赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2014-15 第17節 ACミラン vs サッスオーロ レビュー

セリエA 2014-15 第17節 ACミラン vs サッスオーロ レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

2014-15_AC_Milan_vs_Sassuolo_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


ACミラン(4-3-3):
ディエゴ・ロペス;ラミ(74' アバーテ)、アレックス、サパタ、デ・シーリョ;ポーリ、エッシェン(65' チェルチ)、モントリーヴォ;ボナヴェントゥラ、メネズ、エル・シャーラウィ(70' パッツィーニ)

サッスオーロ(4-3-3):
コンシッリ;ガッツォーラ、カンナヴァロ、アチェルビ、ペルーゾ;ビオンディーニ、マニャネッリ、ミッシローリ;ベラルディ(77' ブリーギ)、ザザ(88' フロッカリ)、サンソーネ(85' フロッカリ)

結果:ACミラン 1 - 2 サッスオーロ

得点者:
ACミラン9' ポーリ
サッスオーロ28' サンソーネ 68' ザザ

ミランは、アトレティコ・マドリーからレンタルで移籍してきたチェルチがベンチ入り。先発としてプレーできるコンディションではないとのことですが。また、メクセス、ボネーラが負傷により欠場を余儀なくされたものの、アバーテ、デ・シーリョがケガから復帰。アバーテについては、まだ万全ではないようで、先発には入っていません。アルメロはベンチにも入らず。移籍することになるんだろうなあ…。

サッスオーロには、昨年のほぼ同時期にミラン戦で4ゴールをあげたベラルディがいます。4-3でサッスオーロが勝利し、アッレグリ監督解任のきっかけとなった試合でした。イタリア代表として、存在感を増してきているザザもいるし、特に攻撃陣に関しては、あなどれないチームです。

それにしても、もう折り返しの第17節なんですね。早いなあ…。

9分、右からのグラウンダーのクロスにエル・シャーラウィが中央で合わせるもディフェンスがブロック、そのこぼれ球を飛び出してきたポーリがディフェンスと競り合いながらゴール左隅に流し込んでミラン先制。ナイスゴール。ポーリが得点したのが何よりも嬉しい。ポーリがこういう仕事をしてくれると、ミランとしては今後にかなりの期待がもてそうなので。
アレックスは、なんだかんだで、良いCBだと思います。メクセス、サパタ、ラミもいるし、年齢層が高めであるという問題点を除けば、最終ラインにそれなりの駒は揃ってるんですよね。もちろん、ネスタやチアゴ・シウバと比べれば、
21分、左サイドをドリブルで駆け上がるエル・シャーラウィ、やや中央に絞りながらペナルティエリア内中央のスペースへパス、飛び出してきたポーリとわずかにタイミングが合わず、GKがボールを処理。形は良かった。けど、エル・シャーラウィが直接ゴールを狙ってもよかったと思うなあ。
24分、エッシェンが自陣でパスミス、サッスオーロにカットされ、ペナルティエリア内左でザザがキープ、残したボールをサンソーネが飛び出して受けるがミランディフェンスにわりとあっさり引っかかる。助かった。
28分、ベラルディがペナルティエリア内の微妙なスペースへ絶妙のループパス、飛び出したサンソーネが鮮やかな胸トラップから右足でゴール左隅に沈めてサッスオーロ同点。難しいなあ…。
32分、右からミランのペナルティエリア内左へのパス、飛び出したミッシローリがほぼどフリーで受ける、マイナスにグラウンダーで折り返すがザザは合わせきれず。
33分、サッスオーロのカウンター、スルーパスにベラルディが抜け出してそのままペナルティエリア内に侵入、右足でシュートを放つも枠の左へ外れる。
38分、ペナルティエリア内左にサンソーネがトリブルで侵入、切り返してクロスをあげる、飛び込んできたビオンディーニが右足で合わせに行くがシュートはできず。
前半終了。1-1の同点。失点した途端に、縮こまったプレーしかできなくなるというミランのダメな部分は変わらず。右に回ったボナヴェントゥラの存在感が攻撃面ではかなり希薄なのが気になる。

後半開始。両チーム交代なし
試合時間60分を経過。後半開始から15分以上。後半これだけの時間を経ても、いまだ両チーム、シュートらしいシュートはなし。
ミランはどうやらチェルチが交代出場を用意している模様。誰と代えるんだろう。
65分、ミランの交代、エッシェンに代えてチェルチ。チェルチの背番号は、カカの着けていた22番です。おそらく、ボナヴェントゥラが一列下がってプレーすることになるので、守備に関してはやや怖さも…。
67分、センターサークルからゴール前のスペースへのパスにチェルチが飛び出すも、コンシッリがクリア。
68分、サッスオーロの左コーナーキック、ニアポストへの速いボールにザザが左足のボレーで合わせてサッスオーロ逆転ゴール。コーナーキックでこれだけ脆いと本当にキツイなあ…。
70分、ミランの交代、エル・シャーラウィに代えてパッツィーニ。
75分、ミランの交代、ラミに代えてアバーテ。
同じく75分、ペナルティエリア内でループパスを受けたパッツィーニが胸トラップから強引にシュート、良いコースにいっていたものの、コンシッリが弾き出す。
77分、サッスオーロの交代、ベラルディに代えてブリーギ。
78分、ペナルティエリア内右でボールを受けたチェルチ、左足でシュートを放つもGKの正面。
85分、サッスオーロの交代、サンソーネに代えてフローロ・フローレス。
88分、サッスオーロの交代、ザザに代えてフロッカリ。
ミランは、アレックスも前線に上げて、パワープレーに。しかし効果はあまりなし。

試合終了。2-1でサッスオーロが勝利。同点に追いつかれた後の失速感があまりにもヒドすぎた。振り出しに戻っただけだから、落ち着いてプレーすればいいはずなんですけどね。ベテランもたくさんいるのになあ…。セットプレーでの失点グセも相変わらずだし、後半戦も厳しくなりそう…。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

マドリー戦で中盤の配球係りとして存在感を示したリッカがサッパリどころか不用意なロストにパスミス連発と足を引っ張ったのがなぁ

3センターは守備の意識が低すぎて中盤にポッカリとスペースができるのは全然改善しない

433やるには中盤に梃入れしないと厳しい

  • 2015/01/07(水) 07:35:39 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

リッカ酷すぎ、もっと攻守のバランス考えてプレーしろよ
復帰してからも何回同じことやってんの
イタリア人とかキャプテンとか特別扱いはいらないからとっとと外してヒンケル使えよ
彼のほうがまだ若手とは思えない落ち着いたプレーしてたぞ

  • 2015/01/07(水) 14:29:55 |
  • URL |
  • 名無しの壺さん #-
  • [ 編集 ]

ヒンケルは怪我ですし、ミランでの彼は何一つインパクトを残していません。レンタルバックの話もありますし、出てない選手に多くを期待するべきじゃないでしょう

  • 2015/01/07(水) 22:10:03 |
  • URL |
  • アソコデラックス #-
  • [ 編集 ]

アルメロは出場停止じゃなかったっけ

既に仰っている方が居ますがヒンケル最後に出たのはいつですか?逆にリッカは直前の試合の12/30のRマドリー戦の時点でいいプレーをしていたので出るのは当然かと。
ただリッカが嫌いなだけだと思いますが。

  • 2015/01/08(木) 07:55:19 |
  • URL |
  • まっておるびん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1903-f8cc8f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。