FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【日本人選手情報】プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs サンダーランド プレビュー

日本人選手情報】プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs サンダーランド プレビュー

先週チェルシーのクラブワールドカップ参加のため、試合が無かったサウサンプトン。よって、1試合消化が遅れる。今節の対戦相手は、順位的にはひとつ上のサンダーランドサウサンプトンが勝てば確実にひとつ順位が上がるだけにぜひ勝ちたい。

Southampton_vs_Sunderland_pre.png

ちょっとだけ、続きを読む、に。


サウサンプトン(4-2-3-1):
K・デイヴィス;クライン、フォンテ、吉田麻也、ショー;シュナイデラン、コーク;パンチョン、ガストン・ラミレス、ロドリゲス;ランバート

サンダーランド(4-4-1-1):
ミニョレ;クエジャル、ガードナー、オシェイ、ローズ;ジョンソン、コルバック、ラーション、マクリーン;セセニョン;フレッチャー

サウサンプトン4勝9敗3分け勝点15で17位。上述の通り、1試合消化が少ない状態です。ここ5試合では、3勝1敗1分けと好調。前回のレディング戦、プレミアリーグでは今季2試合目の完封勝利。4試合前のニューカッスル戦でも完封勝利を飾っていて守備が安定してきたことが今の好調ぶりにつながっているようです。吉田麻也とフォンテのコンビが確立してきて、最終ラインがしっかり機能するようになってきたことと、左サイドバックにショーが入って好プレーをしていること、さらには、中盤にコークが帰ってきて、中盤の守備がすごく安定したことで、今の結果が得られているんじゃないかと思います。シュナイデランひとりで頑張ってたけど、やっぱり一人じゃ限界があったんですね。あと、パンチョンが調子を上げてきたことも大きいです。

今節は、左のウィングもしくはサイドハーフの位置に入るララナがケガで欠場。よって、左サイドにはJ・ロドリゲスが入るようです。システム的にはもう少しロドリゲスが前目に入って、ランバートとの2トップに近くなるかもしれません。ララナがいない分、守備は少し不安だけど、ラミレス、パンチョンあたりで上手くボールを保持できるといいかな、と思います。

サンダーランドについての簡単なチーム紹介は、ユナイテッド戦のプレビューとして書いたこちらの記事をご覧ください。

サンダーランドは、3勝7敗7分け勝点16で16位最近5試合では、1勝3敗1分けサウサンプトンとは対照的に不調。ただ、その3敗のうち2敗は、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドに対するものなので、仕方がないといえば、仕方がないか。前節のユナイテッド戦をみた感想としては、両サイドを強調して戦いたいんだろうけど、肝心の両サイドがいまいち。特にアダム・ジョンソンが期待はずれ感があった。ただ、前々節のレディング戦では3-0というスコアで勝ってもいるので、型にはまった時の爆発力はある…のかもしれない。

サウサンプトンとしては、とにかく注意すべきは両サイドと、センターフォワードのスティーヴン・フレッチャー。また、前節のユナイテッド戦では、ケガのため出場しなかった左サイドバックのダニー・ローズが復帰する可能性が高く、実は彼が攻撃の軸だという話もあるので、要注意。クラインが上がった裏を狙われないようにしたい。

今の両チームの状況を考えると、サウサンプトンとしては、ホームでもあるし勝ちに行くしかない試合だと思う。
攻守両面での奮起に期待しています。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/531-c620bf4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)