FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

セリエA 2012-13 パレルモ vs ACミラン プレビュー by ガゼッタ・デッロ・スポルト

セリエA 2012-13 パレルモ vs ACミラン プレビュー by ガゼッタ・デッロ・スポルト

今季初の連勝に挑むミラン。対するは18位のパレルモ

ガゼッタ・デッロ・スポルトによる先発予想がこちら。

gazzetta_snapshot_20121030_1.jpg

カナ表記にしたフォーメーション&マッチアップ図など、続きを読む、で。


Palermo_vs_AC_Milan_pre.png

パレルモ(3-4-2-1):
ウイカニ;ムニョス、ドナーティ、ベルゲン;モルガネッラ、バレート、クルティッチ、ガルシア;イリチッチ、ブリエンツァ;ミッコリ

ミラン(3-4-3):
アメリア;メクセス、ボネーラ、ジェペス;アバーテ、モントリーヴォ、アンブロジーニ、コンスタン;エマヌエルソン、パト、エル・シャーラウィ

パレルモ1勝4敗4分け勝点7で18位。得点6、失点11と得点力不足が目に付く。
監督は今季就任したばかりのジャン・ピエロ・ガスペリーニ。昨シーズン、インテルでシーズン開始早々に解任されたのが記憶に新しい。プロビンチャの方が合ってるんじゃないかなと思う。
パレルモのメンバーをみると懐かしい名前が。個人的に『おっ』っと思ったのはドナーティ。期待の若手ミッドフィールダーとして、ミランに来たけど、ほぼミランでは出番なくて、色んなところを転々と。ちょっと前まではセルティックでプレーしてたけどイタリアに帰ってきてたんだね。しかし、なぜか最終ラインの真ん中。リベロ的な役割なんだろうな。そして、ワントップのミッコリ。ユヴェントスでもイタリア代表でも、アタッカーとして期待されていながら、あまり活躍の機会がなく、与えられたチャンスもいまひとつ活かせず。結局ドナーティと同じように色んなところを転々と。ベンフィカあたりで活躍してた印象が。2007年以降はパレルモの不動のエースに。サイズはないけど、テクニックと動きのキレで得点を狙う、ある意味非常にイタリア的なストライカーです。
そのミッコリをサポートする、ブリエンツァは33歳、左利きの攻撃的ミッドフィールダー。同じく左利きだし、攻撃的MFでウィングもこなす点も同じなので、イリチッチもかなりタイプ的には似てる。イリチッチは、スロヴェニア代表の24歳。タイプ的な部分も考えると、ミッコリ含めた前線の3人が入れ替わったりするのかな。
しかし、こうやって考えると結構各国代表がプロビンチャにもいるんですね。右サイドのモルガネッラは最近スイスのフル代表デビューをしたみたいだし。

ミランは、こちらの登録メンバーに関する記事で書いたように、ボアテングが欠場デ・シーリョもこの試合には間に合わず。週末のセリエA、キエーヴォ戦、その後のミッドウィークのチャンピオンズリーグ、マラガ戦に向けてしっかりと調整して欲しいです。アントニーニもジェノア戦での故障により、欠場。

前節欠場していたメクセスは、アッレグリによると、『練習に遅刻したため、罰として先発剥奪』だったそうで、パレルモ戦には先発復帰の予定。アッビアーティもベンチにはいるけど、まだ先発というわけにはいかない模様。
アントニーニがいないため、左ウィングバックにはコンスタンエマヌエルソンでいいと思うんだけどなあ。前線にパトを起用するのは、プレスカンファレンスでアッレグリが明言。とにかく早いタイミングで点が取れるといいなあ。ボージャンももう少し使って欲しいんだけど、難しいか。エマヌエルソン左ウィングバックで、ボージャン右ウィングもありかな、と思う。
予想よりは早くムンタリが復帰。コンディション的にはまだまだだろうから、それほど大きな期待はできないかもしれないけど、攻撃力ではコンスタンよりも上だろうから状況によっては投入される可能性も。ミランとしては、とにかく失点をせずに試合を進めて、じっくり攻撃のチャンスを作って行きたい。モントリーヴォパトに期待。当然、エル・シャーラウィにも。

ヨーロッパのサマータイム期間が終わって試合開始が1時間遅くなっちゃったんだよなあ。
それでもこの試合は何とかしてリアルタイムで観よう。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/289-363c59da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)