FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

2014ブラジルワールドカップ予選 イタリア代表 vs デンマーク代表 レビュー

2014ブラジルワールドカップ予選 イタリア代表 vs デンマーク代表 レビュー

今日のガゼッタの表紙。タイトルは『これがイタリアだ!

gazzetta_snapshot_20121017_2.jpg

この試合の両チームの先発、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Italy_national_Denmark_re.png

試合内容などは、続きを読む、で。


イタリア代表(4-3-1-2):
デ・サンクティス;アバーテ、バルザーリ、キエッリーニ、バルザレッティ;デ・ロッシ、ピルロ、マルキジオ;モントリーヴォ;バロテッリ、オスヴァルド

デンマーク代表(4-2-3-1):
アンデルソン;ヤコブセン、ケアー、アッガー、シルバーバウアー;ストックホルム、クヴィスト;ロンメダール、エリクセン、クローン・デリ;ベントナー

33分イタリア代表、左サイドでのバロテッリとのパス交換からゴール前でフリーになったモントリーヴォのミドル。キーパー1歩も動けず。イタリア先制!
37分、右サイドからのピルロのクロスをデ・ロッシがヘッドでジャストミート、2-0!!
前半ロスタイム、デンマークがクヴィストのゴールで1点を返す。

46分、中盤でオスヴァルドとストックホルムが絡んでストックホルムが転倒。判定はオスヴァルドのファール、しかも一発レッド!!これはちょっと厳しい判定。確かに手は顔に当たったのかもしれないけど。
54分バロテッリピルロからのディフェンスラインの裏を狙うロングボールでゴール前に抜け出して、飛び出してきたGKよりも先に、そのロングボールに触る。そのボールがそのままゴールに入ってイタリア追加点!!3-1!!これでほぼ試合は決まりかな、という得点。

イタリアらしい堅実な戦いだったな、という印象。オスヴァルドの退場は完全に計算外だったし、デンマークは予想以上にしっかりしたチームだったけど、左サイドバックにシルバーバウアーという謎の起用に助けられた感も。本当になぜシルバーバウアーだったんだろう。おそらく、オルセン監督は本国のメディアからは、その質問を受けてるはず。

と思って調べてみると…。まず、先発で出場する予定だったS・ポウルセンがケガ。代役として、ブルガリア戦でも途中出場しているムティリガを出場させようとしたものの、本人が拒否。理由は、最初の段階で自分が先発じゃないことが気に入らないから、だそうで、やむなくシルバーバウアーを起用した、という経緯らしい。なんじゃそりゃ。なお、ムティリガはこの試合ベンチ入りも許されず、少なくともオルセン監督の在任期間中は二度と呼ばれることはないでしょう。

http://wwos.ninemsn.com.au/article.aspx?id=8549297

こちらにオルセン監督のコメントが。抄訳します。

(前略)
試合後、オルセンは、なぜムティリガが代表で二度とプレーすることがないのかを説明した。

オルセンはこのように語っている。
「彼がデンマーク代表としてプレーするのは先日の試合が最後だ。」

「自分が先発の11人に入っておらず、代わりにS・ポウルセンが先発だったことが、あまりにも不愉快だから、という理由で、彼は試合に向けてのウォームアップを拒否した。」

「許されないことだ。」

ムティリガは、ガンビアにルーツを持つが、コペンハーゲン生まれである。

31歳のディフェンダーである彼は、デンマーク代表として6キャップを経験し、デンマークチャンピオンのノアシェランでプレーしている。


プレーを拒否するっていうのは…。他の選手はこの件について何も聞かされていなかったようで、ベントナーも試合後にはじめてその話をインタビュアーから聞き、とても驚いていたようです。

なにはともあれ、これでイタリアは4試合を終えて、3勝1分けの勝点10でグループリーグトップを維持。まだ、チェコとの対戦をしていないとはいえ、多少楽な状況になって来ました。

スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/221-99c2ab94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)