FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【日本人選手情報】プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs トッテナム プレビュー

日本人選手情報】プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs トッテナム プレビュー

前節終了時点で、サウサンプトン19位トッテナム5位と好対照な状態の両チーム。
状態というよりもチーム力の差が大きいのかもしれないけど。

両チームの先発予想はこんな感じ。

Southampton_vs_Tottenham_pre.png

内容については、続きを読む、で。


サウサンプトン(4-1-4-1):
ボルツ;クライン、フォンテ、吉田麻也、フォックス;シュナイデラン;パンチョン、S・デイヴィス、ワード・プラウズ、ララナ;ランバート

トッテナム(4-2-3-1):
フリーデル;ウォーカー、ギャラス、コーカー、フェルトンゲン;サンドロ、デンベレ;レノン、デンプシー、ベイル;デフォー

サウサンプトンは、前節のウェストハム戦、フォックスが故障欠場。その穴を吉田麻也左サイドバックに入って埋めるという無理のあるシステムで戦い、1-4という完敗。そのフォックスは今節復帰する予定。なので、吉田麻也は本来のセンターバックに戻るはず。前節のホーイフェルトはまあまあ悪くなかったけど、トッテナム相手だとスピードの無さは致命的になりそうなので、起用はないかなあ、と。また、中盤の密度を上げるため、中盤にはワード・プラウズを起用すると予想。前節起用したグリーが…。アドキンス監督はお気に入りみたいだけど、特に何かを起こす予感もない選手なんだよなあ。ガーディアンではトップ下にグリーという予想なのですが。トップにはランバートが復帰すると思う。前節、ランバートを外した判断に関して、ボロボロに叩かれてたし、さすがにランバートを戻すだろう。ロドリゲスも悪くなかったけど、得点力という点ではランバートの方が上っぽい。本当はランバートとロドリゲスを両方うまく使えればいいんだろうけど、この試合は中盤の密度を上げる方が重要だと思う。

トッテナムに関して、大まかな選手の情報については、マンチェスター・ユナイテッドとの試合のプレビューとして書いた、こちらの記事をご覧ください。
前節のチェルシー戦には2-4で敗戦、ミッドウィークのヨーロッパリーグ、マリボル戦では1-1のドロー。とは言え、特に調子を落としているという印象はないかな。今回の先発予想は、ユナイテッド戦と同じメンバー。上述の2試合、デンベレベイルが欠場してたけど、今節には両方復帰予定。ベイルの復帰はほぼ間違い無し。ダメならデンプシーかレノンが左で、シグルドソンがセンターに入る感じかな。デンベレについては100%ではないようなので、もし欠場するなら代役は前節と同じくハドルストーンが入ると思われる。チェルシーほどの厳しさはないので、ハドルストーンでも問題ないか、とは思うが。

この両チームが最後に対戦したのは2005年でその時には1-0でサウサンプトンが勝利。それ以前にもサウサンプトンホームではサウサンプトンが4連勝しているらしい。ただ、明らかにその時代とは状況が違うよね…。サウサンプトンとしては、とにかくできるだけスペースを空けないこと。それに尽きる。特に中盤でスペースを与えると簡単にやられるよ、ユナイテッドみたいに。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/277-27f29666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)