FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

ACミランのロビーニョ、1000万ユーロでフラメンゴへ移籍する可能性が高まる?

ACミランロビーニョ、1000万ユーロでフラメンゴへ移籍する可能性が高まる?

http://www.rossoneriblog.com/2012/12/25/report-flamengo-to-offer-e10m-for-robinho/

ロビーニョは、アドリアーノ・ガッリアーニとブラジルで合流する予定で、現時点では、フラメンゴへの移籍の可能性が非常に高まっている。

ロビーニョは、1月にACミランから出ていくことになりそうだ。彼はロッソネリに対して公然と祖国であるブラジルへの帰国を要求しており、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、ロビーニョとパトの売却について交渉を行うため、ブラジルにいる。

ロビーニョとアレシャンドレ・パトは、どちらもブラジルに対して教習を抱いている。ロビーニョには、フラメンゴとサントスが、またパトには、クラブワールドカップチャンピオンであるコリンチャンスが興味を示している。

ガッリアーニは昨日、ブラジルでの滞在先で、フラメンゴの首脳陣とロビーニョに関する会談を行った。ブラジル・メディアの報道によると、フラメンゴはこの計画の成功について楽観視しており、ガッリアーニも、28歳のパトがフラメンゴへ移籍するのは『ありうることだ』と認めている。

opovo.com.brが報じているところでは、フラメンゴはロビーニョに対して1000万ユーロのオファーをする考えだという。750万ユーロをアディダスが新たな契約に基づいて出し、残りの250万ユーロをクラブの資産から出すようだ。2010年、ミランは、かつてサントスとレアル・マドリーで活躍したロビーニョをマンチェスター・シティから獲得するためにおよそ1800万ユーロを支払ったが、彼の評価額は、移籍以降下落しており、1000万ユーロという移籍金は間違いなくロッソネリの要求を満たすものだ。

Sky Sport Italiaによると、ロビーニョは、今日ブラジルに到着し、ガッリアーニと話し合いを行うことになっている。パトに関するコリンチャンスとの交渉は、明日始まる予定で、1500万ユーロという移籍金で決着する可能性もある。


ロビーニョがついに…。1000万ユーロが事実だとすると、ミランとしては抵抗する理由もほとんどないような気がする。現状だとその1000万ユーロを補強に回せるかどうか微妙だけど…。やはり現状、保有している選手数が多すぎるわけで、ロビーニョの放出が即補強につながるわけじゃないと思う。放出がロビーニョだけなら、補強は無しかも。パトも放出となれば、さすがに補強は必要だと思うけど、ペスカーラのヴラディミル・ヴァイスとか、クイーンズ・パーク・レンジャーズのターラブトとか、そんな中途半端な補強ならしない方が良いと思うなあ。個人的には、ロビーニョ、ニアンの方が可能性を感じるし。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/555-2d38d307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)