赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA 2014-15 第25節 キエーヴォ vs ACミラン レビュー

セリエA 2014-15 第25節 キエーヴォ vs ACミラン レビュー

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

2014-15_Chievo_vs_AC_Milan_re.png

試合結果、試合内容は、続きを読む、で。


キエーヴォ(4-4-2):
ビサーリ;マッティエッロ、ダイネッリ、ツェサル、ズカノヴィッチ;スケロット、イスコ、、ヘテマイ、ビルサ(82' ラドヴァノヴィッチ);ペリッシエール(69' パロスキ)、メッジョリーニ(76' フェトファツィディス)

ACミラン(4-3-1-2):
ディエゴ・ロペス;ボネーラ、ボッケッティ、アントネッリ;ポーリ、デ・ヨング(78' チェルチ)、モントリーヴォ(46' 本田圭佑);ボナヴェントゥラ;デストロ(65' パッツィーニ)、メネズ

結果:キエーヴォ 0 - 0 ACミラン


キエーヴォは、右サイドバックのマッティエッロ、FWのペリッシエールと、ややガゼッタ・デッロ・スポルトの予想とは違う先発メンバー。マッティエッロは、ユヴェントスからのレンタルで、まだ19歳の選手です。ミランの方は、ウォームアップでボナヴェントゥラが負傷し、先発を外れるとの報道もあったものの、結局ガゼッタの予想と同じ。

8分、ボネーラが右サイドからペナルティエリア内へロングクロス、デストロが飛び込んで右足で合わせるがそのままGKへ。形としては、良い感じ。
なお、試合の開始が予定よりも15分遅くなったのは、財政面で危機的状況にあるパルマについての、選手協会からの抗議によるものだそうです。パルマは、スタッフや警備員に支払うお金が無いために、前節のウディネーゼ戦を延期するという極めてマズい状況に陥っており、パルマの選手たちは、今節のジェノア戦をボイコットする意向。なお、パルマのクラブハウスはすでに閉鎖されており、中からは、PCなどの売れそうな物が運びだされています。
22分、左からの速いグラウンダーのパスを受けたメッジョリーニが、ワントラップから反転して左足でシュート、しかし枠をとらえることはできず。
25分、一発の縦パスでペナルティエリア右角付近にペリッシエールが抜けだす、ボッケッティをあっさりとかわしてペナルティエリア内へ侵入、ディエゴ・ロペスとの1対1に、ディエゴ・ロペスが身体を張って止め、最後は戻ってきたアントネッリがコーナーに逃げる。
最近、ミランに対しては、ほぼ全てのチームが前からガンガンプレスをかけてくるんですが、これだけプレスをかけてくれば、当然どこかにスペースはあるはずで、ロングボールでそこを狙うようなプレーができれば、もっと楽に戦えそうなんですよね。でも、それが出来ないことが分かっているからこそ、前からプレスをかけてくるんでしょうし、今の面子じゃやっぱり無理なのかなあ。
45分、右サイドをボナヴェントゥラが突破、高いクロスをあげる、ペナルティエリア内左でメネズが受けて、後方のモントリーヴォへ、モントリーヴォがシュート性のボールをゴール前へ、デストロが飛び出してヘッドで合わせるが枠を大きく外す。
前半終了。両チーム得点なし。

後半開始ミランは、モントリーヴォに代えて本田圭佑。どうやら本田は右ウィングに入る模様。
48分、右サイドから中央にドリブルで入っていった本田が左足のミドル、クロスバー直撃でゴールキックに。惜しい。
53分、ディエゴ・ロペスの中途半端なパスがカットされ、一気にキエーヴォのチャンスに、左サイドからのクロスはディフェンスに当たってイヤなディフレクションをするが、結局はコーナーに。危ない。
58分、ボナヴェントゥラが右サイドからドリブルで突破してクロス、デストロが飛び込むもディフェンスと交錯して倒れる、ミランはPKを要求するが認められず。
64分、キエーヴォのカウンター、右サイドに抜け出したスケロットがペナルティエリア右角付近から右足でシュート、ディエゴ・ロペスが弾き出してコーナーに。
65分、ミランの交代、デストロに代えてパッツィーニ。
66分、今度はミランのカウンター、右サイドにメネズが抜け出して速いボールを中央へ入れる、ミランの選手も飛び込んでいたものの、マッティエッロが身体を投げ出してクリア。
67分、右サイドからメッジョリーニが抜け出す、ペナルティエリア内まで侵入し折り返そうとしたところ、最後は追いついたデ・ヨングがキレイにタックルで食い止める。
69分、キエーヴォの交代、ペリッシエールに代えてパロスキ。
70分、ペナルティアーク付近で左からのボールを受けたパロスキ、ターンして右足でシュート、ディフェンスにブロックされながらもゴールに向かったボールはディエゴ・ロペスが弾き出してコーナーに。
76分、キエーヴォの交代、メッジョリーニに代えてフェトファツィディス。
78分、ミランの交代、デ・ヨングに代えてチェルチ。デ・ヨングは右足の太もも裏あたりを痛めた感じ。
82分、キエーヴォの交代、ビルサに代えてラドヴァノヴィッチ。
88分、メネズのスルーパスにパッツィーニが抜け出してペナルティエリア内へ、右足でシュートにいくがディフェンスに身体を入れられシュートを打てず。

両チームスコアレスのまま試合終了。デストロ先発は無理かなあ…。


ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、選手評を記事にする予定です。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

前節との大きな違いは中盤の出来だなあ
特にリッカとポーリがいいプレーをしながらイージーなミスをするという不安定さ
メネズには後半フリーのチャンスが数回あったけどいいパスを中に送れずボナベンも頑張ってキープしてたけどそこで止まってた
逆に中盤から一発デストロ狙いのボールは前よりは入るようになった感じ
後半は本田投入は惜しいミドルもあってまあ悪くないけどその後パッツォ、チェルチの投入とフォメ変更は変える度に閉塞感が増していった。。

  • 2015/03/01(日) 09:20:27 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/1940-0a37ec9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。