赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンドリーマッチ イタリア代表 vs フルミネンセ レビュー

フレンドリーマッチ イタリア代表 vs フルミネンセ レビュー

イタリア代表先発メンバー、フォーメーションはこんな感じ。

Friendly_20140608_Italy_vs_Fluminense_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


イタリア代表(4-3-3):
ペリン(62' ミランテ);アバーテ(62' デ・シーリョ)、パレッタ(62' ボヌッチ)、ラノッキア(62' バルザーリ)、ダルミアン;アクイラーニ(62' ピルロ)、モッタ(62' デ・ロッシ)、パローロ;チェルチ(62' マルキジオ)、イモービレ(62' バロテッリ)、インシーニェ(62' カッサーノ)


結果:イタリア代表 5 - 3 フルミネンセ

得点者:
イタリア代表23'&55' インシーニェ 30'&53'&54' イモービレ
フルミネンセ:25' シキーニョ 37' カルリーニョス 64' マテウス・カルヴァーリョ

9分、フルミネンセがイタリアゴール前でのパス回しからミドル、ディフェンスに当たってややコースが変わり、ゴール左に外れる、コーナーキック。
23分、パローロのスルーパスでペナルティエリア内に抜け出したイモービレがGKを引きつけて中央へ、インシーニェが無人のゴールに流し込んでイタリア先制。パローロって良い選手ですよね。
25分、フルミネンセがイタリアゴール前からペナルティエリア内右のスペースへパス、そのパスに抜け出した選手がファーポストへグラウンダーの速いボールを入れる、飛び込んできたシキーニョがしっかり押し込んでフルミネンセ同点。控え中心とはいえ、最終ラインがちょい不安定。
30分ペナルティエリアの左脇辺りからのインシーニェのフリーキック、イモービレがヘッドで合わせたシュートがゴール右上隅の良いコースに吸い込まれてイタリア追加点。イモービレは素晴らしいストライカーだと思うけど、本番ではどう使うんだろう。バロテッリと組ませるパターンなんかもあるんでしょうか。
37分左サイドからワンツーでペナルティエリア内に抜け出したカルリーニョスが左足でシュート、足元にきたボールをペリンが止めきれず、ボールはゴールへ。フルミネンセ再び同点に。今のはペリンが止めるべき。それに、右サイドバックは先発候補のはずのアバーテなんだけどなあ。
44分、右サイドからアバーテがペナルティエリア内に侵入、左足でシュートにいくがディフェンスにブロックされてコーナーキックに。
前半終了。2-2の同点。予備登録メンバーのはずのラノッキアを先発させているのがよく分かりませんが、それにしても2失点はいただけない。後半は何よりも無失点を期待。

後半開始イタリア代表は交代なし。フルミネンセはちょっと分かりません。
47分、自陣でのイモービレの不用意なバックパスを拾ったワウテルがそのまま右足でミドル、わずかに枠の右へ外れる。危ない。
53分、左のインシーニェからペナルティエリア右角付近のチェルチへ、やや手間取ったものの左足でチェルチがシュート、GKにブロックされたリバウンドをイモービレが押し込んでイタリア3点目
54分、イタリアのカウンター、モッタのスルーパスでイモービレが抜け出しGKと1対1に、冷静にループシュートでゴールに沈め、イタリア4点目。イモービレは、ハットトリック達成。
55分、フルミネンセのバックパスをペナルティエリア際でカットしたイモービレがGKとディフェンスを引きつけてから左へ、インシーニェが押し込んでイタリア5点目。イモービレは3ゴール2アシストという活躍。本当にどう使う気だろう、プランデッリ監督。それにしても、一気に崩れたな、フルミネンセ。
62分、イタリア代表一気に大幅入れ替え、バロテッリ、カッサーノ、ピルロ、マルキジオ、バルザーリ、ミランテ、デ・シーリョ、ボヌッチ、デ・ロッシを投入。先発メンバーでピッチに残ったのは、ダルミアンとパローロのみ。ミランテも第4GKとしてチームに帯同してるんですね。
64分、ゴール正面、ペナルティエリア際でボールを受けたマテウス・カルヴァーリョが素速い反転から左足のシュート、これがゴール左隅に突き刺さりフルミネンセ3点目。これはしょうがないか。
イタリア代表は、大量の選手交代により、本来の先発メンバーに近づいたはずですが、なんだかチグハグな感じ。フルミネンセに押し込まれる時間帯が増えています。きっとメディアはその辺を取り上げるでしょうから、プランデッリ監督としては、色々と難しくなりそう。
84分、イタリア代表の交代、パローロに代えてカンドレーヴァ。
85分、フルミネンセが左から速いグラウンダーのクロス、ニアポストに飛び込んできたマテウス・カルヴァーリョが合わせるが、ミランテが至近距離でブロック。好セーブ。
88分、カッサーノがドリブルでペナルティエリア内右へ侵入して、中央に向けてマイナスでグラウンダー、ピルロがダイレクトでペナルティエリア右奥深くにループパス、バロテッリがさらにダイレクトで中央に折り返すがGKがキャッチ。大量交代後、初の噛み合ったプレーでした。
90+3分、バロテッリが強烈なミドル、GKがブロック。良いシュートだとは思うけど、もう少し連携で崩すとかそういうのが欲しいところ。

試合終了。5-3でイタリア代表が勝利。勝利という結果も、インシーニェとイモービレの活躍も良かったと思うけど、本来の主力メンバーを入れたあとは、無得点1失点。上述の通り、プランデッリ監督としては、頭を悩ませる日々が続きそうです。


ガゼッタ・デッロ・スポルトに選手評が出たら、選手評を記事にする予定です。この試合については出ない可能性もあるけど。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1711-13451ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。