赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外の反応】本田圭佑へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2014-15 第9節 ACミラン vs ACミラン 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応本田圭佑へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2014-15 第9節 ACミラン vs ACミラン 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20141030_1.jpg
gazzetta_snapshot_20141030_2.jpg

本田の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

カリアリ
ゼーマン監督:6.5

クラーニョ:5
バルザーノ:6
チェッピテッリ:6
ロッセティーニ:6.5
アヴェラール:6
クリセティグ:6
コンティ:7 Best of the Team
エクダル:6.5
イバルボ:7
サウ:7
コッス:5.5
ドンサー:6
ファリアス:5.5
ロンゴ:評点なし


【ACミラン
インザーギ監督:5

アッビアーティ:5.5
アバーテ:5.5
アレックス:6
ラミ:5.5
デ・シーリョ:5.5
ボナヴェントゥラ:6 Best of the Team
デ・ヨング:5
ムンタリ:5
本田圭佑:5.5
フェルナンド・トーレス:5
エル・シャーラウィ:6
メネズ:5
ポーリ:6
パッツィーニ:評点なし



本田の選手評の訳。

本田圭佑:5.5
いつもよりも断続的だった。スイッチが入っては消え、何度しか現れなかった。よく走っていたが、ディフェンス面でのみ賞賛されるのは良い兆候ではない。



一部の選手評の訳

カリアリ
コンティ:7 Best of the Team
4試合連続でベンチに置かれた後の、ゼーマンに対する最も美しい回答。極めて優れた統率力、多くの素晴らしいアイデア。デ・ヨングへのレッスン。

イバルボ:7
絶好のチャンスをラミに防がれてゴールを決められなかった。それは致命的なミスであり、同情の余地はない。その後、素晴らしい飛び出しでヘディングでのゴールを決め、相手選手を常に脅かす。


【ACミラン
ボナヴェントゥラ:6 Best of the Team
そのゴールはわずかなチャンスに賭けるものだった。結果、得点をあげたいという真の意志が、クラーニョを上回った。唯一の輝きだった。

エル・シャーラウィ:6
3トップの中ではもっとも活発だったが、それでもゴールからはほど遠かった。常にトライしている点は評価できるが、シュートの際には冷静でなければならない。私たちならば、彼を交代させなかっただろう。

インザーギ監督:5
良い上司というのは、優れているだけでなく、幸運でもなければならない。昨日、彼には幸運があった。動きは混乱しており、また、フェルナンド・トーレスは役に立たなかった。ベルルスコーニにそういってやればいい。


ミランのベストはボナヴェントゥラで、それでも『6』。確か昨日はカリアリの方がはるかに良く、3-1くらいで負けていても仕方のない試合でした。それを考えればドローという結果には納得すべきなのかもしれません。ボナヴェントゥラの先発という点では当たりだったと思いますが、ムンタリがちょっと難しかった。ポジションをやや高くとりすぎなのか、中盤がガラガラになることがあるんですよねえ。やっぱりポーリの方がいいのかなあ。3トップの真ん中も安定しないので、必ずしも4-3-3にこだわる必要はないと思うんですけどね。あと、パッツィーニを先発で試してみるのもひとつの手かもしれません。ボールが止まった状態の時に、サイドからクロスを入れて点につながる可能性があるという点では、パッツィーニが一番だと思いますし。

次節は、日曜夜、ホームでのパレルモ戦。さすがにここで勝点を失うわけには…。ピッポにはしっかり選手のコンディションを見極めてもらって、ベストメンバーを組んで欲しいと思います。正直、内容なんてどうでもいいから、勝って欲しい。それを望むのみ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

管理人さんの意見と同様で、メネズでもトーレスでもなくパッツィーニCF先発は試してみてほしい。
何度となくドローで勝ち点をとりこぼしてる試合があって団子状態の暫定3位の状況がり残念すぎて・・・。
次回はほんとなにがなんでも勝ちきってほしい。

  • 2014/10/30(木) 22:29:39 |
  • URL |
  • #AwirhpSY
  • [ 編集 ]

しょうもないミスやバックチャージでイエローをもらうのはムンタリ個人の責任ですが、中盤ガラガラは監督の責任でしょう。個人の問題ならすぐに修正されるでしょうしね

アッレグリ末期と同じ位置取りなんですよねえ。もしかしたら、タソッティが要らない助言をしているのかも

  • 2014/10/30(木) 23:19:37 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

アッレグリの時はインサイドの選手に相手DFの高い所までプレスに行かせてなかったと思うんだけど… ポーリは帰陣も早いがムンタリは帰陣も遅い。ポーリが少し遅れると本田が戻ってコースを切ったりしてくれる間にポーリが戻れる連携があり右がスカスカになるのはあまりないと思うが左は攻撃も守備も連携がない。

  • 2014/10/31(金) 00:00:44 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ムンタリは中盤に穴開けて突出しすぎるか
ぱっかーんとただ前に蹴るだけで見てられなかった。
ただPA付近でのポジショニングは妙にいいんだよなボールが寄ってくる感じ。
いっそムンタリCF起用はどうだろうか(笑)

  • 2014/10/31(金) 05:37:26 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

確かに中盤はスカスカだった
簡単に縦に入れられていた

3トップは今後も機能しなそう

  • 2014/10/31(金) 08:48:09 |
  • URL |
  • ななし #-
  • [ 編集 ]

ボナのインサイドハーフは高い位置をとるから中盤も空いてしまうしやや本田と被るのでいつもより本田が中に入っていけずアバーテも上がれなかった感。

  • 2014/10/31(金) 11:04:11 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1862-3ee1965a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。