赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2014-15 第10節 ACミラン vs パレルモ レビュー

セリエA 2014-15 第10節 ACミラン vs パレルモ レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

2014-15_AC_Milan_vs_Palermo_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


ACミラン(4-3-3):
ディエゴ・ロペス;アバーテ、アレックス(3' サパタ)、ラミ、デ・シーリョ;ポーリ(46' エル・シャーラウィ)、デ・ヨング、サポナーラ;本田圭佑(68' パッツィーニ)、フェルナンド・トーレス、メネズ

パレルモ(3-4-2-1):
ソレンティーノ;ムニョス、ゴンサレス、アンジェルコヴィッチ;モルガネッラ、マレスカ(68' ヌゴイ)、バレート、ラザール;ボルゾーニ、バスケス(86' ベロッティ);ディバラ(88' クアイソン)

結果:ACミラン 0 - 2 パレルモ

得点者:
パレルモ24' OG(サパタ) 27' ディバラ


パルマ戦での負傷以来、久しぶりにディエゴ・ロペスが復帰。期待してます。3トップには、フェルナンド・トーレスとメネズを併用。ピッポも我が強いなあ。ボナヴェントゥラは練習中のケガにより欠場、ムンタリが出場停止ということで、中盤にはサポナーラが入っています。正直、出場のチャンス自体今後も少ないと思うので、がっつりアピールして欲しい。

2分、左サイドからドリブルでしかけたマレスカ、ディフェンスと交錯してこぼれたボールをバスケスが拾ってペナルティエリア内左にフリーで抜けだす、右足で放ったシュートはディエゴ・ロペスがブロック。危ないことこの上ない。
3分、ミランの交代、アレックスに代えてサパタ。当然、負傷交代。
今日はアッビアーティもいないので、アバーテがキャプテン。ミランのキャプテンは、基本的にクラブ在籍歴が最も長い、もしくはミランでプレーした試合数が最も多い選手ということになっているので、今回はアバーテがそれに該当するってことでしょうか。
予想以上に前からプレスをかけてくるパレルモミランの最終ライン付近にプレッシャーをかけるのは効果的だっていうことがバレてるんですね。
13分、左からの大きな展開、アバーテが難しいトラップをよく止めて、グラウンダーでペナルティアーク付近へ折り返し、トーレスが受けて少しタメを作ってからペナルティエリア内のスペースへ、飛び込んできたポーリがシュートにいくが枠をとらえることはできず。
16分、左からの本田のフリーキック、ニアポストでトーレスがヘッドで合わせるがわずかに枠の右へ外れる。惜しい。
22分、メネズのミドル、わずかに枠の左へ。こういうんなら、まあいい。
23分、左から上がってきたラザールが思い切ってロングレンジから得意の左足でシュート、ディエゴ・ロペスが弾き出してコーナーに。
24分、パレルモの右コーナーキック、最後はサパタに当たってゴールイン、パレルモ先制
25分、パレルモの鮮やかなパスワーク、最後はスルーパスにディバラが抜け出してディエゴ・ロペスと1対1に、股下を狙ったシュートを何とかディエゴ・ロペスが食い止める。
27分、カウンターからペナルティエリア前でボールを受けたディバラがサパタとの1対1を強引に制し、ディエゴ・ロペスと再び1対1に、さっきよりも厳しいアングルだったものの、左足のシュートを右のサイドネットに沈めてパレルモ2点目。苦しいなあ。
39分、パレルモのコーナーキック後、こぼれたボールを拾ったバレートが右足でミドル、ディエゴ・ロペスがどうにか弾き出す。
前半終了間際、トーレスがペナルティエリア目前でフリーキックを得るが本田のフリーキックは壁に当たる。その直後前半終了。2-0でパレルモがリード。勝つには最低3点必要という厳しい状況。3トップのうち、誰かは後半の頭から代えてくるだろうと思う。こういう状況でも、正直大して動じてはいないのは、やっぱり慣れなんでしょうか。こんなことに慣れたくはないんですが。

