FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

セリエA 2012-13 ASローマ vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評

セリエA 2012-13 ASローマ vs ACミラン ガゼッタ・デッロ・スポルトによる評点&一部の選手評

ガゼッタによる評点。

gazzetta_snapshot_20121223_3.jpg
gazzetta_snapshot_20121223_2.jpg

内容は、続きを読む、で。


両チームの評点

【ASローマ
ゼーマン監督:7.5

ゴイコエチェア:7
ピリス:6.5
ブルディッソ:7
マルキーニョス:6.5
バルザレッティ:6.5
ピアニッチ:6.5
デ・ロッシ:7.5
ブラッドリー:6
ラメラ:8 Best of the Team
オズヴァルド:7.5
トッティ:8
フロレンツィ:6
デストロ:6
ロマニョーリ:評点なし


【ACミラン
アッレグリ監督:5.5

アメリア:6
デ・シーリョ:5
メクセス:4.5
ジェペス:4
コンスタン:5
モントリーヴォ:5
アンブロジーニ:5
ノチェリーノ:4.5
ロビーニョ:5
ボアテング:5
エル・シャーラウィ:5.5
パッツィーニ:6.5
ボージャン:6.5 Best of the Team
ムンタリ:評点なし



一部の選手評の訳

【ASローマ
ラメラ:8 Best of the Team
戻ってきた小公子は、いまや真のストライカーとしての地位を確立した。ここまで10ゴールをあげて、すべての懐疑論を払拭した。

トッティ:8
マヤ人もノストラダムスも、その降臨を予想していたのか。フィールド全体を使ったプレーで、オズヴァルドにアシストをした。今や彼は、フットボールの百科事典に不可欠な存在となった。唯一無二だ。


【ACミラン
ボージャン:6.5 Best of the Team
ゼーマンの扱い次第では、一年前にオリンピコのアイドルになっていたかもしれない。終盤に輝きをみせた。ベンチに置くことにメリットがあるのだろうか?

パッツィーニ:6.5
彼の投入後、ミランに復活の兆しがみえた。PKをもたらし、自らそれを決めただけでなく、アッレグリを後悔させようと、すべてのボールを争った。

ジェペス:4
空中戦は彼にとって最後の砦のはずだ。にもかかわらず、コロンビア代表のジェペスはブルディッソとオズヴァルドに道を譲り、それを取り戻すことが最後まで出来なかった。メッシやその仲間たちと戦う時にはどうなるのだろう?


ジェペスが最低点の4。まあ、昨日のプレーぶりでは仕方ない。確かにバルセロナ戦とかどうなるんでしょうねえ。ただ、昨日に関しては中盤がなあ…。プレスがかかんないと最終ラインはつらいですよね。個人的にはアンブロジーニが気になりました。やっぱり冬の補強必要なのかなあ…。ウィンターブレイク前、イヤな感じで終わっちゃった…。それでもシーズン序盤を考えればずいぶん良くなったので、前向きに考えないとダメですね。選手たちにはしっかりリフレッシュして欲しいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/543-43be35ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)