赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループB スペイン代表 vs オランダ代表 レビュー

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループB スペイン代表 vs オランダ代表 レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

WC2014_Group_B_Netherland_vs_Spain_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


スペイン代表(4-2-3-1):
カシージャス;アスピリクエタ、セルヒオ・ラモス、ピケ、ジョルディ・アルバ;ブスケ、シャビ・アロンソ(63' ペドロ・ロドリゲス);ダビド・シルバ(78' セスク・ファブレガス)、シャビ、イニエスタ;ディエゴ・コスタ(62' フェルナンド・トーレス)

オランダ代表(3-5-2):
シレセン;デ・フライ(77' フェルトマン)、フラール、マルティンス・インディ;ヤンマート、デ・グズマン(62' ワイナルドゥム)、スナイデル、デ・ヨング、ブリント;ファン・ペルシ(79' レンス)、ロッベン

結果:スペイン代表 1 - 5 オランダ代表

得点者:
スペイン代表27' シャビ・アロンソ(PK)
オランダ代表44'&72' ファン・ペルシ 53'&80 ロッベン 64' デ・フライ

8分、スナイデルが抜けだしてシュートにいくが、カシージャスが右手一本で弾き出す。
10分、イニエスタのミドルは枠の上へ。
13分、オランダに対して高い位置でプレスをかけるスペイン、ボールを奪いゴール前で2対1の状況を作る、ペナルティエリア内左でディエゴ・コスタガボールを受けるが、戻ったマルティンス・インディが守り切ってシュートまでいかせず。
オランダは両サイドのヤンマートとブリントがかなり低めの位置にセットしてて、ほぼ5バック。
18分、マルティンス・インディが自陣で中途半端なバックパス、このボールを奪ったダビド・シルバからゴール前のディエゴ・コスタへ、ディエゴ・コスタがペナルティエリア内右に侵入して右足でシュートを放つも枠をとらえることはできず。
26分イニエスタからのスルーパスでペナルティエリア内左に抜け出したディエゴ・コスタ、切り返したところをデ・フライが倒してスペインにPK。このPKをシャビ・アロンソがしっかり決めてスペイン先制。オランダとしてはジワジワ押し込まれる展開だったので、いずれやられるんじゃないかと思ってたけど、わりと早かったな…。
34分、デ・ヨングが左足でミドルシュート、カシージャスが余裕を持って処理。オランダとしては、一旦スペインにゴール前で守備のブロックを作られるとなかなか崩す術がない感じにみえます。
43分、イニエスタからスルーパスに素晴らしい飛び出しでダビド・シルバが抜けだす、ループで狙うもシレセンが何とか触りコーナーキックに。
44分左サイド、ハーフウェーライン付近からブリントが一気にゴール前へクロスパス、オフサイドラインをかいくぐって、このボールに抜け出したファン・ペルシがダイビングヘッドでカシージャスの頭の上を鮮やかに抜いてゴール! オランダ同点に追いつく。ゴールを決めたファン・ペルシは一目散にマンチェスター・ユナイテッドの新監督でもあるファン・ハールの元へ。それにしても恐ろしいシュートでした。ほとんどインチキだな、この人の存在は。ブリントも良いボールを出しました。ダレイ・ブリントは24歳で、父親のダニー・ブリントと同じくアヤックス育ちで現在もアヤックス所属。お父さんのダニー・ブリントは1994-95シーズン、アヤックスがチャンピオンズリーグを制した時のキャプテンでリベロでしたが、今日ここまでのプレーを観るかぎり、息子は攻撃面の才能もあるようです。これ以外にも良いクロスをあげていたので。
前半終了。1-1の同点。途中までは、スペインが圧倒する試合になる可能性もあるかと思ったんですが、ファン・ペルシのゴールで分からなくなりました。本当にあの人のゴール感覚は何なんでしょうか。

