FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【海外の反応】長友佑都、フル出場&パラシオがGKに メディアによる選手評の訳も コッパ・イタリア 2012-13 インテル vs ヴェローナ レビュー

海外の反応長友佑都、フル出場&パラシオがGKに メディアによる選手評の訳も
コッパ・イタリア 2012-13 インテル vs ヴェローナ レビュー


両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Coppa_Italia_Inter_vs_Verona_re.png

試合内容、メディアによる選手評の訳は、続きを読む、で。
選手評の訳は下の方にあります。


インテル(3-4-1-2):
カステラッツィ;シルヴェストレ、キヴ、フアン;ヨナタン、マリガ、ダンカン、長友佑都;アルヴァレス;パラシオ、カッサーノ

ヴェローナ(4-3-3):
ラファエル;アッバーテ、モラス、マイエッタ、アルベルタッツィ;ジョルジーニョ、バチノヴィッチ、ハルフレドソン;ゴメス、カーチャ、グロッシ

インテルは予想通り、キヴが復帰。サネッティ、グアリンがお休みで、ダンカン、リッキー・アルヴァレスが入ってます。ヴェローナの方はボイノフではなく、グロッシが先発。同じく左のウィングに入るみたい。

霧がすごいです。昔はこういうのよくあったけど、最近は少なくなったなあ。先日のローマの試合も霧がすごかったみたいですが。
そんな中、わりと良い感じでつないでいるのは、ヴェローナの方。少なくとも前半10分くらいまでを観るかぎり、結構ちゃんとつなげるチームだなという印象。一方のインテルはトップ下のアルヴァレスに、あまり良いボールが行かず。
10分、カッサーノからのスルーパスで左サイドに長友が抜け出すもオフサイド。ここの関係性は、今日の試合、インテルの攻撃のカギのひとつになりそう。
16分頃、審判の判断で試合が中断に。もしかすると、これ霧じゃなくて発煙筒の煙なのかな? 審判が全員に水を飲むように指示しているような。どうやら、その通りだった模様。数分の中断後、試合再開。中断してたのは、3,4分かな? こういう光景も少なくなりました。
23分、左サイドのグロッシからのパスをペナルティエリアにギリギリ入るくらいのポジションで受けたカーチャがワントラップから反転してシュート、ボールは枠の右外へ。シュートはともかく良い展開でした。
26分、左サイドでロングパスを受けたカッサーノから、上がってきた長友へ、長友がそのままペナルティエリア内に入っていって速いグラウンダーのクロス、ディフェンスにひっかかる。残念。
30分、ゴール正面、ペナルティエリア前でのカッサーノとアルヴァレスのパス交換、カッサーノが倒されて、ファール。それで得たフリーキックをカッサーノ自ら蹴るもシュートは右に外れる。惜しい。
42分、アルヴァレスがパラシオとのワンツーでゴール正面に抜け出してシュート、キーパーにブロックされる。いやー、決定的だった。あれが決まらないとわりと面倒。
前半終了インテルとしてはアルヴァレスをトップ下に入れた狙いはある程度出たと思うけど、やはり中盤はスムーズとは言いがたい。マリガがボールに触ってはいるけど、あまり効果的に動かせてはいない。後半は、グアリンくらいは起用するかも。ヴェローナはトップのカーチャにあてて、右のゴメス、左のグロッシに開いてからもう一度中へという展開がはっきりしていて、悪くない感じ。インテルも次第に慣れてきて簡単にはやらせなくなったけど。

インテルは後半開始にあたって、マリガに代えてグアリンを投入。
また、ヴェローナもゴメスに代えてカロッツァ

後半開始
46分、カロッツァにフリーでシュートを放たれるも、カステラッツィがセーブ。危ない…。
47分、インテルのカウンター。右サイドでカッサーノのパスを受けたアルヴァレスがシュートまで持っていくもGKに止められる。う~ん、惜しいなあ。
50分スライディングで相手のボールを奪ったグアリンが倒れ込みながらもそのままスルーパス。それを受けたカッサーノが抜け出し、キーパーと1対1、冷静に流し込んで1-0、インテル先制! グアリン投入の効果が早速。良いプレーでした。
52分、左サイドを駆け上がった長友がクロス、わずかにパラシオの頭には合わなかったものの逆サイドに抜け、そのボールを受けたアルヴァレスが強烈なシュート、何とかコーナーに逃れる。
53分、長友がドリブル突破を仕掛けたところをハルフレドソンに倒され、ペナルティエリアのわずかに外でフリーキックを獲得。
直後に、ヴェローナの交代、グロッシに代えてボイノフ
54分、そのフリーキックをグアリンが思いっきりシュート。ディフェンスにあたってディフレクション、そのままゴールに吸い込まれる! 2-0!! インテル、リードを広げる
55分、インテルの交代、フアンに代えてサネッティ。4バックにするのかな?
56分、抜けだしたパラシオがループシュート。キーパーなんとか弾いてコーナーに逃げる。インテルの攻撃に何となくノリみたいなのが出てきたなあ。グアリン投入で完全に流れをつかんだか。
58分、ハルフレドソンのシュートをキャッチしたカステラッツィが何故か痛がる。横っ飛びした時に肩から落ちて左肩をうったのかな? 単なる打撲だといいのですが。一旦は控えのベレッチと交代する感じになったけど、結局プレー続行。
サネッティは右のウィングバックに入って、ヨナタンが最終ラインに回ってるみたい。だから、システムに変更は無し。
68分、ペナルティエリア内左サイドでカッサーノのヒールパスを受けたパラシオがシュート、キーパーが何とかセーブ。パラシオも点が欲しいでしょうねえ。
70分、ゴール前で左サイドからのクロスを受けたボイノフが良いトラップでカステラッツィと1対1に。しかし左足のシュートは枠を大きく越える。惜しいんだけどね。
グアリンの投入でアルヴァレスも生き返った感じ。マークが集中しなくなったからかな。
75分、インテルの交代、カッサーノに代えてペレイラ。これまた、どういう配置にするんだろう? まだちょっとしか観てないけど、ペレイラが最終ラインに入って4バックになってるのかなあ。
76分、ボイノフのポストプレーからフリーのカーチャへ浮き球のパス、そのボールをカーチャがボレーで思いっきり叩く。カステラッツィが左手でセーブするも、左肩を痛めた模様。やっぱりさっきのですでに痛めてたんだな。ただインテルはすでに交代枠を使い切っているので、もしカステラッツィがダメとなると、フィールドプレーヤーの誰かがGKをやることに。と思ってたら、パラシオがやるみたいです。何でパラシオなんだろう? インテルとしてはとにかくボールをキープして出来るだけシュートを打たれないような戦い方をしなきゃいけなくなりました。
81分、ヴェローナの交代、アルベルタッツィに代えてコッコ。フォワードの選手みたいです。相手が10人になった上にキーパーは素人なので、とにかくシュートを狙っていこうってことですかね。
88分、右サイドからのクロスにバチノヴィッチがヘッドで合わせるもパラシオの正面。わりと落ち着いてるな、パラシオ。ポジショニングもしっかりしてるし。
90+1分、ヴェローナの右サイドからのクロスをカロッツァにヘッドで合わされ、ボールはゴール左隅に、パラシオがこれに鋭く反応して右手一本でセーブ!!! ジュゼッペ・メアッツァ、大盛り上がり