後半開始。ミランはポーリに代えてエル・シャーラウィ。本田、メネズ、トーレスが3人とも出てきたから、交代はないのかと思ったら、やや思い切った交代に。
ミランはなかなかシュートを打たない。もちろん打てないというのもあるんだろうけど、打てそうな場面でも、打たずにボールを動かして、難しい状況になってから打つような印象。これじゃあね。
51分、ペナルティエリア内で倒れたエル・シャーラウィに対してシミュレーションでイエローカード。言い訳のしようがない完全なシミュレーションでした。
63分、高い位置でボールを奪って速攻、メネズからパスを受けたエル・シャーラウィがペナルティエリア内左にドリブルで入っていくがシュートまではいけず、ディフェンスにブロックされる。ここも本来なら切り返すなり、縦に一歩踏み出して中央に折り返すなり、プレーの幅があったと思うんだけど、そういう余裕がない感じ。
68分、パレルモの交代、マレスカに代えてヌゴイ。
同じく68分、本田に代えてパッツィーニ。確かに本田はやや消えてた。ただ、メネズが良くも悪くも目立ってるんだよなあ…。
70分、ペナルティエリア内右でボールを受けたトーレスが強引に反転して右足でシュート、枠の左へ外れる。
73分、左サイドからサポナーラが右足でクロス、トーレスが裏に抜け出してヘッドで合わせるが枠をとらえることはできず。惜しい。
速攻を除けば、ここのところミランがクロスからゴールをあげることはあまり多くない。一旦、ファーポストに当てて中央に折り返すとか、そういう一工夫をしないと、特に遅攻ではそうそうゴールにつながらないと思う。正直、ミランにゴールの予感がないんだよなあ…。
86分、パレルモの交代、バスケスに代えてベロッティ。アンドレア・ベロッティは21歳のアタッカーで、U-21イタリア代表としても活躍する選手。
88分、パレルモの交代、ディバラに代えてクアイソン。

試合終了。2-0でパレルモが勝利。ミラン、今シーズン2敗目。前の相手はユヴェントスだったからまだ許されたけど、この敗戦は厳しい。やっぱり遅攻でどう相手を崩すかについてのアイデアがほぼゼロに近い。次のサンプドリア戦が8日の土曜で、その次は、インターナショナルウィークをはさんでのミラノ・ダービー、インテル戦。何か根本的な対策が必要な気もするけど、日程は待ってくれません。どうにか試合の中で修正していけるといいんだけど…。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

アレックスの負傷に始まり替わって入ったサパタが原因の失点2つ攻撃陣は停滞
悪循環に陥りそうで不安です
トーレスの利他的な動きとサポナーラが攻撃面ではそれなりにやれそうだったのが救いですが何か手を打たないと泥沼突入もありえそうな試合でした…

  • 2014/11/03(月) 07:18:16 |
  • URL |
  • covariance #-
  • [ 編集 ]

まずメネズから始めよ、でしょうね
問題点は沢山あるけど、手を付けるべきはここから

  • 2014/11/03(月) 07:36:14 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

管理人、はじめのフォーメーションマップで
トーレスが92番をしょってませんか?

メネズはひどかったけど、本田にも苦言を呈さざるをえないと思う。
おとなしすぎた。固いマークがあるからって
積極性のあるふりだけでもしないと。
メネズの言い訳を想像してみると
「他に出してもしょうがないからドリブルしたんだ!」
みたいなことになるんじゃないかと。

2枚ケアしてこようが異様な存在感とスピードで無双してた
対ドル戦のリベリと比べちゃうとやっぱりね。
むこうは途中出場、こっちは連戦だけどさ。

  • 2014/11/03(月) 09:05:44 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

↑全く意味がわからない
トーレスが来て以降全く良い所がないメネズこそボール持っててもしょうがないだろ

  • 2014/11/03(月) 12:03:57 |
  • URL |
  • 名無しの壺さん #-
  • [ 編集 ]

本田がトップ下やらせろって監督に直談判してそうな気がする

  • 2014/11/03(月) 12:47:18 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

やはり中盤でボールキープやいなし、緩急つけたパスを出来る選手がいないのがキツいですね。
アレックスは計算出来なくなったしDFラインその他と昨季のデジャヴ感がハンパないのが観ていて一番辛い

  • 2014/11/03(月) 14:59:04 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

メネズの良さは分かるんだが、その良さがチームに効果的にならず逆効果と言うか…
メネズだけの責任ではないのかも分からなけど。相手2人くらい惹き付けてもその空いたスペースを使ったり他で数的有利になってる訳でもないし意味のないとこでドリブルとか。チーム戦術の問題と言うか
トーレスやファラオでショートカウンターしたいのかメネズのキープ力を使った攻撃がしたいのかさっぱり分からない。前半左サイドに居ても下がってもらいに来てはドリブル→突っ掛けてロスト→カウンターくらうの繰り返しでは失点するさ。いい選手だから使いたいのは分かるピッポにはこの試合を見てしっかり分析をして欲しい。

  • 2014/11/03(月) 16:09:49 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

こんな試合してたら
CLなんて夢のまた夢だよ

  • 2014/11/03(月) 20:30:38 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

とりあえずメネズとトーレスの併用は現状機能しない。トーレスがフリーだったり裏抜けしようとしても、メネズはパスを出さずに突っ込むし、メネズドリブル突破しようとしても、トーレスがメネズの動きを理解できてなくて邪魔になってたりと、2人の併用は酷すぎ。将来的にメネズがもう少し視野が広くなって、球離れが良くなると、メネズを中心に考えてもいいと思うけど、現状は、他の選手の事とか考えても、トーレスエルシャラを中心としたカウンターを使う方がいいと思う。
長々とすいません…。

  • 2014/11/04(火) 00:25:47 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1864-547a8d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。