FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【日本人選手情報】セリエA 2012-13 ボローニャ vs インテル

両チームの先発メンバーはこちら。。

Bologna_vs_Inter_re_2.png

試合結果などを、続きを読む、に。



ボローニャ(4-3-1-2):
アリアルディ;ガリクス、アントンソン、ケルビン、モルレオ;テデール、パツィエンツァ、グアレンテ;ディアマンティ;ガッビアディーニ、ジラルディーノ

インテル(3-5-2):
ハンダノヴィッチ;ラノッキア、サムエル、フアン;サネッティ、ムディンガイ、ガルガーノ、カンビアッソ、長友佑都;ミリート、パラシオ

ボローニャでは、中盤にグアレンテが。システムには予想と変化無し。
インテルの方は、カッサーノがベンチスタート。ムディンガイが先発でガルガーノが中盤とトップのつなぎ役になる感じ。システムも3-5-2になると思う。

27分、セットプレーからラノッキアがゴール! インテル先制!!
このゴールの際にサネッティがベンチのカッサーノの元までいってセレブレーション。カッサーノは昨日のプレスカンファレンスではストラマッチョーニが必ず出場させると言っていたのに、なぜか今日はベンチスタート。その理由については試合後のインタビューで分かるだろう、と英語実況が言っています。

後半開始。53分、パラシオからミリート、ミリートがきっちり決めてインテル追加点!!
58分ボローニャのショートコーナーからケルビンがゴール!ボローニャも追いかける。
64分、左サイドからミリート→パラシオ→カンビアッソと鮮やかにつないで最後はカンビアッソが冷静にキーパーをループで越えるシュート、インテル3-1に!!!
ガルガーノとペレイラの交代に伴って長友は右サイドへ。なんて便利な…。
その後ボローニャの決定的なシーンもあるが最後のところでインテルがこらえて3-1のまま試合終了

長友に対するGoal.comインターナショナル版による選手評。

長友佑都:3
いつもと同じように、日本人選手は常に高いポジションをとり、カンビアッソのゴールに絡んだ。ディフェンスも良かったので、全体的に言うと、それなりに良いプレーだった。


インテルのバックラインの選手たちは軒並み3.5なので、あまりほめられてはいない感じ。だけど、僕は良かったと思う。単純にあれだけ走られたら、対面の選手イヤになるだろうし。

それにしてもインテルはやるね。何だかんだで勝ち続けてる。11月3日のユヴェントス戦に向けて調子が上向いている感じなので、ぜひユーヴェにも勝ってセリエAを盛り上げて欲しい。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/282-55ca981c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)