試合終了、インテル2-0で勝利!!! ある意味、見応えのある試合でした。

ツイッターでもパラシオのキーパーとしての活躍にみんな夢中。
こんな反応が。後ろの国名は言葉から判断しています。

【GKパラシオへのツイッターの反応】
パラシオは正式にインテルの新たなゴールキーパーだ! 素晴らしいセーブだったよ!!(イタリア)

パラシオと新しい契約を結ぼう。ひとつひとつのセーブとホームでの無失点に対するボーナスを。(イタリア)

パラシオはインテル史上のアイドルのベスト10に入るな。(イタリア)

パラシオがインテルを救ってるね! すごい選手だ!(スペイn)

ロドリゴ・パラシオがケガをしたカステラッツィに代わり、インテルの勝ち抜きを決める!!(スペイン)



現時点でネットで見られる選手評の訳をいくつか。

SERIEBnews.comから長友とマン・オブ・ザ・マッチのグアリンの選手評の訳

長友佑都:6.5
後半、前線に矢のように突進していき、左サイドを支配した。

グアリン:7
後半開始から試合に登場し、試合を動かした。インテルでは最もコンディションの良い選手だ。



interlive.itから同じく長友とグアリンの選手評の訳。

長友佑都:6.5
前半は眠っているかのようだったが、後半は左ウィングの位置で圧倒的な存在感を示した。

グアリン:7.5
スライディングで強引にボールを奪い、パスを出してカッサーノのゴールを導くという活躍で、投入後すぐに決定的な仕事をする。その後にも、距離のあるポジションからのフリーキックで2-0とする。またしても、絶好調であることをみせつけた。



最後にFCInternews.itから長友とグアリンの選手評の訳。

長友佑都:6.5
左サイドでコンスタントに顔を出す。彼には安定性がある。彼にとってはコッパ・イタリアもセリエAも変わりはない。常に貢献度が高い。真のプロフェッショナルだ。

グアリン:7
強大な力を持ち、鋭さがあり、決定的な存在でもある。彼の技術・身体に基づく圧倒的な存在感にどう対処すればいいのか分からない対戦相手にとっては、彼がフィールドに入ってくるのは苦痛だろう。彼のボール奪取によってカッサーノのゴールが生まれ、自らフリーキックでセーフティリードを手にする。次のジェノア戦、[出場停止により]彼がいないのが非常に痛い。


長友はここのところ、平均点以上の感じが続いてます。実際、良いプレーしてるし。
グアリンについてはとにかく絶賛。本当に素晴らしかったです。スナイデルの立場がますます微妙なものに…。
この他では、カッサーノ、リッキー・アルヴァレスあたりが高めの評価でした。パラシオについては、ゴールキーパーをやったことで多少の上乗せがあるところもあるけど、フォワードとしてはチャンスを決めきれなかったからか、平均点といった感じ。

インテルは次は準々決勝で、ナポリvsボローニャの勝利チームとの対戦。ヨーロッパリーグもあって大変ですが、ぜひ勝ち進んで、決勝でミラノ・ダービーなんてことになったら最高ですね。さすがに夢を見過ぎだろうけども…。

ガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、評点など記事にする予定です。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

管理人さんお疲れ様

長友最後らへん怪我してるような感じしたけど気のせいかな?
大丈夫だったんでしょうか

  • 2012/12/19(水) 08:51:03 |
  • URL |
  • 名無し #-
  • [ 編集 ]

パラシオがGKになったのは、すでに二点リードしていたからFW枠からまわしたのではないでしょうか。

  • 2012/12/19(水) 09:05:48 |
  • URL |
  • #RgJkdVwI
  • [ 編集 ]

グアリンは安易なボールロストとパスミスがなくなればトップ下としてやっていけそう
長友は軽傷と言ってるみたいですけど心配

  • 2012/12/19(水) 12:51:52 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/520-48e3a42b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)