FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

セリエA 2012-13 インテル vs ジェノア 試合結果

セリエA 2012-13 インテル vs ジェノア 試合結果

両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Inter_vs_Genoa_re.png

試合結果を、続きを読む、に。


インテル(4-2-3-1):
ハンダノヴィッチ;サネッティ、ラノッキア、サムエル、フアン(46' キヴ);ガルガーノ(79' リヴァヤ)、カンビアッソ;パラシオ、アルヴァレス(31' ペレイラ)、カッサーノ;ミリート

ジェノア(4-5-1):
フレイ;サンピリージ、カニーニ、グランクヴィスト、アントネッリ;ロッシ(72' ピスチテッラ)、クツカ、トゥジェール、ベルトラッチ(69' アンセルモ 90' クラインツ)、バルガス;イモービレ

試合結果:インテル 1 - 1 ジェノア

得点者:
インテル85' カンビアッソ
ジェノア77' イモービレ

インテルは予想に反して4バックジェノアがワントップということで、センターは2人でいいと判断して、トップ下を厚くすることを選んだか。ジェノアは予想通りのメンバーとシステム。

前半インテルはボールを圧倒的に支配し、チャンスも作るものの、得点の予感はいまひとつ。また、中盤のつながりも何となく不安定。また、左サイドバックに置いたフアンが何度かオーバーラップからクロスを入れるが、やはり元々センターバックなので、あまり上手くない。
リッキー・アルヴァレスもなんか中途半端だなあ…。前線の4人はわりと自由に動いてる感じだけど、もう少し役割をはっきりさせた方がいいんじゃないかなあ。早々とアルヴァレスに代えてペレイラを投入するもあまり効果はなし。

インテルは後半開始からフアンに代えてキヴ。組立をなんとかしたいという気持ちの表れか。ただ、それもあまり効果的な感じじゃない。試合の最初っからちょっと思ってたけど、何か客少ないな。2位のチームとは思えないくらい。
77分、左サイドにロングパスで抜けだしたイモービレがそのままドリブルで仕掛けて、ラノッキアをかわし、そのタイミングで右足で振幅の小さい鋭いシュート、ハンダノヴィッチが触るも及ばず、ジェノア先制。やるじゃん、イモービレ。というか、ヤバイな、インテル。
85分、左サイドのカッサーノからのクロスをセンターでカンビアッソがヘッドで合わせて、インテル同点!!! 点が入る時っていうのは簡単なものですねえ。
90分、左サイドでディフェンスをかわしたミリートからの速いクロスをどフリーのリヴァヤが合わせるも右ポストに当てる…。え~~っていう感じのミス。チームが上手くいってない時はこういうものか。

試合終了、1-1のドロー。ジェノアにとっては大成功。インテルにとっては非常に痛いドロー。両チームの選手の表情がそれを物語る。インテルとしては、年明け以降も課題を残す内容。スナイデルの問題もあるし、今後本当にどうしていくんだろう…。気になるなあ…。

明日のガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、また記事にする予定です。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/538-375ce225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)