赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2014-15 第11節 サンプドリア vs ACミラン プレビュー

セリエA 2014-15 第11節 サンプドリア vs ACミラン プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20141108_1.jpg

ちょっとだけ、続きを読む、に。


カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップはこちら。

2014-15_Sampdoria_vs_AC_Milan_pre.png

サンプドリア(4-3-3):
ロメロ;デ・シルヴェストリ、ガスタルデッロ、レジーニ、メスバ;ソリアーノ、オビアング、リッツォ;ガッビアディーニ、オカカ、エデル

ACミラン(4-3-3):
ディエゴ・ロペス;ボネーラ、ラミ、メクセス、デ・シーリョ;エッシェン、デ・ヨング、ボナヴェントゥラ;本田圭佑、メネズ、エル・シャーラウィ


前節、下位のパレルモにホームで0-2と敗れたミラン。順位としては、ウディネーゼと並ぶ、7位にまで転落をしてしまいました。今節は、サンプドリアとのアウェーゲーム。

サンプドリアは、ここまで5勝1敗4分け勝点19でラツィオと並び3位タイ。得点は12と決して多めではないものの、失点は6とリーグで2番めに良い数字。前節は、フィオレンティーナに3-1で勝利しています。

夏の移籍市場では、カッチャトーレ(←ヴェローナ)、メスバ(←パルマ)、マルキオンニ(←パルマ)、ダンカン(←インテル)、シルベストレ(←インテル)、ジョルジェビッチ(←ゼニト・サンクトペテルブルク)などを補強。今のところ、定位置を確保しているとまで言える選手はいない感じで、カッチャトーレの出場が比較的多いかな、という感じ。昨シーズンからの残留組と、新加入選手をうまいことターンオーバーして組み合わせながら、戦っている印象があります。

チーム内得点王は、4ゴールのガッビアディーニ。素晴らしい左足を持ったアタッカーで、本田と同じく右ウィングでプレーしています。まだ22歳。今後のイタリア代表のためには、彼に成長してもらわねば…。ただ、この試合では活躍して欲しくありません。


ACミランは、4勝2敗4分け勝点16でウディネーゼと並んで7位タイ。リーグトップクラスの18得点と、リーグでも下から数えた方が早い、14失点という相変わらずのアンバランスさ。前節は、アレックスが試合開始直後に負傷交代を余儀なくされ、急に出場したサパタが2失点に直接絡む不調ぶり。最終ラインをどうやって安定させるか、ピッポもかなり頭を悩ませていることと思われます。

前述の通り、前節負傷交代したアレックスは、当然のように今節欠場。復帰までには2週間ほどかかるようですが、今のところ、あまり詳しい情報はありません。また、アバーテも負傷により欠場に。週の早い時期には、サパタと本田圭佑に関しても、負傷により、欠場するのではないか、という情報だったんですが、この2人は、最終的に遠征メンバー入りしています。

ただ、サパタについてはやはりコンディション的な問題があるのか、ガゼッタは、右サイドバックにボネーラ、センターバックにはメクセスを起用すると予想。もしメクセスの出場が実現するとしたら、今シーズン初出場ということに。ボネーラを中央に入れて、デ・シーリョを右に回し、左にアルメロでいいんじゃないかと思うんだけど、ピッポはよっぽどアルメロを気に入ってないんだろうなあ。練習でのイメージがよほど良くないのでしょうか。

また、ムンタリも負傷により欠場。ムンタリに関しては、1週間程度の欠場ということのようです。よって中盤にはエッシェンが入るとの予想。ファン・ヒンケル、サポナーラにチャンスをあげてもいいと思うんだけど。

3トップの真ん中はメネズ。基本的にトーレスか、メネズかという選択ですが、いずれにせよ最近はうまくいっていない感じ。シーズン序盤、メネズは引いた位置でのプレーメイクもしていたんですが、最近はボールを受けると前を向いてドリブルをしかけ、引っ掛けられることが多い。焦りもあるんだろうけど、もう少し落ち着いてプレーして欲しいです。トーレスはトーレスで、前線で脅威になりきれてはいないし…。難しいなあ。

先日、ミランは、Trofeo Berlusconiというフレンドリーマッチをサン・ロレンツォと戦い2-0で勝利したんですが、その試合では、パッツィーニ、ボナヴェントゥラがそれぞれゴールを決めています。パッツィーニのゴールは、左からのサポナーラのクロスが相手の選手に当たってコースが変わったところと決めたものでした。やっぱりパッツィーニはああいうのが得意なんだなあ。セリエAでも、もう少しプレータイムが増えればああいう場面も巡ってくるんでしょうが、いかんせん今のところはパッツィーニのプレータイムが短すぎてそういうチャンスもありませんね。理由はよく分からないけど、ピッポの中で彼を先発にするという選択肢はないんですよねえ…。確かに3トップの真ん中というタイプではありませんが。


難しい試合にはなるだろうけど、ピッポも言っている通り、このサンプドリア戦と、インターナショナルウィークをはさんだ、次のインテルとのダービーが踏ん張りどころ。本当にどんな形でもいいから、結果を残して欲しいです。


最後にこの試合のミランの招集メンバーを。

ACミラン
GK:アッビアーティ、アガッツィ、ディエゴ・ロペス
DF:アルベルタッツィ、アルメロ、ボネーラ、デ・シーリョ、メクセス、ラミ、ザッカルド、サパタ
MF:エッシェン、デ・ヨング、ポーリ、サポナーラ、ファン・ヒンケル
FW:ボナヴェントゥラ、エル・シャーラウィ、本田圭佑、メネズ、ニアン、パッツィーニ、フェルナンド・トーレス

スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

取り敢えず負けないで、できれば勝ってインターナショナルウィークを迎えたいですね
頑張れミラン!

  • 2014/11/08(土) 21:04:03 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1866-b5251f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。