赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2014-15 第5節 チェゼーナ vs ACミラン プレビュー

セリエA 2014-15 第5節 チェゼーナ vs ACミラン プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20140928_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。


カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップはこちら。

2014-15_Cesena_vs_AC_Milan_pre.png

チェゼーナ(4-3-1-2):
レアーリ;カペッリ、ヴォルタ、ルッキーニ、レンゼッティ;ゼ・エドゥアルド、カッショーネ、コッポラ;ブリエンツァ;ロドリゲス、マリルンゴ

ACミラン(4-2-3-1):
アッビアーティ;アバーテ、ラミ、サパタ、デ・シーリョ;デ・ヨング、エッシェン;本田圭佑、メネズ、ボナヴェントゥラ;フェルナンド・トーレス


前節、昇格組のエンポリに対して、2-2のドローという不満の残る結果に終わったミラン。今節は、同じく昇格組のチェゼーナとのアウェーゲーム。2試合連続で昇格組とのアウェーゲームっていうのもイヤなものです。

チェゼーナはここまで、1勝2敗1分け勝点4。ナポリ、トリノ、アタランタと並び10位タイ。開幕戦では、パルマに1-0と勝利したものの、その後は失点が増え、3試合で8失点。前節はユヴェントスに0-3と完敗しています。通算では、3得点8失点となっています。

昨シーズンは、セリエB4位となり、昇格プレーオフで同3位だったラティーナを破って昇格を決めました。かつて長友佑都が所属したチームとしても知られていますが、長友が移籍した翌シーン、2011-12シーズンに降格して以来のセリエA復帰です。

セリエA昇格に伴って、かなりの補強を敢行。今節の先発予想でも、レアーリ(←ユヴェントス)、ヴォルタ(←サンプドリア)、ルッキーニ(←アタランタ)、ゼ・エドゥアルド(←パルマ)、カッショーネ(←パルマ)、コッポラ(←シエナ)、ブリエンツァ(←アタランタ)と7人が新加入選手です。GKのレアーリは、ユヴェントスからレンタルで、まだ21歳の選手ですが、どちらかというと比較的年齢層の高いベテランを中心に補強している感じ。この他に補強した選手もそういう印象が強い。

監督は、以前にもチェゼーナの監督を務めていたピエルパオロ・ビゾーリ。2012年の監督復帰から、チームを見事にセリエA復帰に導いた監督なので、チームからの信頼は強そうです。

アタランタから移籍してきたベテランのブリエンツァが攻撃のキーマンになりそう。彼の左足には十分に注意が必要。


ACミランはここまで2勝1敗1分け勝点7で7位。開幕からラツィオ、パルマに連勝したものの、パルマ戦では4失点。その後、ユヴェントスに0-1で敗れ、前節は上述のようにエンポリに2-2のドロー。10得点8失点という実にアンバランスな結果となっています。

前節、初先発したファン・ヒンケルが前半30分で負傷交代。靭帯損傷により、約1ヶ月欠場することになりそう。そういった状況も受け、中盤の枚数を少し減らし、4-2-3-1で戦うと予想されています。前節の後半、ほぼこの先発予想のままのシステムで戦っており、良い形も作れていたので納得です。さらに攻撃的にしたければ、左にエル・シャーラウィを入れるという手もありますし。中盤には復帰したばかりのエッシェンの先発が予想されていますが、攻撃はある程度前に任せてしっかり守らせたいという意識があるのでしょうか。

最終ラインでは、ボネーラに代わり、ラミが先発するとの予想。前節、ボネーラの出来が目にみえて悪かったので、仕方ない。セットプレーでの守備に難があることは、ピッポも当然意識しており、今節は集中力のレベルを上げて臨むというような趣旨の発言をしています。チェゼーナにはブリエンツァという優れたキッカーもいますし、しっかり守って欲しいです。

