赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イングランド代表 vs イタリア代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イングランド代表 vs イタリア代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140615_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

イングランド代表
ホジソン監督:5

ハート:5
ジョンソン:5
ケーヒル:5
ジャギエルカ:6
ベインズ:5
ヘンダーソン:5
ジェラード:5
ウェルベック:5
スターリング:6.5 Best of the Team
ルーニー:5
スタリッジ:6
バークリー:6
ウィルシャー:5.5
ララナ:5


イタリア代表
プランデッリ監督:7.5

シリグ:7.5
ダルミアン:7
パレッタ:4.5
バルザーリ:6.5
キエッリーニ:5.5
デ・ロッシ:6,5
カンドレーヴァ:7
ヴェラッティ:6
ピルロ:7.5
マルキジオ:7
バロテッリ:7.5 Best of the Team
チアゴ・モッタ:
イモービレ:評点なし
パローロ:評点なし




一部の選手評の訳

イングランド代表
スターリング:6.5 Best of the Team
驚くような動きをみせ、彼に賭けたホジソンに相応の理由を与える。彼のスピードはいくどもイタリアディフェンスに問題を引き起こした。1時間は危険な存在で、その後は暑さを感じさせ落ち着いてしまったが、リヴァプールのサイドアタッカーは、その興味深い才能を何度もみせた。

ルーニー:5
ワールドカップでの初ゴールはますますその呪いが強くなってきている。スタリッジの同点弾をアシストしたが、数回シュートを外し、コーナーキックさえも…。このパフォーマンスでは、イングランドの敗戦もやむなし。


イタリア代表
バロテッリ:7.5 Best of the Team
ついにバロテッリが決めた。ジャギエルカがゴールの中でバロテッリのシュートを止めた時には、彼個人への呪いがますます強くなったのかと思った。2-1と先行するゴールをカンドレーヴァが導いたのは、幸運だと思う。ヨーロッパ選手権の時と同じく、頭によるゴール。良い兆候なのだろうか。バロが戻ってきたが、それが続くことを期待している。

シリグ:7.5
プレーするかプレーしないか? その午後の大きな問題だった。結局シリグがプレーすることになった。すぐにヘンダーソンのシュートに襲われることとなり、ブッフォンの控えである彼は試練の時を迎える。その後も何度かシュートを食い止める。ベインズのフリーキックに対しても好セーブ。ブッフォンの回復はゆっくりでも良さそうだ。

ピルロ:7.5
立ち上がりは不正確で、キックが大きくなってしまっていた。サウナのような状況から、フェイントでマルキジオの先制ゴールを導く。ピルロは相手を陥れるプレーをみせ、ベールで隠す。英国人を相手にするに当たり、楽しみながら、トリックをみせる。マジシャンのようだ。試合終盤に向けて、フリーキックでクロスバー直撃の場面も。


バロテッリがベスト。イタリアに対して全体的に高評価となっています。ピルロがヴェラッティとの格の違いをみせつけた感があります。ブッフォンの不在も、今のところ、あまり大きな問題にはならなそうだし、イタリアとしては、本当に良いスタートを切ることができたと思います。

イタリアでは、パレッタのみ極端な低評価。『パレッタはラノッキアよりも上なのだろうか?』という言葉で締めくくられています。次はボヌッチ先発かなあ。というか、デ・シーリョが復帰すれば、バルザーリとキエッリーニで問題のないセンターラインが完成するので、デ・シーリョ待ちという状況ではあります。

イングランドは、若手の台頭という点では、期待以上でしたが、ルーニー、ジェラードといったベテラン陣のプレーがやや精彩を欠いていました。ルーニーにはチャンスがそれなりにあったけど、シュートが枠にいきませんでしたし、ジェラードは目立つ場面すらあまりなし。次の試合では、この辺にメスを入れることになるのか、それとも、ベテラン陣を起用し続けるのか、そこに注目。

なお、イングランド代表のフィジオがゴール後のセレブレーションで負ったケガについて、試合のレビュー記事では『骨折』と書いてしまっていましたが、『脱臼』だったようです。派手に関節がズレていたので、骨折にみえたんですね。
スポンサーサイト

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

コメント

ダルミアンが良かった。アバーテが控えになるのも分かる気がする。

  • 2014/06/16(月) 17:48:40 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ダルミアンは本当に予想より良かった。
ピルロのプレーがかっこよすぎ!!

  • 2014/06/17(火) 04:16:50 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

メンタルが心配なバロが初戦でゴール決めれたのは大きい。これで落ち着いてポテンシャルを発揮してくれればいいんだが…

  • 2014/06/17(火) 10:47:40 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ピルロはお洒落なプレーだったな
ダルミアンも良かった
バロも落ち着いてたな

  • 2014/06/18(水) 15:49:52 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1724-706cbb0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。