赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EURO2016フランス予選 イタリア代表 vs クロアチア代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

EURO2016フランス予選 イタリア代表 vs クロアチア代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評の訳

ガゼッタによるこの試合の評点

gazzetta_snapshot_20141117_1.jpg

何人かの選手評の訳など、内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

イタリア代表
コンテ監督:6

ブッフォン:5 Worst of the Team
ダルミアン:5.5
ラノッキア:7 Best of the Team
キエッリーニ:6
デ・シーリョ:5
カンドレーヴァ:6.5
デ・ロッシ:5.5
マルキジオ:5.5
パスクアル:5.5
ザザ:6.5
イモービレ:5.5
ソリアーノ:6
エル・シャーラウィ:6
ペッレ:6.5


クロアチア代表
コヴァチ監督:6.5

スバシッチ:6
スルナ:6
コルルカ:6
ヴィダ:6
プラニッチ:5.5
モドリッチ:7
ブロゾヴィッチ:6
ペリシッチ:7 Best of the Team
ラキティッチ:7
オリッチ:6
マンジュキッチ:5 Worst of the Team
コヴァチッチ:6
クラマリッチ:6
バデリ:評点なし



一部の選手評の訳

イタリア代表
ラノッキア:7 Best of the Team
スタンドには、その信奉者であり、サン・シーロを自らのスタジアムとしており、今後もそうなるであろうマンチーニがいたが、この晩のラノッキアは全くしくじりがなかった。全くだ。また、ライン目前でゴールを食い止め、祖国を救った。

ブッフォン:5 Worst of the Team
腹の下をボールは滑り抜けた。脆弱なブッフォン、そのことに私たちは今日気づいたわけではない。加齢による当然の結果なのだ。その後、救いとなるセーブをしたが、失敗を取り戻すのは難しい。

ペッレ:6.5
結果論ではあるが、ザザとペッレのコンビで先発することが必要だった。現在イングランドにいる、永遠の出稼ぎ人は、強い肉体を持っており、クロアチアと五分の競り合いができる。彼がいれば、フィールド上での重さと距離を稼ぐことができ、存在感と重さを得ることができる。幸運にもペッレがいる。


クロアチア代表
ペリシッチ:7 Best of the Team
サン・シーロで、なぜベニテスが彼をナポリに連れてきたがっているのかを理解することができた。つまり、ペリシッチは、大きく見事なハンマーであり、テクニックと競争力を持っており、あわや2点目という場面もあった。

マンジュキッチ:5.5 Worst of the Team
突破力のあるフォワードだが、突破できなかった。なぜならば、ラノッキアに手懐けられたからだ。もしクロアチアにフォワードの存在感がもっとあれば、私たちはボロボロにされていただろう。


ブッフォンに対しては酷評。昨日の失点に関してはまあ仕方ないか。また、この寸評にある通り、ブッフォンも来年の1月で37歳。おそらく、EURO2016までは、ブッフォンでいくのでしょうが、そろそろ本格的に後継者を探さねばならないのも確か。シリグなのか、それとも思いっきり若返りをはかって、ペリンなのか。その辺りは今後の代表監督の考え方次第です。

この後、イタリア代表は火曜にジェノバでアルバニア戦を戦います。中1日というタイトな日程のため、このクロアチア戦に出場した選手は基本的に出場しないのではないかと思います。ちなみに、このアルバニア戦は、ちょっと前に起こった洪水被害に対するチャリティとして行われることになっているため、こんなタイトな日程になっているようです。ところが、その試合自体の開催が、先週末頃にイタリア北部を襲った豪雨により危ぶまれるという皮肉…。

一応今朝の練習に参加したメンバーを書いておきます。おそらく、このメンツを中心にアルバニア戦を戦うことになると思われます。
GK:ペリン、シリグ
DF:アチェルビ、ボヌッチ、モレッティ、ロッセティーニ、クリシート、ルガーニ
MF:アントネッリ、アクイラーニ、ベルトラッチ、ボナヴェントゥラ、チェルチ、デ・シルヴェストリ、ガッビアディーニ、パローロ、ポーリ、ストゥラーロ
FW:デストロ、ジョヴィンコ、マトリ、オカカ


アチェルビ、マトリなど、ミランに縁のある懐かしい名前が。アチェルビは、病気を克服しての代表復帰ということで、久しぶりに元気な姿でプレーしているのをみたいです。また一方、オカカ、ロッセティーニという新しい名前も。先日サンプドリアとミランとの試合に、コンテが視察に来ていましたが、そこでみたオカカの姿に魅力を感じたのでしょうか。ガッビアディーニも呼ばれてるし。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1870-761cc920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。