赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外の反応】本田圭佑へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳 セリエA 2014-15 第10節 ACミラン vs パレルモ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も

海外の反応本田圭佑へのガゼッタ・デッロ・スポルトによる選手評の訳
セリエA 2014-15 第10節 ACミラン vs パレルモ 他の選手の評点&一部の選手評の訳も


ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20141103_1.jpg

本田の選手評に加え、その他の何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

【ACミラン
インザーギ監督:5

ディエゴ・ロペス:7 Best of the Team
アバーテ:5
アレックス:評点なし
ラミ:4.5
デ・シーリョ:5
ポーリ:5
デ・ヨング:5
サポナーラ:6
本田圭佑:4.5
フェルナンド・トーレス:5
メネズ:5
サパタ:4
エル・シャーラウィ:6
パッツィーニ:5.5


パレルモ
イアキニ監督:7.5

ソレンティーノ:6
ムニョス:6.5
ゴンサレス:6.5
アンジェルコヴィッチ:6.5
モルガネッラ:6
ボルゾーニ:6
マレスカ:7.5
バレート:7.5 Best of the Team
ラザール:6.5
ディバラ:7
バスケス:7
ヌゴイ:6
ベロッティ:評点なし
クアイソン:評点なし



本田の選手評の訳。

本田圭佑:4.5
ホンダというよりも、キックボードだった。歩みがゆっくりで、予想できる動きだった。立ち止まってドリブルせず、方向を変えるわけでもなく、セットプレーも不正確だった。



一部の選手評の訳

【ACミラン
ディエゴ・ロペス:7 Best of the Team
しっかり準備をし、バスケスを止める。ミランの望みをつなぐために、彼のできる限りのことをした。前半、3つの素晴らしいセーブをみせたが、2失点を喫した。彼は素晴らしかったが、バットマンではないのだ。

サポナーラ:6
ホームでの慰めになった。ロペスに対してさえボールを要求し、チームにクオリティを与えた。メネズの分もカバーし、疲弊した。もう一度チャンスを与えるに値する。

エル・シャーラウィ:6
他のフォワードよりもイキイキしており、優れたプレーぶりをみせ、ソレンティーノを脅かした唯一の存在だった。ヒドい状況だったからこそ、救いとなる選手の評価は高まる。


パレルモ
バレート:7.5 Best of the Team
ディバラへの2本の素晴らしいパス、ペナルティエリア際からの美しいシュート、そして、攻守両面に渡り活躍した、深さと継続性のあるパフォーマンス。

マレスカ:7.5
34歳にして、サン・シーロに皇帝として降臨。ゆっくりとしたペースで長時間全くミスをしない。スローダウン、スピードアップ、試合展開の変更、ボールキープ。完璧だった。


ミランでベストは、ディエゴ・ロペス。確かに久しぶりのプレーなのに、それを感じさせないプレーぶりでした。とりあえず、GKに関しての心配はない。また、サポナーラもわりと良かったです。ムンタリよりも安定してるんじゃないでしょうか。ガゼッタの意見と同じく、もう一度先発のチャンスを与えてあげて欲しいです。

本田には酷評。昨日のプレーだと仕方ない。ただ、3トップのその他の2人も正直良くはありませんでした。現状で、トーレスとメネズを併用するのは無理だと思いました。ミッドウィークの試合があるからって、特に誰を休ませるかとか難しく考えなくても良かったと思うんだけどなあ…。

次は3位サンプドリアとのアウェーゲーム。それが終わると、インターナショナルウィークに入り、その後には、ミラノ・ダービー。どこでチームをたて直すかが難しい状況だけど、エル・シャーラウィ、サポナーラといった元気な選手たちを使ってあげて欲しい。とりあえずは、そのことくらいしか考えられないなあ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

本田はもっとエゴをみせてもいいと思うんですよね。
切り込んでのシュートなら振りを早くするとかタイミングをずらしてとか引き出しを増やせればなぁ

  • 2014/11/03(月) 22:50:16 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

デシリオのクロスもう少しうまくやってほしいな

  • 2014/11/03(月) 23:30:29 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

既に10節消化したというのに、未だにカウンターを狙ってるのかな?程度にしか意図のわからないサッカーをやってるので、元気な選手を使っても同じ結果に終わるでしょ

戦術を組めないのなら組めないで、一発狙いのドン引きロングカウンター戦術取ればいいのに

  • 2014/11/04(火) 00:44:07 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

相変わらずよくわからん採点
両SBもパスミス多すぎだし、ポーリよりサポナーラの方が上とか意味わからん
サポナーラのに「メネズの分もカバーし」って書いてる通りメネズが最悪だろ

  • 2014/11/04(火) 09:29:33 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ここ数試合の本田は全く怖くない選手になってしまったな

  • 2014/11/04(火) 12:40:31 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

数試合って書くとややこしいから3試合って書け

  • 2014/11/04(火) 15:24:17 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

サポナーラはパスミスばっかりだったのに高評価なのがさっぱりわからない。チャンスを作ってた訳でもなく、守備がよかった訳でもないし。
エルシャラのパスミスでカウンターやられてたよね?ドリブル突破は一回だっけ?あとはいつもの枠外ミドル。これで本田だけ4.5ってのはなあw
致命的なミスがあったり完全に消えた選手につける評価点だろう?パスカットからのパスでチャンスも作ったし、危ない場面での守備もあった。ドリブル突破からのクロスもあった。本田自身にチャンスがこない場面以外前節や前前節とそう変わってない。

攻撃陣の不調の責任は本田のせいってかw相変わらず点取れない責任は本田に押し付けるんだなあ。本田が点取れてたのはそもそもいいパス出してた周りのおかげであってそういうパスを出せないチーム状況やマークがついた分空いたスペースを生かせない本田以外のFWの責任もあるだろうに。他のFWが点とってたならこの評価に文句はつけないけどね。
本田が4.5ならサポナーラは4、エルシャラは4.5。メネズも4.5。トーレスは枠内の惜しいチャンスあったから5でOK。
ベストのディエゴロペスは納得。ほんとイタリア人に対する評価をあまあまにするのが好きだな。シュート外しまくり、ドリブル突破できないエルシャラにたまには文句をつけろよと。

  • 2014/11/04(火) 15:34:20 |
  • URL |
  •   #-
  • [ 編集 ]

途中からだしそりゃイキイキはしてるだろうな

  • 2014/11/04(火) 16:55:39 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

>エル・シャーラウィ:6
>他のフォワードよりもイキイキしており、優れた
プレーぶりをみせ、ソレンティーノを脅かした唯一の存在だった。ヒドい状況だったからこそ、救いとなる選手の評価は高まる。

何コレ笑うところ?w
左サイドでごちゃごちゃやるだけで効果的なプレーは皆無
可能性のないシュートを相手GKにプレゼントしてただけじゃないかw

相手の脅威になってたのはトーレスと前半のポーリくらいだろ

  • 2014/11/04(火) 18:03:36 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

まぁ、イタリア人の評価と日本人の評価と言うか見る部分に相違があるんだろうね。
本田はサボらす守備にも走るからピッポに信頼されてる訳だが、やはり彼に求められるのは得点。
点を取ろうとする姿勢、ゴールへの積極性がこの試合では足りなかったて事じゃないかな。
もっと周りの選手にここに出せとか試合中に怒っていいよて思うけど。
 

  • 2014/11/04(火) 20:10:44 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1865-884dcfe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。