FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

[追記あり]「香川が昨季を語る」という記事について

「香川が昨季を語る」という記事について

長い間、香川真司選手のことについて記事にできていませんでした。でも、元々僕はボルシア・ドルトムントが大好きで、そこに移籍して活躍してきた香川選手のことは、ずっと心の底から応援していますので、可能な範囲で色んな記事を読むようにしています。

そんな中、今日、こんな記事を目にしました。

香川が昨季を語る「モイーズは本当に信頼してくれなかった」
http://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_178157

この中にこんな一節が出てきます。

「(昨シーズンは)フットボールにおける記録、ゴールやアシスト、タイトルや色々なスタッツはあまり関係なくなっていました。それでも、彼ら(ユナイテッド)が僕をチームの計画に含めていなかったのには理由があったのだと思います」



ここまでの話と全くつながらないこの部分に強い違和感を覚えたので、元記事を読んでみました。

元記事と思われるのはこちら。

Shinji Kagawa says former Manchester United boss David Moyes could not rely on him
http://www1.skysports.com/football/news/11661/9475023/shinji-kagawa-says-former-manchester-united-boss-david-moyes-could-not-rely-on-him

その中の上記の部分に当たると思われる原文がこれ。

"Only facts matter in football, stats, goals, assists, titles, and a lot was missing in this regard.

"That was probably why they no longer included me in their plans.



私訳だとこんな感じ。

「サッカーでモノを言うのは、スタッツ、ゴール、アシスト、タイトルなどの事実であって、この点で、欠けていた部分が大きかった。」

「彼らがそのプランに僕が必要ではないと考えたのは、おそらくそれが原因だったんだと思う。」


記事全体の趣旨そのものに大きな影響を与える部分ではないかもしれませんが、全く意味のつながらないこういう部分がそのまま記事として多くの人に読まれているのがちょっとイヤだな、と。

この翻訳記事を作ったところがどういう素性なのか知りませんが、おそらく、これで収益を得ているのだと思います。であれば、せめて、訳のダブルチェックくらいはあっていいんじゃないかと思うんですが、おそらくそういった仕組みがないのでしょう。

以前も、誤訳だと思われるものを指摘したことはあるのですが、その対象のメディアからは何の反応もありませんでした。もちろん、これが誤訳なのかどうかは、解釈によるところがあるかもしれませんし、僕が間違っている可能性だってあります。でも、日本語として気持よくないところを元記事で読んでみると、趣旨が違っていることが珍しくありません。だからこそ、サッカーに限らず、ありとあらゆるタイプのニュースで元記事を読みたくなります。翻訳記事を読んでいる方はそれが正しいと考えて読んでいるわけですから、翻訳記事をブログのネタにしている者として自分自身気をつけなければいけないと、身の引き締まる思いです。

もちろん、僕の訳や解釈に誤りがあることもあると思います。今回のも僕の訳に誤りがあるのかもしれません。そういうものを発見した際には、ぜひご指摘ください。


[追記]

色々なコメントをいただきありがとうございます。
文字だけで意図を伝えることの難しさをあらためて感じました。

コメントで、誤訳というご指摘を頂いた部分について自分なりの解釈を説明させていただきます。

原文では、

"Only facts matter in football, stats, goals, assists, titles, and a lot was missing in this regard.


となっている部分です。その中のa lotがその前の名詞を受けているとのご指摘について、僕の考えとしては、a lotの後の動詞がwasとなっており、単数形を受ける形であることの説明がつかないと考えました。訳した時の記憶が完全なものではないので、確かなことは言えませんが、おそらく、その点を考えて、a lotはその前の単語群を直接受けるものではないと判断し「多くのものが欠けていた」ではなく、「欠けていた部分が大きかった」という、数ではなく、量や範囲を表すような訳を選択したのだと思います。今あらためてみても、その判断は間違っていなかったと僕自身は考えています。

こういった部分について、意訳に傾くことがあり、また、ある意味曖昧な表現に「逃げてしまう」こともあるので、微妙なニュアンスを伝えきれてないことがあるのはご指摘のとおりです。今後、できるかぎり、原典の意味をしっかり伝えることができ、読みやすい文になるよう努力していきたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

