赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イタリア代表 vs ウルグアイ代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 グループD イタリア代表 vs ウルグアイ代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20140625_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


試合は観ていたけど、ちょっとショックなことがありすぎて、記事にはできなかったので、まず試合結果から。

イタリア代表(3-5-2):
ブッフォン;バルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニ;ダルミアン、ヴェラッティ(75' チアゴ・モッタ)、ピルロ、マルキジオ、デ・シーリョ;バロテッリ(46' パローロ)、イモービレ(71' カッサーノ)

ウルグアイ代表(5-3-2):
ムスレラ;ゴンサレス、ヒメネス、ゴディン、カセレス、アルバロ・ペレイラ(63' ストゥアニ);ロデイロ(46' マキシ・ペレイラ)、リオス、ロドリゲス(78' ラミレス);スアレス、カヴァーニ

結果:イタリア代表 0 - 1 ウルグアイ代表

得点者:
ウルグアイ代表81' ゴディン

終盤、ウルグアイのゴディンがコーナーキックから決勝ゴールを決め、ウルグアイが勝利。決勝トーナメント進出を手にする。敗れてグループリーグでの敗退が決まったイタリアは、プランデッリ監督が辞任、またイタリアサッカー連盟(FIGC)のジャンカルロ・アベーテ会長も辞任。プランデッリ監督は、「契約更改してから何かが変わった」と発言しています。なお、イタリア代表の後任として有力なのは、ロベルト・マンチーニだそうです。


両チームの評点

イタリア代表
プランデッリ監督:4.5

ブッフォン:7 Best of the Team
バルザーリ:6.5
ボヌッチ:6
キエッリーニ:6.5
ダルミアン:5
ヴェラッティ:6.5
ピルロ:5.5
マルキジオ:5
デ・シーリョ:5
バロテッリ:4
イモービレ:5
パローロ:5.5
カッサーノ:5
チアゴ・モッタ:5


ウルグアイ代表
タバレス監督:6

ムスケラ:6
ゴンサレス:6.5
ヒメネス:7
ゴディン:7.5 Best of the Team
カセレス:6.5
アルバロ・ペレイラ:6.5
ロデイロ:5.5
リオス:6
ロドリゲス:6.5
スアレス:3
カヴァーニ:5
マキシ・ペレイラ:6
ストゥアニ:5.5
ラミレス:評点なし



一部の選手評の訳

イタリア代表
ブッフォン:7 Best of the Team
困難な状況にあって、スーペルジジは、2度の奇跡をみせた。スアレスを弾き出したプレーと、ロデイロに対する鋭い反応だ。スアレスのミドルもはじき出した。ゴールに関しては、どうしようもなかった。ゴディンは、(ペナルティエリア内にいる選手たちの)セットプレーで混乱することでよく知られているディフェンスを最大限に利用したのだ。

バロテッリ:4
ボールを受けるのではなく、挑発行為に出てイエローカードをもらったことで、後半開始と同時にチームから外される。その愚かなパフォーマンスは、全くもって不可解だ。バロは思春期のままなのだろう。マリオよ、成長した姿をみせてくれ。早く。

プランデッリ監督:4.5
ここで区別をしておこう。この試合に関しては4.5を、全体には4という評価をする。カッサーノとイモービレを交代させたのは、誤った決断だった。真のストライカーが必要だったからだ。辞任に関しては8という評価をしたい。それが真の男の振る舞いだ。


ウルグアイ代表
ゴディン:7.5 Best of the Team
ちょっとしたタッチやショートパスに慌てて、バロテッリをみのがす。その点では、身近なディフェンダーだった。後半はイモービレに注視する。カッサーノについては、あまり気にもせず。ジャンプからのヘッドでウルグアイ代表を決勝トーナメント進出に導く。ウルグアイは、ゴディンとともにそれを謳歌する。

スアレス:3
ごく単純に、キエッリーニに、乱暴に噛み付くような犬を好きにはなれない。スアレスは背を向けており、レフェリーがそれを目にしてホイッスルを吹くことはなかったが、ビデオによる証拠で正しい方向に進むことを期待している。矯正コースをお勧めする。


イタリアの攻撃陣に対しては、かなり厳しい評価。そして、プランデッリ監督に対しても。プランデッリ監督には辞任したことを評価されるという手厳しい寸評も。バロテッリに対しても成長を期待するという今までに何度もみたような評価。彼は結局変わらないのかなあ…。イタリアが今大会であげたゴールは、結局イングランド代表戦での2ゴールのみ。今後の課題はやっぱりそこの立て直しでしょうか。

ウルグアイに関しては、ゴディンがベストで、スアレスに3という評価。スアレスに関しては、相当厳しい処分が予想されています。彼もストライカーとしては素晴らしい存在なのに、本当にもったいないことこの上ない…。
スポンサーサイト

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

コメント

バロはミランでも代表でも見たくない。もう十分です
期待なんてない、ただの地蔵ダイバー

  • 2014/06/25(水) 20:37:51 |
  • URL |
  • タコ #-
  • [ 編集 ]

3て・・初めて見た
1でも0でもいいような行為だったけど

  • 2014/06/26(木) 07:14:34 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

下世話な興味ですが、CLでセリエのチームとリバプールが当たるところを見たいですなw

  • 2014/06/26(木) 22:31:19 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

近々バロテッリは格闘家に転向するなんて事は…

  • 2014/06/27(金) 05:14:14 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

この試合のようなバロを見てピッポはどう来季の構想してるんだろうか…
やはり絶対的なエースとして使いたいからバロに残留してほしいのか?
それともバロ抜きのチームを作りたいのか…

  • 2014/06/27(金) 14:03:49 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1732-e74b2937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。