金曜、最近恒例になっているシルヴィオ・ベルルスコーニのミラネッロ訪問が行われました。ベルルスコーニは、ミランが勝てないことについて「監督も選手も私の言ったことを実行しないからだ」という発言をしており、インザーギ監督との確執が?と噂されましたが、この件について、ピッポはこう答えています。「会長も含め、誰の意見でも聞く。その上で僕が自分で決断を下す。それがチームの勝利のために最良の決断であることを期待している。」と。ピッポは色々な意味でストイックな人で、成熟した大人でもあるので、きっとベルルスコーニやガッリアーニとも上手くやっていけると思っています。もちろん、一定の結果は必要ですけども。

このチェゼーナ戦は、ミランにとってもピッポにとっても勝利を義務付けられたような試合。チェゼーナとしてもその気で戦うでしょうから、難しいミッションですし、勝ちから少し遠ざかってちょっとイヤな空気になりつつあるところですが、チーム状態としては決して悪くはないと思うので、勝利でイヤな流れをすっぱり断ち切って欲しいと思います。


最後にこの試合のミランの招集メンバーを。

ACミラン:
GK:アッビアーティ、アガッツィ、ゴリ
DF:アバーテ、アルベルタッツィ、アレックス、アルメロ、ボネーラ、デ・シーリョ、メクセス、ラミ、サパタ
MF:エッシェン、デ・ヨング、ムンタリ、ポーリ
FW:ボナヴェントゥラ、エル・シャーラウィ、本田圭佑、メネズ、ニアン、パッツィーニ、フェルナンド・トーレス


アレックス、エッシェンがケガから復帰。MF少ないな…。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

4231でメネズ真ん中はなしだろ
持ちすぎなんだよ

  • 2014/09/28(日) 15:41:18 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

守備からしっかりやって貰いたいですね
とにかく完封勝利を期待したいです
リーグ始まって一度も無いですからね

  • 2014/09/28(日) 16:55:03 |
  • URL |
  • 名無しさん@ニュース2ch #-
  • [ 編集 ]

※1
そういうのもういいから

  • 2014/09/28(日) 17:40:15 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

メネズとトーレスの縦並びスタートは楽しみ。でもそろそろメネズは休ませてあげたい。
後半エルシャーラウィを左に入れて、ジャックをセンターに移した形とかも見てみたかったり

  • 2014/09/28(日) 18:18:42 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

メネズ→中央でやりたいと発言。そして現に真ん中で結果を出しています。
エルシャーラウィ→真ん中やったことは有るには有りますがやはり左。
本田→右で好調なのにわざわざ替える必要なし。
ボナヴェン→左でしょう。トップ下の位置では出ないでしょう。
ニアン→サイドかCFでしょう。トップ下はちょっと…何か違う。
ポーリ→DMF手薄なのに前で使ったら4231の意味が無いです。

でトップコメントの方は誰にトップ下して欲しいんでしょうか???

  • 2014/09/28(日) 22:22:10 |
  • URL |
  • まっておるびん #-
  • [ 編集 ]

このフォーメーションは楽しみだなぁ 前線の四人が上手く入れ代わりながら攻撃を展開してくれそう

  • 2014/09/28(日) 22:47:41 |
  • URL |
  • る~とふりっと #-
  • [ 編集 ]

※1の言うとおりだった
メネズが悪いというより引っ張るピッポが悪いよ

  • 2014/09/29(月) 07:45:40 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

2と5は1にごめんなさいだな

  • 2014/09/29(月) 07:52:51 |
  • URL |
  • #XOVn2NDI
  • [ 編集 ]

ラミよかったし、サパタも退場するまでよかったよ
ドリブルしたがりが左多いから左からが多くなるけど
得点シーンは右からが多いと思うんだけどな
本田とアバーテの絡みは見ててワクワクする

  • 2014/09/29(月) 11:38:54 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

2はコメントを変えたが、1にちゃんとごめんなさいしとけよ

  • 2014/09/29(月) 12:50:02 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1840-38307842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。