本田のインタビューもかなり意訳されてますからね。意訳というか、もう全然ちがう意味になっているという・・・。こうやって選手は誤解されていくんですね。

  • 2014/09/19(金) 00:55:20 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

とても同感のできる記事を読ませていただきました。
人間のこなす仕事である以上、翻訳に誤訳は付き物ですよね。発信者はもちろんのこと、受信者も細心の注意を払って読む・情報元を確認することも重要ですね。

私自身、虚偽の記事やソースもろくに無い情報が散乱する昨今で、ネットのいい加減さに振り回されることが多いです。改めて気をつけようと感じました。

  • 2014/09/19(金) 00:58:57 |
  • URL |
  • 92番 #AVNby.KY
  • [ 編集 ]

ネットには伝言ゲームの怖さはあります。
匿名の無責任な記事を信頼しない様に。

  • 2014/09/19(金) 03:02:18 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ファンハールの「香川は僕を納得(PSMでのボランチ)させられなかった」て記事がありましたが、あれも本当は「彼はトップ下としては世界でもトップレベルの選手だけど」て言葉が前についてたらしいが納得させられなかったてとこだけがクローズアップされて記事にされてたようですね。

  • 2014/09/19(金) 07:03:03 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

リンクをたどれば超ワールドサッカーにたどり着くのに何故かネットの匿名性による批判に
確かにネットは怖いね意味不明の文句が大量に発生する
それとネット批判は結構だけど批判内容から察するに他の媒体の記事は信用しているようだ
東スポとか現代とかの記事を信頼してるんだw
朝日新聞もきっと信用しているんだろうな怖い怖い
ネットの方がこうして間違いを指摘する人が出てくる可能性が高いだけマシだと思うけど

  • 2014/09/19(金) 08:10:30 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

↑あなたみたいに自分勝手なフィルターを通して物を見たり、文章の一部を抜き出して殊更強調したりする人間が捏造・誤報を生むのですよ

  • 2014/09/19(金) 10:24:19 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

超ワールドサッカーの記事のどこに名前があるの?
教えてちょだい

  • 2014/09/19(金) 10:51:08 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

元の元はビルトらしくドイツ語を訳してくれたブログがありました。
管理人さんご指摘どおりとなっていて、その他の部分を見ても香川真司の人間性の良さが溢れるインタビューでした。
イングランド紙の中には売るために解釈をねじ曲げるものがありますね

  • 2014/09/19(金) 11:11:44 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

最近自分が利用している某ゲームポータルサイトでinfoseekのニュースの見出しが表示されるようになったんですが、その品の無さはひどいものです
それ以降infoseek(楽天)の利益になる行動はできるだけ控えようと心に決めました

  • 2014/09/19(金) 11:14:10 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

さすがに居直り過ぎだろうとは思ったんですよねw

  • 2014/09/19(金) 12:26:15 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

私は医療系の翻訳をやっていました。インタヴューと異なり、意訳の入る余地は少ないですが分野が分野だけにチェックが厳しい業界です。
翻訳、解説、編集など中間を補っている仕事は力量差や個性が出やすいのにかなり軽んじられる傾向があります。ネットではスピードとパンチの時代ですが情報の質はハッキリ言うと粗悪です(世界的に)。そこに言及してくれたブログ主さんに感謝したいです。

サッカーのニュースで粗悪なのは次の点(サッカーに限りませんが)
①日本人のことしか伝えないから全体像が見えない
②閲覧数のため発言を意訳・編集する
③役に立たない

個人的に③は問題だと思います。医療の方面で言うと気になったのは、アイスバケツチャレンジや本田のバセドウ病。福島の放射線と同様、声は大きい割にいつまで経っても一般への知識の浸透がないのはネットニュースにそういう力がないし、閲覧者にもないからだと思います。結局のところ、ネットの外で知識を積むしかないのでしょう。

  • 2014/09/19(金) 13:07:51 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

これは自分の中でもタイムリーな内容ですね
先ほど本田圭佑のミランチャンネルでのインタビューに関して、
いかにも次のユーヴェ戦で美しいゴールを決めることを宣言したかのような内容の翻訳記事を見て違和感を覚え、
本田が英語で返答していた実際の動画を見てみたところ、本田は今後の抱負を語っただけのようで、
やはり記事の内容とは差異があるように感じられました
本田の英語はとてもシンプルでわかりやすく自分にとってとても親近感を覚える(笑)ものだったので、
今回は誤訳について気づくことができましたが、これがイタリア語やドイツ語スペイン語だったりするともう自分の手には負えない、
ましてやその元となる記事そのものが曖昧なケースも当然あるわけで、
鵜呑みにするのは怖いなあと改めて実感しました
長文失礼致しました