後半開始。両チーム交代なし。
現地は激しい雨が降っている様子。非常に湿度が高いという話はしていたんですが、これがスコール的なものなのか、これからずっと振り続ける雨なのかは分かりません。
50分、イニエスタのミドル、シレセンが問題なくセーブ。雨が降ってきたからとりあえず打ってみたのかな。
53分、またしても左サイドのブリントからゴール前へクロスパス、今度はロッベンがセンターバック2人の間で素晴らしいトラップをみせ、止めに来たピケをかわし、セルヒオ・ラモスのタックルをかいくぐって左足でシュート、ゴール左隅に決めてオランダ逆転に成功。ブリント大活躍。
60分、ロッベンがドリブル突破、ゴール前で中央のスナイデルへ、ロッベンへのリターンパスはブロックされるが、右のファン・ペルシへパス、ファン・ペルシがこのボールを右足のボレーで叩く、カシージャスの伸ばした手をかすめたボールはクロスバー直撃。
62分、オランダの交代。デ・グズマンに代えてワイナルドゥム。
62分から63分にかけて、スペインの交代、ディエゴ・コスタ、シャビ・アロンソに代えてフェルナンド・トーレス、ペドロ・ロドリゲス。退くディエゴ・コスタに対して会場からブーイングっぽい声。やっぱりブラジルだからかなあ。
64分、ペナルティエリア左脇からオランダのフリーキック、スナイデルが蹴ったボールに対してカシージャスとファン・ペルシが競り合いカシージャスはボールに触れず、ファーポストに抜けたボールをデ・フライが頭で押し込んでオランダ3点目。意外な形で3点目が。スペインとしてはカシージャスに対するファールを主張していますが、認められず。抗議にいったカシージャスに対してイエローカード。
68分、スペインが波状攻撃をみせ、右サイドからのクロスにペドロが飛び込んでヘッド、シレセンが弾いたボールをダビド・シルバがゴールに押し込んだかにみえたものの、オフサイドの判定でノーゴール。
72分バックパスをカシージャスがトラップミス、足元を離れたボールをファン・ペルシが猛ダッシュで奪い、ピケのカバーよりも一歩早く、滑りこむような形で左足を伸ばし無人のゴールへ流し込むオランダ4点目。まさかの展開に。今、ワールドカップでスペイン代表が3点もとられたのはいつ以来だろうと思って調べてたら、こんなことに。ちなみにスペイン代表が3点奪われた最後の試合は、2006年ドイツ大会の決勝トーナメント1回戦、フランス戦でした。
77分、オランダの交代、デ・フライに代えてフェルトマン。デ・グズマンもそうでしたが、カードをもらっている選手に関するリスクマネジメントという感じですかね。デ・グズマンは、プレーもあまり褒められたものではありませんでしたが。
78分、スペインの交代、ダビド・シルバに代えてセスク・ファブレガス。
79分、オランダの交代、ファン・ペルシに代えてレンス。
80分、自陣からのボールでロッベンが一気に抜け出しゴール前へ、カシージャス、ディフェンスをかわし、左足でゴール。何と5点目。なんだかんだでスペインはグループリーグを突破すると思うけど、このダメージはデカそう。調べてみたところ、1950年ブラジル大会で、ブラジルに1-6というスコアで負けたことがあるようですが、その時以来のヒドい負け方になりそうです。前回チャンピオンとしてこの大会を迎えているわけで、その当時とは失うものの大きさが違いすぎるしなあ。
87分、左のブリントからのボールをゴール正面で受けたワイナルドゥムがディフェンスをかわしてシュート、ここはカシージャスがブロック、リバウンドをロッベンが左足で狙うがこれもカシージャスがセーブ。何とか6失点は免れる。
90分、レンスが左サイドを抜け出し、中央にグラウンダーのパス、スナイデルがフリーで受けるがなぜかコケてしまい、シュートは力なくカシージャスの元へ。
90+1分、ややルーズになったオランダディフェンスに対し、フェルナンド・トーレスがオランダゴール目前でGKもかわし決定機を得るが、結局タックルで食い止められる。

試合終了。5-1でオランダ代表が勝利。本当にまさかの結果。前半はスペインの方が思ったような戦い方ができていたと思うし、ボールもちゃんと動いてた。やっぱり、ファン・ペルシの同点ゴールが全てを変えた感じ。彼の存在は本当に恐ろしいですね。

スペイン代表はいきなりつまづいた格好に。試合終了直前、デル・ボスケ監督がベンチにいる選手たちの頭をひとりひとり軽くポンポンと叩いていたのが印象的でした。上述の通り、なんだかんだでグループリーグは突破するんじゃないかと思いますが、選手たちが心に負ったダメージは大きいと思います。特にカシージャスにとってはかなり厳しい試合になってしまいました。スペインの活躍はやっぱり大会を盛り上げる大きな要素になると思うので、ここからぜひ立て直しをみせて欲しいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

コメント

昔のスペイン知ってるならコケること自体はいつも通り。あんな大敗するとは思わなかったけど。これで勝ち残っても決勝トーナメントがかなり厳しくなった。というか最悪GL敗退あるな、こりゃ。

  • 2014/06/14(土) 09:08:46 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

スペインは前回もスイスに負けた。
もしかしたら、想定内なのかもしれない。
オランダはスペシャルなチームだった。
ファンデルファールトやストロートマンが居ない中で素晴らしい試合をした。
5バックではスペインがパスを回して、オランダベタ引きを想定していたが、バルセロナvsレアルの試合を見ているようだった。

  • 2014/06/14(土) 09:53:13 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

スペインは大会の初戦はいつも負けてるイメージ f^_^;
だけどそこからいつも立ち直る感じ。
でも今回は点を取られすぎたよなぁ。

  • 2014/06/15(日) 03:50:27 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1718-4ec2d0de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。