赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2014-15 第1節 ACミラン vs ラツィオ レビュー

セリエA 2014-15 第1節 ACミラン vs ラツィオ レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

2014-15_AC_Milan_vs_Lazio_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


ACミラン(4-3-3):
ディエゴ・ロペス;アバーテ、サパタ、アレックス、ボネーラ;ポーリ、デ・ヨング、ムンタリ(68' エッシェン);本田圭佑(77' アルメロ)、メネズ(82' ニアン)、エル・シャーラウィ

ラツィオ(4-3-3):
ベリシャ;バスタ、デ・フライ、カナ、ラドゥ;パローロ、ビリア、ルリッチ(73' マウリ);カンドレーヴァ、クローゼ(59' ジョルジェビッチ)、ケイタ(60' フェリペ・アンデルソン)

結果:ACミラン 3 - 1 ラツィオ

得点者:
ACミラン7' 本田圭佑 56' ムンタリ 64' メネズ(PK)
ラツィオ67' オウンゴール(アレックス)

両チーム、ほぼ予想通りの先発メンバーながらも、ミランは最終ラインにアルメロではなく、サパタを起用。左サイドバックに、アバーテかボネーラが入るのかな?基本的に、サパタ、アレックス、ボネーラの3枚で守って、エル・シャーラウィの守備的な負担を和らげようという狙いもあるのかもしれません。

スタジアムの入りは、1階で3割くらいの印象。ちょっと寂しい。

ラツィオの先発メンバーのひとり、ケイタはまだ19歳。2011年にバルセロナの下部組織からラツィオの下部組織に移籍した選手ですが、現在、ラツィオのアッリエーヴィを率いているのは、ミランのフィリッポ・インザーギ監督の弟、シモーネ・インザーギです。

スタンドで試合を見守るフェルナンド・トーレス。ヒザに乗っかってたのは、息子さんかな。ミランのユニフォームを着てたけど。

やはりミランは左サイドバックの位置にボネーラが入っている模様。カンドレーヴァはスピードで勝負するタイプじゃないけど、ちょっと不安。
7分、ミランのカウンター、左サイドへのパスにエル・シャーラウィがスピードで抜け出す、そのまま右足で入れたクロスに走りこんできた本田が右足でシュート、股の間を狙ったボールは、GKに当たりながらもゴールイン、ミラン先制!!! シンプルな速攻、サイドからサイドに、と、プレシーズンにやり続けてきたことが結果に結びつく。やっぱり練習って大事だなあ。
23分、ラツィオのカウンター、左サイドからクロスを入れられるが、何とかクリア。ちょっとつながらなくなってきた。ミランの中盤のつなぐ力が不足しているのは事実なので、ある程度は仕方ないかな、と思う。
30分、ディエゴ・ロペスから相手陣内へのロングボール、右サイドにエル・シャーラウィが抜け出し、右からペナルティエリア内に侵入…というところでディフェンスに倒されるが、ノーファール、スタジアムはブーイングに包まれる。ラドゥのヒジがエル・シャーラウィの胸にヒットしたのは事実だけど、倒されたというよりも「倒れた」ようにみえたのも間違いない。
相変わらず、デ・ヨングは素晴らしい。ディフェンスで重要なところをしっかり押さえているのはもちろん、実はある程度試合も作れるところが彼の魅力。デ・ヨングについて、移籍期限最終日である明日9月1日、マンチェスター・ユナイテッドに1000万ポンド(約17億円)で移籍するのではないか、という報道があります。この時期に1000万ポンドもらったからって何もできませんし、デ・ヨングは、世界的にみても、替えのきかない選手のひとりです。この時期に放出なんて正気の沙汰ではありません。さすがにそこまで愚かではないことを祈るのみです。
前半終了。1-0でミランがリード。両チーム合わせてもシュート4、枠内は2と、試合としては少し盛り上がりに欠けるところがあるけど、ミラニスタとしてはここまで文句なし。さあ、後半もしっかり。