  • 2014/09/19(金) 13:49:45 |
  • URL |
  • 名無しの壺さん #-
  • [ 編集 ]

「正確に」翻訳するということに主眼を置いた場合、ブログ主様の訳も日本メディアの訳も「正確」ではないと思います。「その」や「それ」という指示代名詞が勝手に付け加えられていたり、逆にかかるべき指示代名詞がかかっていないからです。あと「大きかった」という部分は完全に誤訳で、むしろ「色々」と訳したメディアのほうが正確に近いと思います。

しかし、それ以前にブログ主様は何が言いたいのでしょうか。誤訳を発見したという主張がしたいのであればそれこそ一字一句過不足のない訳を載せるべきだと思いますし、誤訳のせいで意図が変わったというのであればどのように変わったのかを説明すべきだと思います。ちなみに私はドイツ語の記事を含め報じられている通りの意図で問題ないと思います。

別にけちをつけてるわけではなくこのブログは応援しています。もし感情を害することがあればこのコメントは削除してください。

  • 2014/09/19(金) 14:02:28 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

どう見てもケチつけてるだけの言い草に慌てて付け足して
「ケチをつけてるわけじゃない」
なんていう人間の意図については誤訳のしようがない

カレーと運古をごちゃ混ぜにして台無しにして
実態以上に度量か脳容量か、まあその辺を大きく見せたがり、
そのくせ気の小さい奴、どこにでもいるね

管理人氏の「カレー」は旨いと思うよ

  • 2014/09/19(金) 16:21:30 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

※3の者ですが
どう見てもかどうかは別として、意図はくみ取れる、はず。

とは言え匿名の記事を信頼するべきではない理由は、
野菜で私が作りましたと写真を載せる農家のようなもので。
記名すれば間違いが無くなる訳ではなく、
「この記事が間違っているなら、私が間違っているということ」て意識の問題ですね。

その意味では管理人さんのカレーは、美味いが信頼には足らない。
という追伸と言うかエクスキューズと言うか。
正直その程度だと思って読むべきだと思います、と書きたくなりました。

  • 2014/09/19(金) 17:27:33 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

メディアの発表する無記名記事を匿名記事とは言わない。
この場合誤訳の責任はCWS Brains 株式会社ある。
意図的に捻じ曲げて翻訳したのでなければ翻訳に金かけろって話だ。

  • 2014/09/19(金) 18:08:34 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

※14:02:28
管理人は正確に訳したとは一言も書いてなく無いか?
文脈の流れに違和感があったので、前後に添うような流れで読み解いてみたてな感じであって、要は翻訳の正否ではなくニュアンスの違和感について
扇情的な一文で話題を造るのではなくインタヴュイーの意図をしっかり汲んで伝えるべきというもう随分前からそこかしこで言われてることの記事だと察しつきそうなものだが
管理人もその旨しっかり書いてるけどそこを理解できてないってどういうこと?

君はこの件のメディア翻訳に違和感ないようだから前提とした認識に少しばかり差異が出てるようだけど管理人の問題提起としてる部分も察しつけてあげなさいな

  • 2014/09/19(金) 18:15:49 |
  • URL |
  • 名無しの日本人 #-
  • [ 編集 ]

すいません。
出版や法律の関係者ではないですが、表現を間違えましたか?
責任の所在は一義に執筆者にあるということです。
それは法的にどうかという問題では無くプロ意識の問題です。
無記名が当然になっている場所と読者の間に強い信頼関係は無いですから。

  • 2014/09/19(金) 18:22:21 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

連投。ふたつ上の方へのレスです

  • 2014/09/19(金) 18:23:54 |
  • URL |
  • ※3 #-
  • [ 編集 ]

再連投すいません、これを最後に。
会社やブログは問題があれば殺せます。
死人に口無しと言いますしね。

  • 2014/09/19(金) 18:30:32 |
  • URL |
  • ※3 #-
  • [ 編集 ]

