赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2014-15 第14節 ジェノア vs ACミラン プレビュー

セリエA 2014-15 第14節 ジェノア vs ACミラン プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20141207_1.jpg

試合開始まであまり時間もないけど、ちょっとだけ、続きを読む、に。


カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップはこちら。

2014-15_Genoa_vs_AC_Milan_pre.png

ジェノア(3-4-3):
ペリン;ロンカリア、ドゥ・マイオ、イッツォ;エデニウソン、ベルトラッチ、ストゥラーロ、アントネッリ;イアゴ、マトリ、ペロッティ

ACミラン(4-3-3):
ディエゴ・ロペス;ボネーラ、ラミ、メクセス、アルメロ;ファン・ヒンケル、デ・ヨング、ボナヴェントゥラ;本田圭佑、メネズ、エル・シャーラウィ


ジェノアは、6勝2敗5分け勝点23で、ナポリと並んで3位タイ。19得点12失点と、特に突出した数字ではないものの、攻守ともに安定しているという見方もできます。セリエAでの最近5試合では3勝2分けと負けがなく、好調を維持しています。第9節には、ホームでユヴェントスに1-0と勝利しています。ペリンが大活躍したようです。また、ジェノアの下部組織出身で、その試合がトップチームデビューとなった、ロランド・マンドラゴラという17歳のMFが好プレーをみせました。残念ながら、マンドラゴラは今ケガをしており、この試合には出場しません。

監督は、昨シーズン前に復帰したガスペリーニ。元々、選手の再生に定評のある方ですが、昨シーズンは、ジラルディーノを上手く使いこなし、15ゴールという結果を導きました。チーム自体は、14位という順位ながら、一作シーズンには降格圏ギリギリでのセリエA残留も経験していたため、それに比べれば改善したといえるかも。

そして今シーズン、中国の広州恒大に移籍したジラルディーノに代わって、ミランからマトリをレンタルで獲得。そのマトリはここまで、6ゴール4アシストという数字を残しており、十分に合格点の出来と言えるでしょう。ちなみに、マトリ自身はジェノアで結果を出し、ミランに復帰することを望んでいるようです。

その他には、ロンカリア(←フィオレンティーナ)、ピニージャ(←カリアリ)、イアゴ(←トッテナム・ホットスパー)、ペロッティ(←セビージャ)、エデニウソン(←ウディネーゼ)、レスティエンヌ(←アル・アラビ)などを獲得。最終ラインには、ブルディッソもいるんですが、今節は出場停止のため、ロンカリアが先発ということに。

右ウィングでの先発が予想されているイアゴは、バルセロナの下部組織で育ち将来を嘱望された選手でしたが、2008年にユヴェントスに移籍。様々なチームへのレンタルを経て、トッテナムへ。そしてこの夏にジェノアへ完全移籍しました。ボージャンと大体同世代で、いまひとつ伸び悩んでいる感じも似てる気がします。左利きのアタッカーです。

レスティエンヌについては、ミランへの移籍も噂されていましたが、クラブ・ブルージュから、一旦カタールのアル・アラビというクラブが買い上げ、ジェノアにレンタルするというトリッキーな形でジェノアに加入することとなりました。決定的な仕事ができる左利きのアタッカーでまだ22歳と若いので、面白い存在だとは思うのですが、ここまでは、先発3試合、途中出場4試合で、291分という出場時間にとどまっています。

ミランとしては、ジェノアのサイドからの攻撃をいかに食い止めるかが課題になりそう。アントネッリもいるし、ミランの右サイドは結構大変そうです。そういえば、アントネッリもミラン出身なんだなあ…。


ミランは、5勝2敗6分け勝点21で6位。23得点17失点とやはり失点が多い。

最近の5試合では、1勝1敗3分け。5試合勝ち星から遠ざかっていたものの、前節のウディネーゼ戦、2-0と久しぶりの勝利をあげました。この後続く、ジェノア、ナポリ、ローマとの3連戦に向け、チームとして多少良い状態で臨めそうなのは、安心しました。

しかし、アバーテ、アレックス、デ・シーリョ、ムンタリは相変わらずケガで出場できない状態が続いており、最終ラインの構成が厳しいところは変わりません。というわけで、最終ラインは、前節と同じメンバー。

中盤のセンターにはエッシェンが入っていましたが、デ・ヨングがケガから復帰し、先発に戻ってくると予想されています。エッシェンは前節イエロー2枚で退場になったから、出場停止ですし。デ・ヨングのコンディションが少し心配ですが、普通通りに90分プレーできるような状態なら、エッシェンよりもむしろ守備は安定しそうです。

また、前節途中交代ながら、久しぶりにプレーしたモントリーヴォが、先発に復帰するとの予想。前節のファン・ヒンケルは悪くなかったし、まだモントリーヴォのコンディションも100%には戻っていないと思うので、無理はしないで欲しいと思いますが、モントリーヴォのプレータイムを少しずつ伸ばしていかねばならないのも確かなので、インザーギが大丈夫だと判断したのなら、先発も問題ないのでしょう。

なお、ミランは、冬のマーケットで、広州恒大に移籍してしまったディアマンティを獲得しようとしているという報道があります。ディアマンティ自身もイタリアへの復帰に前向きなため、実現する可能性もありそうです。ちなみに、ジェノアから移籍したジラルディーノについては、アタランタへの移籍が取り沙汰されているようです。お金はすごくもらえるけど、やっぱりプロ選手として満足できるだけの刺激を得られないのかもしれません。


最後にこの試合のミランの招集メンバーを。

ACミラン:
GK:アッビアーティ、アガッツィ、ディエゴ・ロペス
DF:アルメロ、ボネーラ、メクセス、ラミ、ザッカルド、サパタ
MF:ボナヴェントゥラ、デ・ヨング、モントリーヴォ、ポーリ、サポナーラ、ファン・ヒンケル
FW:エル・シャーラウィ、本田圭佑、メネズ、ニアン、パッツィーニ、フェルナンド・トーレス


ミッドウィークの14日(水)には、コッパ・イタリアのサッスオーロ戦もあるので、できるだけ人員が欲しいんですが、最終ラインの面子が厳しい感じ。いざとなれば、ポーリを右サイドバックで起用するなんて手もあるけど…。

※コッパ・イタリアの日程に関して、完全に勘違いしていました。2015年1月14日(水)にコッパ・イタリアのサッスオーロ戦が行われる予定です。申し訳ありません。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

マトリは今のミランならそれなりに合いそうな気はしますがね…
リッカスタメン復帰か楽しみだ

  • 2014/12/07(日) 21:20:42 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1882-2e204503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。