FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【海外の反応】吉田麻也、先発フル出場… 試合結果&メディアによる選手評 プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs サンダーランド【日本人選手情報】

【海外の反応】吉田麻也、先発フル出場… 試合結果&メディアによる選手評
プレミアリーグ 2012-13 サウサンプトン vs サンダーランド日本人選手情報】


両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Southampton_vs_Sunderland_re.png

試合結果などを、続きを読む、に。


サウサンプトン(4-2-3-1):
K・デイヴィス;クライン、フォンテ、吉田麻也、ショー;シュナイデラン(60' S・デイヴィス)、コーク;パンチョン(80' グリー)、ガストン・ラミレス、マユカ(55' デ・リッデル);ランバート

サンダーランド(4-4-1-1):
ミニョレ;クエジャル、ガードナー、オシェイ、ローズ;ジョンソン(75' キャンベル)、コルバック、ラーション(70' バーズリー)、マクリーン;セセニョン(89' ヴォーン);フレッチャー

試合結果:サウサンプトン 0 - 1 サンダーランド

得点者:
サンダーランド42' スティーヴン・フレッチャー。


サウサンプトンがポゼッションでは上回ったものの、有効な攻撃を作りきれず。結局、決定機をスティーヴン・フレッチャーにきっちり決められ、そのままサンダーランドが逃げ切る。失点に関しては、サウサンプトンに運がなかったと言えなくもないけど、それにしても攻撃がダメだった。特に最近の攻撃の軸のひとつになっていたパンチョンが残念な出来。ララナに代わって先発出場したマユカも期待に応えられず、早々に交代。最後までロドリゲスを使わなかったのは何故だろう。ミッドウィークのフラム戦、先発も少し変更してくるだろうなあ。次は期待してます。

Goal.com U.K.版による吉田麻也の選手評。

吉田麻也:2.5(5点満点)
最終ラインから、上手くボールを前に運び、フレッチャーがクロスに合わせるのを素晴らしいタックルで防いだ。そのプレーでフレッチャーは多少痛めた。失点に関しては、今回も不運な面があったが、もっと厳しくいけたかもしれない。


SkySportsによる選手評

吉田麻也:6(10点満点)
おとなしかった。


サウサンプトンは全体的に評点が低く、特にパンチョン、ラミレスが低め。Goal.comではパンチョンは1.5でフロップ・オブ・ザ・マッチに。サンダーランドは最終ラインの評点がかなり高めなので、サウサンプトンがダメだっただけでなく、サンダーランドのディフェンスが良かったといった方がいいのかもしれない。

プレミアリーグには、ウィンターブレイクがないので、今後も試合は続きます。しかもサウサンプトンは今後、12月26日にアウェーでのフラム戦、29日にアウェーでのストーク戦、来年の1月1日にホームでのアーセナル戦、1月5日にホームでのチェルシー戦と最大でも中4日での連戦。ものすごい日程ですね…。まずはミッドウィークのフラム戦、しっかりチームを立て直して、臨んで欲しいと思います。次もララナがダメなのであれば、ロドリゲスを起用して欲しいなあ。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/539-8ea3ddb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)