「もちろん、僕の訳や解釈に誤りがあることもあると思います。今回のも僕の訳に誤りがあるのかもしれません。そういうものを発見した際には、ぜひご指摘ください。」

とブログ主が書いてたから指摘したのにコメント欄で叩かれる理不尽さ。特にa lotの部分は前の節(Only facts matter in football, stats, goals, assists, titles)をa lotで置き換えているので名詞と解して訳すべきなのに「大きかった」と形容詞のように訳すのは明確な誤訳。好意的に解釈すれば意味は分かるが、それではブログ主が批判しているメディアの訳と同レベルと言っているに過ぎない。

  • 2014/09/19(金) 18:59:20 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

えーと、どこに一句一句すべて正確に訳しろと書いてあるのでしょうか。2つを比べて見てもまるで意味が違うのは歴然なわけで、少しの間違いや表現の違いを問題視してるではなくて明らかな誤訳を指摘してると思うんですけどね。
というか、そもそも外国語をすべて意訳無しに100%訳すのは無理なので、そこを指摘してるわけじゃないのでは?
例に挙げた記事のように、明らかな誤訳をしながらお金儲けをしていることへの疑問が趣旨だと読み取れます。

  • 2014/09/19(金) 19:11:21 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
いつも内容の濃い記事、楽しく拝読させて頂いてます。
今回も大変興味深く読ませて頂きました。
これからも楽しみにしております!

  • 2014/09/19(金) 23:41:15 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

管理人さんがドルトムントが好きとは知らなかったです
本当におもしろくいいサッカーしてますよね

香川選手のはイングランドメディアや日本メディアになぜかモイーズ批判みたいにとられたのは残念ですね

あちらのメディアはリオのこともあり便乗して大げさに書いたのでしょうが日本はもうちょっとどうにかならんのかと思ってしまいます

  • 2014/09/19(金) 23:48:03 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

誤訳、意訳について管理人様の真摯な気持ち分かり嬉しいです。
良い記事をありがとうございました。

  • 2014/09/20(土) 00:47:05 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

※18:59:20さん
俺は理不尽だとは思いませんよ。
(恐らく)管理人さんとたたいている人は別人でしょう。
たたいてる彼はあなたに何の保証もしていません。
それをまるで管理人さんの非の様に言うのは、それこそ理不尽です。

  • 2014/09/20(土) 00:51:53 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

a lotは可算名詞にも不可算名詞にも扱えますよ。学校の英語の授業でa lotはmanyにもmuchにも置き換えられると習ったと思います。なのでwasで受けても何もおかしくありません。

「数ではなく、量や範囲を表すような訳を選択した」という理解は正しい(ここではmuchの意味のa lotなので)ですが、いずれにしても名詞として訳さないと「正確」な訳ではありません。そもそもa lotは名詞か副詞でしか訳せません。形容詞として訳せるというのが正しい判断というのであればその根拠を教えてください。

  • 2014/09/20(土) 01:14:03 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

続き
正直に言えば英語のテストではないので正確な訳でなくても構わないのですが、既存メディアの翻訳が正確ではないと明らかに露骨に批判していたので、そんなこと言ったらこのブログもじゃんとちょっと気になっただけです。何度もコメントしてしまい申し訳ありませんでした。

  • 2014/09/20(土) 01:22:35 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

そもそも香川の英語力ってどんなもんなん?

  • 2014/09/20(土) 03:31:37 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

帰国子女です。原文のセンテンス単体ではなく全体の文章の流れからも「欠けていた部分が多かった」という管理人様の解釈と同じように読みました。

  • 2014/09/20(土) 09:22:10 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

大袈裟に言うと、文の大意さえ合っていれば各単語の品詞がどうとか、修飾関係の精密な訳出だとか、全部どうでもいいんですよ。
今回のメディアの訳はその大意自体が間違っているということです。

例えば、A is not B but C. について
この文の大意はA is C.であるので、「AはCだ。」とするのは意訳です。
ところが大意を捉えられずに、「AはBでない。」とだけ訳したら、これは明確な誤訳です。

かのメディアの訳は大意の捉え方を間違えているので、ブログ主さんはその一節に違和感を感じ、指摘しようと思ったのでしょう。

>>それではブログ主が批判しているメディアの訳と同レベルと言っているに過ぎない。

大意さえ間違っているメディアの訳と、大意は捉えているブログ主の訳、上記のような点で、同レベルなどとは間違っても言えないでしょう。

  • 2014/09/20(土) 14:24:33 |
  • URL |
  • #9fn0MV6o
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1825-b188c515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)