FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【海外の反応】フォルトゥナ・デュッセルドルフへの移籍が決まった大前元紀に対する現地フォーラムの最近の反応

海外の反応フォルトゥナ・デュッセルドルフへの移籍が決まった大前元紀に対する現地フォーラムの最近の反応

12月初旬、清水エスパルスからドイツ・ブンデスリーガ、フォルトゥナ・デュッセルドルフへの移籍が決まり、ビルトでは『スシ・ドワーフ』なんてあだ名もついていた大前元紀。最近現地ではどんな感じの反応なのかが急に気になったので、フォーラムの反応を抄訳してみた。

内容は、続きを読む、に。


http://www.transfermarkt.de/de/genki-omae-/topic/ansicht_168_7500_seite1.html

世界で一番熱いクラブへようこそ! できれば、すぐにドイツに慣れて欲しい。

彼がすぐにチームの力になれるかどうかは疑問。
ロビー[・クルーズ]みたいに、通訳も必要だし、慣れるのにも時間がかかる。
彼のプレースタイルをみせるためのフィジカル・コンディションの問題もあるし、言葉の問題もある。
最初は短い時間の出場から始めて、来シーズンのための準備をして、来シーズン、レギュラーとして活躍してくれればいいね!

フィジカルで欠けている部分があっても、テクニックとクイックネスと得点力がある。
得点力に加えて、コーナーやフリーキックも蹴れることを忘れちゃいけない。

彼はフィジカル面で強い選手の少ない日本でプレーしてた。だから慣れるには時間がかかるはずだ。
僕はこういう選手を獲得できた喜びを落ち着かせたいだけだ。こういう才能ある選手を獲得できたことはすごく嬉しいんだよ。

分かるけど、僕は喜びの方が大きいな。ヨーロッパで一番大きな日本人コミュニティのある街のクラブが日出ずる国の選手を探しまわるのはすごく合理的なことだ。
大前は、間違いなくすごく才能のある選手で、22歳[このレスが投稿された時点での年齢。今は23歳になってます]という年齢なので成長する時間は十分にある。ノルベルト・マイアーという、良い監督のもと、少しずつブンデスリーガに慣れて行くこともできると思う。それに長期契約でもあるし。全部正しいよ、フォルトゥナ!
だから、[ローマ字で]こんにちは。

フォルトゥナ、おめでとう! 僕は彼をブレーメンで観たかった!

ハードルを高くしすぎる気はないけど、香川は言葉を知らないままドイツにやってきた。それに彼もあんまり大きくもない。

比べるべきじゃないんだろうけど、香川もすごく小さい(1.72m)し、あまり適応に時間はかからなかった。もちろん、すべての日本人選手に期待できるわけじゃないけど、大前については、この喜びが味わえると思う。
大前がすぐにフォルトゥナの力になってくれることを期待してるし、できれば、永井謙佑を連れてきて欲しい。このコンビなら確実に良くなるだろうと思う。

(エスパルスの天皇杯敗退を受けて)
大前には気の毒だけど、うちにとってはありがたい。彼のクラブがカップ戦から敗退したことで、彼もトレーニングに向けて少しはリフレッシュできるだろう。

僕もそう思う。
だから、デュッセルドルフに馴染むのもきっと楽になるだろう。
彼については、本当にワクワクしてるよ。


ドイツ語なので、ちょっと訳に時間がかかりすぎ、抄訳な上に、要訳しているところもあります、あしからず。

不安もあるようにみえますが、定着に時間がかかるというのを主張しているのは、実は一人だけでその人だけがものすごく長文で語ってます。全体的には期待感の方が大きいみたいです。永井謙佑の名前も出てきています。フォルトゥナ・デュッセルドルフに関する他のドイツ語のフォーラムでは、扇原貴宏、柏木陽介、高木俊幸、高萩洋次郎なんて名前も出てきて、やっぱりドイツでは最近日本が選手の供給元として注目されてたりもするのかな、なんて思いました。

また、デュッセルドルフという街はものすごく大きな日本人コミュニティがあるんですね。それもこの移籍に大きな影響を及ぼしているようです。日立がスポンサーについていたりもします。この辺りに関して、フォルトゥナ・デュッセルドルフの財政責任者であるパウル・イェーガー(Paul Jäger)は、こんな風に語っています。

「嬉しいよ! デュッセルドルフには8000人の日本人が住んでいて、多くの日本企業もある。だから、日本人選手を獲得できたのは重要だ。
色んなことを考える人がいるかもしれない。だが、この決定は純粋に競技面を考えてのことだ。ただ、多くの日本人が、日本人選手を観るためにスタジアムに来てくれるだろう。」


また、フォルトゥナ・デュッセルドルフは、日本語の公式サイトもあるので、会長などの言葉はそこでみられます。日本人選手の獲得は本当にかねてからの目標だったみたいです。

フォルトゥナ・デュッセルドルフのトレーニングは来年の1月2日から始まるようで、天皇杯敗退も決まっているので、大前元紀は、どうやら初日から参加することになりそうです。そうなったら、また色々な反応が出てくると思うので、その時になったら記事にしようかなと思っています。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

記事が、見辛く成った気がします・・・

  • 2012/12/26(水) 11:13:57 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

インクが足りてねえんじゃねえのww?

  • 2012/12/26(水) 13:11:24 |
  • URL |
  • #/9hBKkrU
  • [ 編集 ]

はじめまして

いつも楽しみにしています!

  • 2012/12/26(水) 16:43:32 |
  • URL |
  • kagaw #CofySn7Q
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/556-7c81340e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)