赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2014-15 第4節 エンポリ vs ACミラン プレビュー

セリエA 2014-15 第4節 エンポリ vs ACミラン プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20140923_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。


カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップはこちら。

2014-15_Empoli_vs_AC_Milan_pre.png

エンポリ(4-3-1-2):
セペ;ラウリーニ、トネッリ、ルガーニ、ヒサイ;ベシーノ、ヴァルディフィオーリ、クローチェ;ヴェルディ;タヴァーノ、プッチャレッリ

ACミラン(4-3-3):
アッビアーティ;アバーテ、ラミ、サパタ、デ・シーリョ;ポーリ、デ・ヨング、ファン・ヒンケル;本田圭佑、フェルナンド・トーレス、メネズ


ミランは、前節、ユヴェントスに完敗。何としても勝点3を確保したい今節は、昇格組のエンポリとの対戦

エンポリは、ここまで2敗1分けで勝点1。順位的には、18位タイ。20チームで、18位タイに3チームが並んでいるので、実質最下位です。まだ、順位を気にするような時期ではありませんが。

開幕戦でウディネーゼ、第2節でローマに敗れ、前節は、同じく昇格組のチェゼーナとドロー。前節はアウェーで2点を先行される展開ながらも、後半2点を奪い返してもぎ取ったということで、チームとしては、前向きなドローだったと言えるかもしれません。ただ、2得点は、PKとコーナーキックによるもので、ここまでまだ流れからのゴールはありません。

正直、不勉強ゆえですが、知っている選手はほぼゼロ。夏に獲得した選手の中には、インテルで少しだけ光っていた記憶のある、ディエゴ・ラクサールがいるけど、今のところまだ出場機会はないみたいだし。あと、前節同点ゴールをあげた、センターバックのダニエレ・ルガーニはユヴェントスからのレンタルで、まだ20歳。全体的に、若い選手とベテランのバランスはよくとれているようにみえます。ピッポも言っていましたが、決して侮れるようなチームではありません。左サイドバックでの先発が予想されている、エルセイド・ヒサイも、まだ20歳の若さながら、アルバニアのフル代表経験を持っている選手ですし。


ミランは、ここまで2勝1敗で勝点6。ウディネーゼと並んで、4位タイ

前述の通り、前節はユヴェントスに完敗。ここまで課題となっていた守備は、ユヴェントスを1得点に抑えたと言えなくもないけど、あれだけガチガチに守ればそれは…という気がします。今節は、攻めつつ守るという当然の課題に正面から取り組まねばなりません。

ピッポの攻撃陣に対する信頼は強いようで、試合前のプレスカンファレンスでは、「うちには7人のストライカーがいて、選択には苦労するほどだ。我々はリーグ最高の攻撃陣を持っている」と発言しています。また、「1週間に3試合を戦うのは簡単ではなく、ユヴェントス戦で多くのエネルギーを必要とした」ため、「おそらくフレッシュな選手たちが、我々に利益をもたらしてくれるだろう」と語り、メンバー変更を示唆してもいます。

よって、フェルナンド・トーレスが先発となり、これに伴ってメネズが左ウィングの位置にズレるとの予想。また、中盤では、ムンタリがベンチへ。そして、ファン・ヒンケルが初出場・初先発という予想になっています。この後、ミランは日曜にもチェゼーナへの遠征を控えており、コンディションを考えると、適切な措置かと思われます。

最終ラインは、ユヴェントス戦から変更なし。一応ユヴェントスを1失点に抑えたわけだから、妥当な判断でしょう。個人的にも、ラミとサパタのセンターコンビは、わりと良いと思っているので、納得です。

ユヴェントス戦に敗れた後だからこそ、守備をしっかりしつつ、点をとるという基本的ながらも難しいミッションをあらためてチームとして認識し、実現する姿をみせてくれると信じて、応援しようと思います。


最後にこの試合のミランの招集メンバーを。

ACミラン
GK:アッビアーティ、アガッツィ、ゴリ
DF:アバーテ、アルベルタッツィ、アルメロ、ボネーラ、デ・シーリョ、メクセス、ラミ、ザッカルド、サパタ
MF:デ・ヨング、ムンタリ、ポーリ、ファン・ヒンケル
FW:ボナヴェントゥラ、エル・シャーラウィ、本田圭佑、メネズ、ニアン、パッツィーニ、フェルナンド・トーレス


メネズについては、内転筋を痛めて欠場するとの噂もあったんですが、結局メンバー入り。無理はしない方がいいような気もしますが、今のミランの攻撃の軸であることは確かなので、外しにくいんでしょうねえ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1835-db4a23eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。