FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

セリエA 2012-13 ASローマ vs ACミラン レビュー Goal.comによる何人かの選手評の訳も

セリエA 2012-13 ASローマ vs ACミラン レビュー Goal.comによる何人かの選手評の訳も

両チームの先発予想、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Roma_vs_AC_Milan_re.png

ちょっとだけ詳細を、続きを読む、に。


ASローマ(4-3-3):
ゴイコエチェア;ピリス、ブルディッソ、マルキーニョス、バルザレッティ;ピアニッチ、デ・ロッシ、ブラッドリー;ラメラ、オズヴァルド、トッティ

ACミラン(4-3-3):
アメリア;デ・シーリョ、メクセス、ジェペス、コンスタン;モントリーヴォ、アンブロジーニ、ノチェリーノ;ロビーニョ、ボアテング、エル・シャーラウィ

ローマは中盤にフロレンツィではなく、アメリカ代表のブラッドリー。フロレンツィ観るの楽しみだったのに。残念。ミランはガゼッタ・デッロ・スポルトの予想通り。

試合開始から1分弱、左サイドでのパス交換からエル・シャーラウィがミドルシュート、右に外れる。惜しい。アンブロジーニ、ノチェリーノが積極的にボールに絡んでて良い感じ。
ミランは遅攻の時はデ・シーリョにボールを預けることが多い。右から動き出して、最終的にサイドを変えて、エル・シャーラウィのところで決めてやろうってことか。
10分、左サイドにトッティが抜け出して、グラウンダーの速いクロスにオズヴァルドが合わせようとするも、ジェペスが先に触ってクリア。その前のトッティに出たパスに対してほぼノープレッシャーだったことが気になる。
12分、ピアニッチからのパスを受けたオズヴァルドが右足でゴール右上隅に巻いていくようなシュート、アメリアが何とか右手一本でセーブ。
13分、コーナーキックからピアニッチがクロス、ブルディッソがヘッドで合わせてゴール。キレイに決められたなあ。これはまあ、仕方ない。切り替えていこう。
17分、ロビーニョからのスルーパスで抜け出したエル・シャーラウィがキーパーと1対1、最後はキーパーもかわしにいったものの、懸命に伸ばした右手で止められ、シュートに至らず。う~ん、残念。その前のタッチが少し流れて、キーパーに近すぎたんで、シュートを打つには苦しい状態だったのかなあ。
23分、左サイドのトッティからのクロスをオズヴァルドにヘッドで合わされ、ローマに追加点を許す。ジェペスがついてたんだけど、競り合えないまま合わされちゃったなあ。ミランがプレスをかけるゾーンが低めなので、トッティに簡単にボールが入ってる印象がある。ミランのディフェンスの狙いは何となく分かるんだけど、もう少し前からプレッシャーをかけていかないと、危ないと思うなあ。
30分ミランがクリアしたボールを拾ったデ・ロッシがスルーパス、抜けだしたラメラが左足でゴール3-0かあ…、さすがにつらいな。前半1点くらいは返したい。しかし、今日のミランは中盤のプレスが何となく緩い。デ・ロッシに対してほぼノープレッシャーなんだよね。もう少し強引にいっても良いと思うんだけど。ボアテングを当てるとか。
前半終了3-0でローマがリード。う~ん、苦しい。少し集中力が欠けるシーンが目立った。ただ、集中力っていうだけじゃないとも思う。前述の通り、中盤でのプレッシャーが薄め。簡単にトップにボールが入りすぎ。後半、どう修正していくんだろう。今後につながるようなしっかりしたプレーをみせて欲しい。