後半開始。両チーム交代なし。
50分、デ・ヨングが高い位置でボールを奪取、そのままドリブルでペナルティエリア付近まで持ち上がる、ペナルティアーク付近に出したパスに走りこんだ本田がヒールでリターンしようとするがディフェンスがブロック、こぼれ球をポーリがミドル、枠の上へ。
ラツィオは、積極的にクロスを入れてきます。真ん中にクローゼがいるんだから、当然ですね。ここまではミランのディフェンスがよく跳ね返していますが、もう少しクロスそのものを入れさせないようにしたい。インザーギ監督もピッチに入ってみんなでセレブレーション。良い光景だなあ。ピッポが怒られないか、ちょっと心配だけど。
56分、本田から右サイドへの展開、アバーテがラドゥをかわして速いクロス、ムンタリが飛び込んで左足で合わせてゴール、ミラン追加点!!!キレイ。超遅い時間なのに、ちょっと大きな声を出してしまいました。
59分から60分にかけて、ラツィオの交代、クローゼ、ケイタに代えて、ジョルジェビッチ、フェリペ・アンデルソン。
63分、右サイドからの本田のパスを受けたメネズ、デ・フライと入れ替わるような動きで中央に抜け出しかけたところを、デ・フライがメネズを倒し、ミランにPK。メネズが自らこのPKを決めてミラン3点目。何だか出来すぎでちょっと怖い。
67分、ラツィオの速い攻撃、右サイドからのカンドレーヴァのクロス、ニアポストにジョルジェビッチが飛び込んでシュートにいく、ジョルジェビッチがシュートしたかどうかは分からないけど、最終的にブロックにいったアレックスの足に当たったボールがミランゴールに吸い込まれる、ラツィオ1点を返す。積極的に守備にいったのが失点になったなら、仕方ない。気持ちを切替えてしっかり戦えば大丈夫なはず。
と思っていたら、急にバタバタし始めるミランディフェンス。アレックスがハムストリングあたりを痛めた様子もあり、ちょっと心配。
68分、ミランの交代、ムンタリに代えてエッシェン。
70分、右サイドからのクロスにルリッチがヘッドで合わせた場面、ボールは枠の左に外れたものの、ディエゴ・ロペスがやや中途半端な飛び出しをしていてヘッドがしっかりヒットしていればやばかったかも。
73分、ラツィオの交代、ルリッチに代えてマウリ。前線の枚数を増やしてきました。
77分、ミランの交代、本田圭佑に代えてアルメロ。その直前に少し痛めた様子のあったメネズを代えるかな、と思っていたんですが、ちょっと意外。本田は、3ゴール全てに絡むプレーでこれ以上ないくらいの開幕戦となりました。
81分、右サイドからフェリペ・アンデルソンが強引に中央に折り返す、クリアが中途半端になったところを、マウリがダイレクトでボレー、枠の右に外れる。ここを粘りきれれば、チームとして自信にもなるし、しっかり集中して欲しい。
82分、ミランの交代、メネズに代えてニアン。
直後にニアンが左サイドからペナルティエリア中央のスペースへのパスに走りこむ、ややトラップミスをして強引にシュートにいくがGKの正面。
85分、ミランのカウンター、左のエル・シャーラウィから中央へのパス、ニアンが走りこむがディフェンスとの競り合いでボールはペナルティエリア内左へこぼれる、エル・シャーラウィが追いつくがシュートまでは至らず、ゴールキックに。
直後、ラツィオの速い攻撃、ペナルティエリア内右のスペースへのパスにバスタが走りこむ、シュートにいくが何とかブロック。
86分、ラツィオの右コーナー、左サイドでマウリが粘ってオーバーヘッドで中央へ、ヘッドで競ったボールがペナルティエリア内右のカンドレーヴァへ、右足でニアポストを狙ったシュートはディエゴ・ロペスが鋭い反応でセーブ、再びコーナーに。危ない。
ロスタイムは5分。意外と長い。
今日は、ラツィオのビリアがやや不出来。ミランとしては、そこに助けられている感も。彼が本来のプレーをして、もっとボールを動かせていれば、ミランとしてはもっと難しい守備を強いられたと思います。
94分、ペナルティエリアに侵入しようとしたカンドレーヴァをアバーテが倒してラツィオにPK、カンドレーヴァが自らこのPKをゴール左下隅に蹴るも、ディエゴ・ロペスが弾き出して事なきを得る。素晴らしい。その直後、コーナーからのボールをカンドレーヴァがどフリーからヘッドで狙うが、枠の右に外す。PKを外したのが尾を引いたのかな。

試合終了。3-1でミランが勝利。終盤バタバタしたけど、そこを乗り切ったことも含めて、新チームのデビュー戦としては、満点と言っていいと思います。本当に嬉しいです。

この後は、インターナショナルに入るので、次のパルマ戦は、2週間後の9月14日。フェルナンド・トーレスなど、代表に呼ばれていない選手たちには、しっかり良い準備をしておいて欲しいです。インターナショナルウィーク明けは、そういう選手たちに頼る部分が大きくなると思うので。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

終盤はもうヤバかったけど開幕戦勝利!素晴らしかった
メネズも素晴らしかったし、エルシャラが躍動してて良かった
本田も良かったっつーか安心したよ
ロペスは神
パルマ戦が楽しみだ

  • 2014/09/01(月) 03:40:05 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

TIMカップの好調をリーグ戦でも継続出来るか期待と不安でいっぱいだった開幕戦。
ラツィオ相手にこれだけ出来たら上々でしょう!
本田はおめでとう。前線3枚みんな良かった、中でもエルシャーラウィは凄まじかった。このまま強いミラン復活してくれ!

  • 2014/09/01(月) 05:01:03 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

モントリーヴォが長期離脱してるのでデヨングの放出はしてほしくないですねぇ 今年はニアンの覚醒に期待!

  • 2014/09/01(月) 05:35:02 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ミランが2週間も1位をキープできる時がこんなに早く来るなんて

  • 2014/09/01(月) 06:24:31 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

デヨングは欠かせない
ファール気味に取られて失点に繋がったけど個人的にMOMだと思う
本田は本人も言ってるようにもっと良くなるだろうしトーレスをどう使うかうれしい悩みだ

  • 2014/09/01(月) 07:13:42 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

エルシャラ復活!って感じの試合で本田も活躍
ムンタリさんのゴールはどこのストライカーですか
ニアンにトーレスもいるし今年はいけそうですかね

  • 2014/09/01(月) 07:47:38 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ゴールこそしてないがMOMはファラオだろ。バロが来る前のファラオに戻りつつある…本田も素晴らしかったがもう少しスタミナ欲しい

  • 2014/09/01(月) 08:16:42 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ロペスをタダで放出してくれたレアルにはただただ感謝するしかないですね
前線の3人が守備に手を抜かないのも大きい
終盤攻めこまれましたが昨シーズンだったらもっとやられていた
あとはデシーリョと比べると今ひとつかなと思っていた本田とアバーテのコンビが
ユーヴェ戦の時よりも成熟してきているように感じました
SBは自分を使ってくれると信じなければスピードを落とさずライン際を駆け抜けるのは難しいですからね
本田を真ん中で見たいというのは今も変わりませんが、
ピッポが本田は右が最適なポジションだと言っているのはそういう部分を期待しているのかなと思ってます

  • 2014/09/01(月) 13:04:01 |
  • URL |
  • 名無しの壺さん #-
  • [ 編集 ]

余は満足じゃ

  • 2014/09/01(月) 15:23:44 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1809-ecff495a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。