赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UEFAヨーロッパリーグ 2014-15 プレーオフ ストヤルナン vs インテル レビュー

UEFAヨーロッパリーグ 2014-15 プレーオフ ストヤルナン vs インテル レビュー

インテル先発メンバー、フォーメーションはこんな感じ。

2014-15_Europa_League_Stjarnan_vs_Inter_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


ストヤルナン(4-2-3-1):
Jónsson;Vemmelund、Laxdal、Rauschenberg、Árnason;Rúnarsson(69' Toft)、A. Jóhannsson;Björgvinsson、Punyed、Finsen;Gunnarsson(69' G. Jóhannsso)

インテル(3-5-1-1):
ハンダノヴィッチ;ラノッキア、ヴィディッチ、フアン;ジョナタン(75' ダンブロジオ)、エルナネス(88' クズマノヴィッチ)、エムヴィラ、コヴァチッチ、ドド;ボッタ(60' オズヴァルド);イカルディ

結果:ストヤルナン 0 - 3 インテル

得点者:
インテル41' イカルディ 48' ドド 89' ダンブロジオ

インテルの2014-15シーズン最初の公式戦は、UEFAヨーロッパリーグプレーオフ、対ストヤルナン戦。長友佑都は残念ながら、今回の遠征には帯同していません。軽い筋肉疲労とのことで、大事をとって欠場ということでしょうか。また、パラシオは、アルゼンチン代表がワールドカップ決勝まで勝ち進んだために、バカンスに入るのが遅く、最近チームに合流したばかりで、フィジカルコンディションが十分ではないため、ヨーロッパリーグに臨む25人のメンバーから外れています。ずいぶん思い切った判断だなあ、と思います。ちなみにパラシオに代わり、クズマノヴィッチがメンバー入りしています。

対戦相手のストヤルナンは、アイスランドのガルザバイルという街を本拠地とするチームで、ホームスタジアムのキャパはわずか1000人。ガルザバイルという街自体、人口が1万人をわずかに超えている程度とのことなので、都市の規模を考えれば、適正ではあるんですが、こういう規模のクラブがヨーロッパの舞台で戦うというのはいいなあ、と思います。たださすがにUEFAの基準に満たないのか、今日の会場は、アイスランドの首都レイキャビクにある、ラウガルタルスヴェルルというキャパ15000人のスタジアムです。アイスランド自体、人口32万弱。アイスランド代表と日本代表がやった時に、ハンドスプリングスローをやってる選手がいたなあ。

3分、インテルの左コーナーキック、ラノッキアがヘッドで合わせるが、枠の上へ。
20分、コヴァチッチが左サイドからのパスを受けてドリブル突破、ペナルティエリア付近まで来たところで中央にパス、ボッタが左足で狙うがやや力なくGKがキャッチ。
23分、インテルの右コーナーキック、またしてもラノッキアがヘッド、左隅の良いコースにいっていたものの、ゴールに入っていたディフェンダーが弾き返す、リバウンドをペナルティエリア外にいたコヴァチッチがダイレクトで狙うが枠の上へ。
インテルは、8月28日にこの試合のセカンドレグを戦い、その3日後、31日にはトリノとのセリエA開幕戦を迎えるというなかなか厳しい日程。パラシオを外したのにはそういう事情もあるのかな。
35分、左サイドに上がってきたフアンからゴール前への高いクロス、ボッタが動きながらペナルティエリア内左で胸トラップから前を向く、角度はなかったもののそのままシュート、ボールはゴール右に外れる。
41分、左からのドドのクロス、ディフェンスがヘッドでクリアにいったボールが中央で待ち構えていたイカルディの足元へ、これを落ち着いて右足で決め、インテル先制。アウェーゴールでもありますし、インテルにとっては、ずいぶん楽になりました。
前半終了。1-0でインテルがリード。

後半開始。両チーム交代なし。
48分、右サイドへのスルーパスで完全に抜け出したジョナタンが柔らかいクロス、ファーポストにドドが飛び込んでヘッドで合わせる、ヒットはしなかったものの、ぎりぎりゴールイン。インテル追加点。これで試合は決まりか。
51分、ストヤルナンゴール前でのフリーキック、タイミングで抜け出したイカルディにエルナネスが絶妙のボールを送る、イカルディがダイレクトで狙うが合わせきれず、GKがキャッチ。
54分、左からの浮き球のパスをペナルティエリア目前でエルナネスが右足のボレー、GKが正面でキャッチ。
60分、インテルの交代、ボッタに代えてオズヴァルド。
69分、ストヤルナンの交代、Rúnarsson、Gunnarssonに代えて、Toft、G. Jóhannsson。
75分、インテルの交代、ジョナタンに代えてダンブロジオ。
84分、ストヤルナンがインテルゴール前で綺麗につないで中央から左足のシュート、ディフェンスにブロックされたリバウンドを拾ったFinsenが中央に切れ込みながら右足でシュート、ハンダノヴィッチがかろうじて弾き出す。さすが、ハンダノヴィッチ。
87分、左からのパスを受けたオズヴァルド、スッと前を向き、右足で巻いていくようなシュート、良い軌道を描いていったものの、クロスバー直撃。惜しい。
88分、インテルの交代、エルナネスに代えてクズマノヴィッチ。
89分、右サイドに入っていたクズマノヴィッチがマイナスに折り返し、ダンブロジオがダイレクトで放ったシュートは、ディフェンスに当たってゴールイン。インテル3点目

試合終了。3-0でインテルが勝利。前述の通り、インテルはセリエA開幕戦の3日前に、この試合のセカンドレグを戦うんですが、ずいぶん楽にその試合に臨めそうです。

今日のインテルの中では、ドドが良かった。1ゴール1アシストという結果もさることながら、守備も含めて左サイドでの存在感が際立っていました。長友もうかうかしていられません。調子がいい時のドドは本当に恐ろしい存在だからなあ。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ドド良かったですねえ、MOMかな
左足のクロスも悪くなかったしコバチとの連携も良かった
3バックにアンカーまで置いてるんだからガンガン攻撃に参加できるWBはありがたい
ジョナタンアシスト、ダンブロゴールと他も結果だしたし長友も油断できん

  • 2014/08/21(木) 08:28:54 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1785-c0aba418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。