後半開始。両チーム交代は無し。ミラン交代なしでいいのか?
49分、トッティにスルーパスで抜けだされ、決定的なチャンスを作られるも、トッティのシュートは右に外れる。危ない…。やっぱりトップに簡単にボールを入れられ過ぎだと思うの。
56分、ミランの交代、ノチェリーノに代えてパッツィーニ。ずいぶん強引な。
59分、右サイドに抜け出したパッツォが強引にシュート、コーナー獲得。
61分、左サイド、オズヴァルドからのクロスをラメラがヘッドで合わせてゴール、4-0…。イヤなウィンターブレイクになりそうだな…。
64分、ロングパスを受けたロビーニョがセンターにドリブルしながらミドルシュート、こぼれ球をボアテングがボレーで叩くもキーパー正面。惜しいんだけどなあ。それにしてもアッレグリは動かないな。この状況なら、もう少し思い切って代えても良いと思うんだけど。ニアン使うとか。
67分、ローマの交代、ラメラに代えてフロレンツィ。
68分、ローマの交代、オズヴァルドに代えてデストロ。
70分、ミランの交代、ロビーニョに代えてボージャン。
71分、左サイドからボージャンがクロス、逆サイドのボアテングがヘッドで合わせるも、キーパーがストップ、こぼれ球を叩いたボアテングのシュートは右ポスト直撃。
72分、スルーパスを受けたボージャンがディフェンスと競り合いながら右足でシュート、キーパーがまたしてもセーブ、コーナーへ逃れる。今日のゴイコエチェア当たってるなあ…。
76分、ミランの交代、アンブロジーニに代えてムンタリ。もう少し攻撃的な交代でも。
78分、エル・シャーラウィが左サイドから浮き球でかわそうとしたところを、ローマのマルキーニョスがハンドで止めたと判断され、一発レッド。確かに故意にみえたので、仕方ないけど、少し厳しいか。
80分、ローマの交代、トッティに代えてロマニョーリ。
86分、コーナーキックからのこぼれ球をムンタリがロングシュート、キーパーの弾いたボールを拾ったパッツィーニが倒されてPK獲得。そのPKをパッツィーニ自身が決めて4-1
88分、エル・シャーラウィからのクロスをパッツィーニがヘッド、キーパーにはじかれるもののボージャンがつめてミラン2点目。4-2。もう少し早ければねえ…。ただ、パッツィーニに対するクロスが合ってきたのは嬉しい。パッツォが一発で決めきれないのは変わらないけどね。

試合終了、4-2でローマの勝利。残念。ウィンターブレイクを前に課題の残る試合をしちゃいました。もう少し早く反撃できていれば…。ボージャン、結構良いと思うんだけどなあ。何でもっと使わないんだろう。今日の試合に関しては、とにかくミランの中盤がダメだった。もっと積極的にプレスをかけていくべきだったと思う。デ・ロッシ、ピアニッチあたりがフリーになりすぎで、トップに簡単にボールを入れられすぎた。終わってしまったものは仕方ないので、年明けの試合までゆっくり休養をとって後半戦に臨んで欲しい。チャンピオンズリーグもあるしね。しかし、バルセロナか…。


Goal.comインターナショナル版から何人かの選手評を訳します。

【ASローマ】
トッティ:4.5(5点満点) Man of the Match
自ら得点する決定的なチャンスは逃したが、そのことによって、オズヴァルドの2点目をお膳立てし、クリエイティブな手腕を発揮したこの10番の仕事に大きなキズがつくものではない。

ラメラ:4.5
アルゼンチン出身のラメラは、ゴール前でチームの勝利を決定づける役割をミスなくこなし、足と頭で得点を決めて、その全体的なクオリティの高さをみせつけた。

【ACミラン】
ボージャン:3.5
旧所属チームのローマに対して得点をした時には、アウェーまで来たミランサポーターにわずかな期待をもたらしたが、ごくわずかなものだったし、遅すぎた。

パッツィーニ:3
ミランが混乱状態にあった中投入されたが、PKでその名前をスコアシートに残した。

ボアテング:2.5
ゴイコエチェアに何度か試練を与えたが、ゴール前での彼の能力が欠如しているからなのか、それとも、キーパーの素晴らしいセーブのせいなのかは分からないが、彼のプレーは実を結ばなかった。


年明けはどうなるだろうなあ。ロビーニョがどうなるのか、パトがどうなるのか、気になることはたくさんあるけど、選手たちにはひとまず色んなことを忘れて楽しいバカンスを送ってほしいです。

明日のガゼッタ・デッロ・スポルトを入手したら、評点など記事にする予定です。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/540-6d735bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)