赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップに臨むイタリア代表の最終メンバー23名が発表される ジュゼッペ・ロッシはメンバー入りせず

ワールドカップに臨むイタリア代表の最終メンバー23名が発表される ジュゼッペ・ロッシはメンバー入りせず

http://www.football-italia.net/49943/italy-world-cup-squad-announced

今夜発表された、ワールドカップに臨むイタリア代表の最終メンバー23名から、ジュゼッペ・ロッシが外された。

チェザーレ・プランデッリは、彼の代わりに、ロレンツォ・インシーニェをメンバー入りさせることを選択し、ローマのマッティア・デストロもメンバー入りを逃した。それに対して、パルマのアントニオ・カッサーノがアッズーリ監督により指名された5名のフォワードのうちのひとりとなった。

ディフェンスでは、昨晩のアイルランド代表戦でのパフォーマンスにより、プランデッリに良い印象を残したトリノのサイドバック、マッテオ・ダルミアンが最終メンバー入りを果たした。彼の代わりに、マヌエル・パスクアル、クリスティアン・マッジョ、アンドレア・ラノッキアといった選手がメンバー入りを逃した。

中盤に関しては、その最終メンバー入りが議論の種となっていた、パリ・サンジェルマンのマルコ・ヴェラッティが含まれることとなった。彼はおそらく、昨日のアイルランド戦で脛骨骨折のケガを負い、ワールドカップを欠場することとなった、リッカルド・モントリーヴォの代役としてメンバー入りしたものと考えられる。

アルベルト・アクイラーニもまた、その試合で頭部にケガをし、病院に駆け込むこととなったものの、メンバー入りした。

ここ数週間、プランデッリによる最終メンバーの選定を巡り、30名の選手が争っていたが、モントリーヴォの不運により、今日の段階では29名に減ってしまっていた。

今日午後のコヴェルチアーノでの練習後、さらに6名の選手が、リオでの役割を確保するための最後のハードルを越えられなかったことを知った。その6名は、デストロ、ラノッキア、パスクアル、ロッシ、マッジョに加え、ヴェローナのロムロだ。

しかし、ラノッキアは、期限ギリギリまで、チームに帯同し、さらなるケガ人が出た時の最初のリザーブメンバーとしての役割を果たすことになる。

今後の注目は、アッズーリのワールドカップ前最終となるホームでのフレンドリーマッチである、水曜のルクセンブルク戦であり、その後チームは、木曜の夜にブラジルへ飛ぶこととなっている。

イタリア代表の最終メンバー23名は以下の通り。

GK:ブッフォン(ユヴェントス)、ペリン(ジェノア)、シリグ(パリ・サンジェルマン)
DF:アバーテ(ミラン)、バルザーリ(ユヴェントス)、ボヌッチ(ユヴェントス)、キエッリーニ(ユヴェントス)、ダルミアン(トリノ)、デ・シーリョ(ミラン)、パレッタ(パルマ)
MF:アクイラーニ(フィオレンティーナ)、カンドレーヴァ(ラツィオ)、デ・ロッシ(ローマ)、マルキジオ(ユヴェントス)、チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン)、パローロ(パルマ)、ピルロ(ユヴェントス)、ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)
FW:バロテッリ(ミラン)、カッサーノ(パルマ)、チェルチ(トリノ)、イモービレ(トリノ)、インシーニェ(ナポリ)


イタリア代表の最終メンバー23名が発表される。
GK3名、DF7名、MF8名、FW5名っていうメンバーの内訳については当たってたなあ。

ジュゼッペ・ロッシは残念ながら、メンバー入りせず。やはり復帰からの期間が短すぎたのか、身体をかばっている感じのする昨日のプレーぶりを観た限りでは、連れて行けなかったということなのでしょう。まだ27歳なので、次の大会でも31歳。その時こそ、ワールドカップを経験して欲しいです。その前には、ヨーロッパ選手権もありますし。

予想外だったのは、デストロではなく、イモービレが選択されたこと。代表でのここまでの実績を考えれば、デストロを選択してくると思っていたのですが、ここはちょっと意外でした。

また、ラノッキアよりパレッタが優先されたのも、ちょっと意外。シーズン終盤のプレーを観ていると、ラノッキアは最終メンバー入りするだろうと思ってたんだけどなあ。結果、インテルは、イタリア代表メンバーゼロという寂しい状況に。他の国にはそれなりにいると思いますが。

ブラジル入りしてから、キャンプ地でちょっとした練習試合もあるとは思いますが、ワールドカップ前にしっかり観られるのは、水曜のルクセンブルク戦が最後。ある程度フルメンバーに近い形で戦うことになると思います。すっきり勝って現地に乗り込んで欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

インモビーレは若い時から期待していた選手
ポテンシャルが高く技術もあるから得点王にも期待がかかる
イタリアはピルロの調子次第で変わってくるな

  • 2014/06/02(月) 07:45:49 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

カッサーノおめ
イタリアとの対戦望む

  • 2014/06/02(月) 12:40:29 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

インテルトップチームのイタリア出身者はGK1人とDF3人
可能性はラノッキアしかなかったので残念だけど、帯同はするんですよね?確か

W杯メンバー入りしたのは8人
カンパニャーロ、アルバレス、パラシオ、長友、コヴァチッチ、グアリン、タイデル、エルナネス
候補でメンバー入りしなかったのは2人
ラノッキア、ロランド

多い方なんでしょうかね?

  • 2014/06/04(水) 00:13:11 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

そういえば、誰も、

ディアマンティ、ジャッケリーニのことは触れてあげてない。

一昨年のドイツをなかばボコボコ状態に追い込んだのに。。

  • 2014/06/06(金) 04:32:58 |
  • URL |
  • とおりすがり #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1706-0b1a500f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。