赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カカ:「今後22番はつけない」

カカ:「今後22番はつけない」

http://www.football-italia.net/51374/kaka-choice-not-linked-cl

リッキー・カカは、ACミランを退団すると決断したのは、チャンピオンズリーグ出場権を逃したことと無関係だと語っている。

昨シーズン、ミランセリエAで不本意な成績に終わり、ヨーロッパの大会への出場権を逃し、マックス・アッレグリ、クラレンス・セードルフ両監督の解任に至った。

しかし、ブラジル人プレーメーカーであるカカは、ミランチャンネルに対して、サン・シーロに戻ってこれたことについてハッピーだと主張した。

カカはこのように語っている。
「みんなにとっては難しい年だったけど、僕にとってミランに復帰し、ミランの選手として100ゴールをあげたのに加え、300試合出場を達成したことは、とても大きなことだ。」

「僕が退団という選択をしたのは、ミランがチャンピオンズリーグに出場できないからではなく、全く異なる種類のプロジェクトのためだ。」

「休暇中そのことについてずっと考え続けていた。以前から、いつかはアメリアでプレーしたいと言ってきたし、そこでのプレーに合意したんだ。」

「まずはレンタルでサンパウロに行き、その後、僕のアメリカでの冒険が始まることになる。」

「オーランドシティは優れたプロジェクトを有する新しいチームで、オーナーはブラジル人だ。サンパウロに戻ることになるのはハッピーだよ。素晴らしい気持ちだね。」

カカはまた、ミランのサポートに対する敬意から、22番のユニフォームは二度と着ないと語った。

「僕はもう今後22番を付けない。これはミランのファンに対するサインとして残したいと思う。ブラジルでは8番を、アメリカでは10番をつけることになるだろう。」


カカからのお別れの言葉になるのかな。22番をつけないのは、ミラニスタへの気持ちということになるのでしょうか。『22番をつけたカカはミランだけのもの』ということで、ありがたいことだとは思うけど、クラブが永久欠番にしなければ、あまり意味はないような気もします。今のところ、フランコ・バレージがつけていた6番と、パオロ・マルディーニがつけていた3番がミランの永久欠番。ちなみにマルディーニの3番については、マルディーニの息子がミランでトップチーム入りした場合には、つけさせるつもりのようです。長男のクリスティアン・マルディーニは、今年で18歳。最近観てないけど、成長してるのかなあ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

22番は永久欠番にはしなくていいと思います。個人的には永久欠番て、なんだかな~と思ってるので。素晴らしい選手が付けてた番号を次の相応しい選手が付けて自然に引き継がれていくのが良いと思う。付けるのに相応しい選手が居なくて、ずっと空き番になっちゃうかもだけど、無理に誰かが付ける必要も、絶対誰にも付けさせない必要もないと思う。カカが今後、22番を付けないのはカカのミランに対する想いであって永久欠番にして欲しい訳じゃないと思うし。ミランで22番を付けられる様な選手が早く現れてくれるといいですよね。カカのアメリカでの幸せを祈りつつ。そういえば(仲良しだとばかり思ってたから、いきなりの報道にビックリした)離婚問題はど~なったんだろう f^_^;

  • 2014/07/06(日) 01:04:40 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1737-f10f8525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。