赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2014-15 第16節 ASローマ vs ACミラン レビュー

セリエA 2014-15 第16節 ASローマ vs ACミラン レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

2014-15_Roma_vs_AC_Milan_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


ASローマ(4-3-3):
デ・サンクティス;マイコン(81' トロシディス)、マノラス、ヤンガ・エムビワ、ホレバス;ケイタ、デ・ロッシ(74' デストロ)、ナインゴラン;フロレンツィ(66' リャイッチ)、トッティ、ジェルヴィーニョ

ACミラン(4-3-2-1):
ディエゴ・ロペス;ボネーラ、メクセス、サパタ、アルメロ;モントリーヴォ、デ・ヨング、ポーリ(81' ムンタリ);本田圭佑(73' アレックス)、ボナヴェントゥラ;メネズ(88' エル・シャーラウィ)

結果:ASローマ 0 - 0 ACミラン


ローマは、先発にフロレンツィ。リャイッチがなぜかベンチスタート。現時点では理由がはっきりしませんが、ひとつ考えられるのは、中盤のピアニッチが出場停止で不在な分、守備的な役割もこなせるフロレンツィを入れてきたとか、そういうことでしょうか。ミランは、ガゼッタ・デッロ・スポルトの予想通りの先発メンバー。

ガゼッタでは、ミランが中盤の左右を入れ替えると予想されていたんですが、どうやら、前節と同じく右からポーリ、デ・ヨング、モントリーヴォという形のようです。
2分、本田がペナルティエリア右角付近でボールを受け、やや下がるような動きから左足でミドル、デ・サンクティスが弾いたリバウンドをポーリが狙うもデ・サンクティスの正面でキャッチされる。ああいうミドルが増えるといいなあ。そうすると、裏を狙うようなパスの効果も高まるし。
メクセス、メネズは元ローマの選手。メネズがボールに触るだけで、軽いブーイングがスタジアムを包む。『うちでは大して活躍しなかったくせに、ミランで結果を残しやがって』ってことでしょうか。
出場停止のピアニッチに代わり中盤に入っているのは、セイドゥ・ケイタ。マルセイユ、バルセロナなどで活躍し、中国の大連阿爾濱でもプレーしていたケイタですが、現在34歳。もう少し若いイメージでした。バルセロナ時代のイメージが強いかなあ。
9分、ローマが左から速攻、ペナルティエリア内右奥でジェルヴィーニョがボールを受け速いグラウンダーのボールを中央に送る、ミランディフェンスがどうにかクリア。そういえば、ジェルヴィーニョは、この試合が終わると、アフリカ・ネーションズカップのため、しばらくチームを離れることになります。アジアカップに行く本田と同じ立場ですね。
ローマは、予想と違い、ジェルヴィーニョが右、フロレンツィが左にいることが多そう。固定ということではないと思いますが。
21分、ローマが右サイドから細かくつないで、最後は短いクロス、フロレンツィがヘッドで合わせるがディエゴ・ロペスが正面でキャッチ。
その直後、ループパスで最終ラインのギャップをついて抜け出したフロレンツィがペナルティエリア左でボールを受けてシュート、どうにかブロックしてコーナーに。危ないなあ。
25分、左サイドに回っていたジェルヴィーニョがボネーラと1対1に、抜けだされそうになったところをボネーラが倒してペナルティエリア際ギリギリでフリーキック。このフリーキックは、トッティがフルパワーで直接ゴールを狙うもディエゴ・ロペスがブロック、コーナーへ。
29分、左サイドをドリブルで駆け上がったジェルヴィーニョがそのままドリブルでペナルティエリア中央へ、右足でシュートを放つが、ディエゴ・ロペスがブロック、どうにかピンチを脱する。
31分、ローマの左コーナーキック、ショートコーナーから上げたクロスに数人の選手が殺到、その中で、デ・ヨングが上げた左手にボールが当たったものの、ノーホイッスル。ローマの選手たちは当然PKをアピールするも、判定は覆らず。
ローマは、最前線のジェルヴィーニョとフロレンツィだけじゃなく、中盤のケイタとナインゴランも含め、かなり自由にポジションを変えている印象が強い。これでバランスを保つのは、
38分、メネズがペナルティエリア左角付近でドリブルをしかけるがマノラスにボールをひっかけられる、そのこぼれ球をセンターサークル付近から上がってきたメクセスが右足でハードヒット、ボールはローマゴールの左コーナーに向かって良い軌道を描いていたものの、デ・サンクティスが弾き出してコーナーに。メクセス、時々とてつもないゴールを決めたりもするから、油断できない。ミスもあるけど。
マイコンがどこかを傷めたかも。できることなら残したいだろうから、前半終了まで引っ張って、ハーフタイムで状態をみて、無理ならトロシディスあたりと代える感じになるでしょうか。
前半終了。両チームスコアレス。ミランとしては、デ・ヨングのハンドが見逃されたという幸運がありました。それを活かせるといいのですが、後半、何か手をうつ必要はありそうです。

