赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2014-15 第25節 キエーヴォ vs ACミラン プレビュー

セリエA 2014-15 第25節 キエーヴォ vs ACミラン プレビュー

今日のガゼッタ・デッロ・スポルトによる両チームの先発予想はこちら。

gazzetta_snapshot_20150228_1.jpg

前半戦の同カード、第6節のプレビューレビューガゼッタによる評価

ちょっとだけ、続きを読む、に。


カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップはこちら。

2014-15_Chievo_vs_AC_Milan_pre.png

キエーヴォ(4-4-2):
ビサーリ;スケロット、ダイネッリ、ツェサル、ズカノヴィッチ;ビルサ、イスコ、ラドヴァノヴィッチ、ヘテマイ;パロスキ、メッジョリーニ

ACミラン(4-3-1-2):
ディエゴ・ロペス;ボネーラ、ボッケッティ、アントネッリ;ポーリ、デ・ヨング、モントリーヴォ;ボナヴェントゥラ;デストロ、メネズ


キエーヴォは、6勝12敗6分け勝点24で16位。18得点、30失点という成績。30失点はさほど多くないものの、18得点は、リーグ最少で、勝点が伸びない要因となっています。得点源のひとつだった、テレオーをウディネーゼに放出した影響があるのかもしれません。今シーズン、テレオーは、ウディネーゼでセリエA8ゴール、コッパ・イタリア3ゴールとそれなりの結果を残していますし。

開幕から7試合で5敗を喫したことを受け、昨年の10月19日に、エウジェニオ・コリーニ監督を解任。ロランド・マラン新監督を迎えています。

チーム内得点王は、パロスキで4ゴール。やはり少なめ。2トップを組むことの多いメッジョリーニ、35歳のベテランFWであるペリッシエールが3ゴールで続いています。

冬のマーケットでは、CBのアンダーソン、MFのマッティエッロ、ヴァユシ、クリスティアンセン、フェトファツィディス、FWのポッツィと、意外に大幅な補強。アタッカー系の選手が多く、得点力の強化を図っているものと思われますが、まだ誰も定位置を確保するにはいたっていません。

ということで、基本的には、ビルサなどがサイドから狙っていく攻撃が主体になりそうです。ミランとしては、あまり得意な形ではないので、要注意。


ACミランは、8勝7敗9分け勝点33で、パレルモ、トリノと並んで、9位タイ。前節、ボナヴェントゥラの活躍により、チェゼーナに2-0で勝利したものの、内容的にはいまいち。このキエーヴォ戦は、本格的にチームを立て直すうえで、非常に重要な試合になりそうです。

オフェンス面でやや迫力に欠け、チェゼーナのチーム状態に救われたところもあるとはいえ、結果として上手くいった前節と、システム、メンバーともにほぼ同じ先発で臨むという予想。変更点は、前節出場停止だったディエゴ・ロペスが戻ってきたことと、ラミが右足のふくらはぎを負傷したため、アレックスに変わっていることの2点です。

ということで、前節同様、デストロとメネズの2トップで、トップ下にボナヴェントゥラという形。前々節に、ミラン移籍後初ゴールを決めたデストロですが、前節は、ダメでした。最終ラインからのロングボールの質が決して高くないとはいえ、せめてもう少しボールをキープする回数を増やしてくれないと厳しいです。この試合で何かの結果を残さないと、先発を維持するのは難しいかも…。

前節、試合終了直前に交代出場したチェルチが、その起用法についてインザーギ監督に異議を唱え、試合後両者が一触即発の事態に陥ったという報道がありました。ガッリアーニが仲裁に入って事なきをえた、という話ですが、ピッポはこの試合に向けてのプレスカンファレンスで、「チェルチから起用法についての質問を受けたので、それに答えただけで、問題はない」との説明をしており、チェルチも確執は残っていないと明言しています。よって、先発予想には入っていませんが、当然召集メンバーには入っています。

この試合に勝てば、ある程度自信を取り戻せるし、勢いもつくはず。とにかく今のチームに欠けているのは、自分たちに対する自信だと思うので、どうにか連勝を!!

最後にこの試合のミランの招集メンバーを。

ACミラン
GK:アッビアーティ、ディエゴ・ロペス、ゴリ
DF:アントネッリ、アレックス、ボッケッティ、ボネーラ、カラブリア、メクセス、パレッタ
MF:エッシェン、デ・ヨング、モントリーヴォ、ムンタリ、ポーリ、スソ、ファン・ヒンケル
FW:ボナヴェントゥラ、チェルチ、デストロ、本田圭佑、メネズ、パッツィーニ


4試合の出場停止期間が終わったメクセスがメンバー入り。パレッタも負傷から復帰。ちなみに、アレックスは前々節で鼻骨を骨折しており、フェイスガードをつけての出場になると思います。本田も1試合フルに休んだわけだし、この試合には出場して欲しいなあ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

途中出場の時の本田って低調のまま終わるイメージが強いんだけど、なんでだろ

  • 2015/02/28(土) 21:12:14 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1939-f93274e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。