FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

2014ブラジルワールドカップ予選 イタリア代表 vs デンマーク代表 ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点

ガゼッタ・デッロ・スポルトによるイタリア代表vsデンマーク代表の評点。

gazzetta_snapshot_20121017_1.jpg

イタリア代表
プランデッリ監督:7.5

デ・サンクティス:6.5
アバーテ:6
バルザーリ:7
キエッリーニ:6.5
バルザレッティ:6
デ・ロッシ:7
ピルロ:7.5
マルキジオ:7
モントリーヴォ:7
オスヴァルド:4
バロテッリ:8 Man of the Match
カンドレーヴァ:6
ジャッケリーニ:採点なし


バロテッリに対して、8という高得点。『難しい守備的な状況でイタリアの救世主に』という選手評。退場になったオスヴァルドに対しては4。『愚かにも相手選手の顔に手をかけ、イタリアを10人の状況に陥れた』との評。まあ当然か。

なお、デンマーク代表に関しては、最高がヤコブセン6.5、ゴールをあげたクヴィスト6.5で、ストックホルム6ケアー5.5で、あとは軒並み5が並ぶ。GKのアンデルセンはバロテッリのゴールに対するミスを指摘され、4.5=デンマークの最低点。オルセン監督5でした。

結果、両チームでの最低点はオスヴァルドということに。
退場に対して厳しいですね、ガゼッタは。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/222-b7c0d685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)