そういえば、この試合のレフェリーは2014ブラジルワールドカップ決勝でも主審を務めた、ニコラ・リッツォーリ。その人が判定をミスったのであれば、仕方がないのかも。ただ、イタリアでは来シーズンから、ゴールに関する判定を担当する専門の審判と、ゴールラインテクノロジーを同時に導入することになっているらしく、こういうことも減るのかもしれません。もしくはもっとややこしいことになるのか、それはやってみないと分かりませんね。

後半開始。両チーム交代なし。マイコンがどこかを傷めたようにみえたのは、気のせいだったか。
開始直後、メネズが右の足首を気にする様子をみせる。プレーを続けるのは難しいかも。と思ったけど、ピッチ外で治療を受けた後、戻ってきました。無理はしない方がいいと思うけど…。
51分、左からのクロスにポーリと本田がやや交錯するようになり、本田の肩に当たってこぼれたボールをメネズが右足でシュートするがヒットしきれず、デ・サンクティスが余裕を持ってキャッチ。
55分、ミランのカウンター、左サイドから中央に流れてきたメネズが上がってきたポーリにパス、ポーリがワントラップからゴールを狙うが枠をとらえることはできず。ポーリのシュートが…。それにしても、急に両チーム間延びしたなあ。
56分、ボナヴェントゥラが左角付近からペナルティエリア内に侵入、右足でシュートを放つがデ・サンクティスがキャッチ。
アルメロがクリアしようとするボールが、高い確率で、なぜか味方ゴール方向に流れていく不思議な現象。
66分、ローマの交代、フロレンツィに代えてリャイッチ。フロレンツィはローマのここまでのチーム内得点王。
67分、デ・ヨングにイエローカード。これでデ・ヨングは次のサッスオーロ戦、累積警告により出場停止。
70分、アルメロが相手選手とのボール争いの際、ボールを手で扱ってしまい、この試合2枚目のイエローカードで退場に。明らかにムダなカード。年明けのサッスオーロ戦にも出場できないしね。アバーテ、デ・シーリョあたり帰ってくるのかなあ。
73分、ミランの交代、本田に代えてアレックス。戦術的交代で仕方ないとはいえ、本人は納得できないだろうなあ。なお、ボネーラが左サイドバックに回るようです。
74分、ローマの交代、デ・ロッシに代えてデストロ。カウンターに入ろうとしたメネズをファールで止めて、イエローカードを受けたデ・ロッシをスパッと変えてくるあたり、策士です、リュディ・ガルシア監督。
81分、ミランの交代、ポーリに代えてムンタリ。結果論ではあるけど、メネズが痛めた場面で思い切って交代をしていれば、もっと前向きなカードの切り方ができたんじゃないかと思うと少し残念。
同じく81分、ローマの交代、マイコンに代えてトロシディス。
83分、左サイドからのクロスがファーポストに抜ける、ディエゴ・ロペスが追いかけるが目測を誤り、ボールに触れず、ペナルティエリア内に入ってきていたトロシディスがダイレクトで狙うが枠を大きく外す。助かった。
86分、ペナルティエリア前でボールを受けたジェルヴィーニョがドリブルでペナルティエリア内へ、ディフェンスを引きずりながら、左足でゴール方向にボールを送る、デストロが飛び込むがディエゴ・ロペスが先にボールを抑える。デストロの足がディエゴ・ロペスの顔に当たったことに怒ったメクセスが掴みかからんばかりの姿をみせ、結果イエローカード。累積とか大丈夫なんでしょうか…。
88分、ミランの交代、メネズに代えてエル・シャーラウィ。
90+2分、ローマの右コーナーから、ペナルティエリア外でボールを受けたジェルヴィーニョがペナルティエリア内へパス&ゴー、ヤンガ・エムビワがヒールで残したボールを飛び出してきたジェルヴィーニョが受けてシュートを放つ、しかしこれもディエゴ・ロペスがブロック。

試合終了。スコアレスドローという結果に。ミランとしては、約20分を10人で戦ったことを考えれば、及第点。逆にローマとしては、フラストレーションの溜まる試合だったかと思います。


2014年、ミランの公式戦はこれで最後。一応、年末の12月30日に、ドバイでレアル・マドリーとのフレンドリーマッチが行われる予定ですが、どんなメンバーが出るのか分からないんですよねえ…。おそらく、スポンサー付きのフレンドリーマッチでしょうから、そんなにメンバーを落とすわけにもいかないとは思うんですが。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

相性いい相手だし勝てる試合だったなぁ…
アルメロへの謎カードは糾弾されるべき

  • 2014/12/21(日) 14:50:34 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

負けなくて良かったと前向きにとらえますか f^_^;
でも、カードの累積とか怪我人とか代表で不在とか
年明けのゲームが怖いよぉ
レアルとの親善試合も楽しみだったんだけど。
ボコボコにやられて欲しくはないな~
頑張れ、ミラン!

  • 2014/12/22(月) 12:03:15 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1892-ea3978a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。