赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UEFAヨーロッパリーグ 2014-15 プレーオフ インテル vs ストヤルナン セカンドレグ レビュー

UEFAヨーロッパリーグ 2014-15 プレーオフ インテル vs ストヤルナン セカンドレグ レビュー

フォーメーション&マッチアップ図は無し。

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


インテル(3-5-1-1):
カリーソ;アンドレオッリ、ラノッキア、フアン;ダンブロジオ、エルナネス(67' ジョナタン)、エムヴィラ、オビ(58' クズマノヴィッチ)、長友佑都;コヴァチッチ(53' イカルディ);オズヴァルド

ストヤルナン(4-4-2):
Jónsson;Vemmelund、Rauschenberg、Laxdal、Árnason;Björgvinsson、A. Jóhannsson(64' Rúnarsson)、Punyed、Finsen(64' Aegisson);Gunnarsson(59' G. Jóhannsson)、Toft

結果:インテル 6 - 0 ストヤルナン

得点者:
インテル28'&33'&51' コヴァチッチ 46' オズヴァルド 69'&80' イカルディ

インテルは、3日後の31日にセリエA開幕戦、アウェーでのトリノ戦を控えており、コンディショニングは大変そうですが、わりと本格的なメンバー。ファーストレグで3-0と快勝したため、もう少しメンバーを落としてくるかな、と思っていたんですが、むしろ公式戦を戦っておいた方がいいという考え方もあるのかもしれません。

12分、左サイドで長友が1対1から縦に抜け出してクロス、オズヴァルドがフリーでヘッド、しかしシュートはポスト直撃。惜しい。オズヴァルドはその後にもペナルティエリア内右に抜け出してシュートにいくがディフェンスにブロックされてコーナーに。
20分、今度はコヴァチッチからのスルーパスを長友がダイレクトでクロス、エルナネスがヘッドで合わせるが、枠の左へ外れる。
21分、オズヴァルドがペナルティエリア左角付近から右足で巻いていくようなシュート、わずかに枠の右へ。
28分、右サイドからのダンブロジオのクロスにオズヴァルドが飛び込むがディフェンスがブロック、こぼれ球をコヴァチッチが押し込んでインテル先制。これでさらに楽になりました。
33分、ハーフウェーライン付近で左サイドの長友からオズヴァルドにループパス、オズヴァルドが落としたボールにコヴァチッチが猛ダッシュでそのボールをピックアップ、最後に残っていたディフェンスも鮮やかにかわしてGKと1対1、最後は余裕のループでインテル追加点、コヴァチッチも2点目。鮮やかでした。
最近、トップ下にボッタが入り、コヴァチッチは左のハーフという形が多かったんですが、やはりコヴァチッチはゴールに近い方が魅力を発揮すると思う。ボッタはどうしたんだろう、と思っていたら、キエーヴォに移籍したんですね。たった今知りました。レンタルだそうですが。
前半終了。2-0でインテルがリード。後半は誰か休ませるかな。

後半開始。両チーム交代なし。
47分、左サイドで長友がまたしても1対1から縦に抜け出して左足でクロス、オズヴァルドがヘッドで合わせ、今度のシュートは鮮やかにゴールに吸い込まれる、インテル3点目
オズヴァルドは足元も器用だし、ワントップとしては十分に魅力的だなあ。なぜミランはこういう選手を獲得できないのか…。チャンスはあったはずなのに…。
51分、インテルのカウンター、左サイドを長友が一気に駆け上がり、ペナルティエリア内へ、少しタメてマイナスにパス、コヴァチッチがワントラップから思い切り右足を振りぬいてゴール右隅に決める、インテル4点目&コヴァチッチ、ハットトリック達成。
53分、インテルの交代、コヴァチッチに代えてイカルディ。コヴァチッチはもう十分に仕事をしたということでしょう。ケガも怖いしね。おそらく前半でコヴァチッチがハットトリックを達成していたら、前半だけで交代させていたことでしょう。
54分、インテルのカウンター再び、今度はオズヴァルドが一気に抜け出してディフェンスと競り合いながらもゴール前まで、飛び出してきたGKに対してループゴールを狙うが、GKに触られ、カバーにきていたディフェンスが追いついてクリア。
58分、インテルの交代、オビに代えてクズマノヴィッチ。
59分、ストヤルナンの交代、Gunnarssonに代えてG. Jóhannsson。
ストヤルナンがボールを持つ時間が少し増えた感じ。こういう競技には必ずモメンタムというのがあるんだなあとあらためて思う。
64分、ストヤルナンの交代、 Finsen、A. Jóhannssonに代えて、Aegisson、Rúnarsson。
67分、インテルの交代、エルナネスに代えてジョナタン。
69分、ペナルティエリア左角付近、わずかにペナルティエリアに入ったところでボールを受けたイカルディ、鮮やかなターンから右足を振りぬきゴール右隅に決める、インテル5点目。チームとしての仕上がりや選手のコンディションを確かめるという意味で良い試合になりましたね。
80分、ペナルティエリア内に走りこみながらジョナタンからのパスを受けたイカルディ、ディフェンスと競り合いながら、最後はループでゴールを決める、インテル6点目
エムヴィラがどこか傷めたような様子をみせる。ちょっと心配。
88分、インテルの鮮やかなパスワークからクズマノヴィッチがゴール前にスルーパス、イカルディが抜け出してシュートを放つが飛び出したGKがおさえる。

試合終了。インテルが6-0で勝利。トータル9-0という結果でインテルがUEFAヨーロッパリーグ本戦出場を決めました。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

クラブが期待してる人材がちゃんと成長してるのはいいことだな

  • 2014/08/30(土) 09:49:09 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1801-82db1df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。