うけど。

後半開始。サッスオーロは、ミッシローリに代えてビオンディーニを投入。
55分、サッスオーロ陣内からのロングボールにザザが抜けだす、しかし一旦はかわされそうになったラミが最後はしっかり追いついてシュートブロック、こぼれ球を拾われ、クロスを入れられるも、これは余裕を持ってカット、事なきを得る。やっぱり、ラミは移籍金を惜しまずに買い取るべき
57分、ベラルディがロングレンジからシュート、アッビアーティが弾き出してコーナーキック。
59分、ミランの交代、ムンタリに代えてエル・シャーラウィ。4-2-3-1というか、4-4-2というか、そういう形に変わるものと思われます。
62分、エル・シャーラウィが左からペナルティエリア内に侵入、右足でシュートを放つもGKがブロック。得意な形でしたが。
63分、ミランの交代、コンスタンに代えてザッカルド。おそらく右サイドバックに入り、デ・シーリョが左に回るものと思われますが、ちょっと不思議な交代。マストゥールを起用する気はないのかな?
67分、ベラルディが右足でミドル、しかしアッビアーティが正面でキャッチ。
68分、ミランゴール前でのベラルディへのファールにより、メクセスにこの試合2枚目のイエローカード、退場。バロテッリが交代出場の準備をしていたんですが、おそらく取り消されることになるでしょう。とりあえずは、デ・ヨングが下がって穴を埋める感じかなあ。みてみると、どうやらデ・ヨングが右サイドバックの位置に下がってプレーしている模様。ザッカルドがセンターバックに入っています。
73分、ミランの交代、カカに代えてバロテッリ。そのまま入れてきたか。また、マストゥールのトップチームデビューは無しということに。ザッカルドが投入されたあたりでそういう予感はあったけど、ちょっと残念。本田圭佑も最終戦は出番なし。来季の巻き返しを期待しています。
同じく73分、サッスオーロの交代、チブサーに代えてマスッチ。
76分、縦パス一発で抜け出したパッツィーニ、ペナルティエリア内でディフェンスと1対1の状況から抜ききらないままシュート、ポミニがセーブ、コーナーキックへ。
78分、サッスオーロの交代、メンデスに代えてテラノヴァ。
80分、こぼれ球をモントリーヴォがペナルティエリア外からダイレクトでミドル、ポミニが正面でキャッチ。
84分、ペナルティエリア内でスルーパスを受けたザザが右足でシュート、アッビアーティの手をかすめるがわずかに枠の左へ外れる。
85分、左サイド、ハーフウェーラインを少し超えたくらいの位置、ドリブルでかわそうとしたエル・シャーラウィを削ってしまい、カンナヴァロに一発レッド。厳しい気もするけど、リプレーをみると、モロに足にいっているので、まあ、妥当な判断か。
89分、ペナルティエリア内でパスを受けたサンソーネをデ・シーリョがやや後方からのタックルで倒してしまい、一発レッド。決定機阻止か。本人としてはボールにいっていたという意識があるだろうけど、仕方ないかな。このPKをザザが決めてサッスオーロ1点を返す

ロスタイム3分を消費して、試合終了。ミランが2-1で勝利。最後は9人対10人になるというグダグダ感の拭えない試合でしたが、とりあえず最終戦に勝てたことは良かったのかな…。

他会場では、トリノがフィオレンティーナとドロー、パルマがリヴォルノに勝利。その結果、パルマが勝点58、トリノ、ミランが勝点57となり、パルマがヨーロッパリーグ出場権最後の一枠を獲得しました。おめでとうございます、ドナドーニ監督。

ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ムンタリに笑ってメクセスで泣いた。来季のカピタンはデヨングでw
後、もし何方かしか獲得出来ないならターラブトよりラミの獲得へ力を入れて欲しいね。メクセスのやらかしは相変わらずだしラミを軸にDFの構築をして欲しいくらいだよw

  • 2014/05/19(月) 14:08:58 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1690-5f471a91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。