FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

プレミアリーグ 2012-13 マンチェスター・ユナイテッド vs ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン プレビュー

プレミアリーグ 2012-13 マンチェスター・ユナイテッド vs ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン プレビュー

両チームの先発予想、フォーメーション&マッチアップはこんな感じ。

Manchester_United_vs_Westbrom_pre.png

ちょっとだけ、続きを読む、に。


マンチェスター・ユナイテッド(4-4-2):
デ・ヘア;ジョーンズ、エヴァンス、ヴィディッチ、エヴラ;ヴァレンシア、キャリック、クレヴァリー、ヤング;チチャリート、ファン・ペルシ

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(4-2-3-1):
フォスター;ジョーンズ、マコーリー、オルソン、リッジウェル;ムルンブ、ブラント;フォルチュネ、モリソン、ゲラ;ロング

ユナイテッドは現在、15勝3敗1分け勝点46で首位。前節はニューカッスル・ユナイテッド相手に壮絶な打ち合いを演じ、4-3で勝利。また、同じ前節、マンチェスター・シティがサンダーランドに敗れたため、2位シティとの勝点差は7にまで広がっています。ただ、結果として勝ってはいるものの不安定な印象は否めない。守備陣の脆さは何が原因なんだろう? 選手は揃ってきているのになあ。ギグスとスコールズの限界を少しずつ感じるようになってきてはいるけど。システムは最近固まってきていて、やはり両サイドにはウィングを。ただ、ルーニーがヒザのケガで2,3週間の欠場ということで、ファン・ペルシとチチャリートがコンビを組むことに。香川真司のコンディションさえ良ければ、そのままルーニーのポジションに入ることになるんだろうけど、ベンチ入りする可能性はあっても、いきなり先発っていう可能性はほぼゼロだと思う。

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンについての簡単な紹介は、こちらの記事を。

ウェスト・ブロムは、10勝6敗3分け勝点33で6位。戦力を考えると大健闘。28得点、23失点とバランスのとれた結果。ここ5試合では2勝2敗1分け。直近の2試合では連勝しており、調子は悪くなさそう。守備的ミッドフィールダーのファーストチョイスであるはずのジャコブがケガをしており、最近は上記のシステムとメンバーである程度落ち着いている模様。変更があるとすれば、センターフォワードがロングからルカクに代わることくらいか。ロング5得点、ルカク6得点と両者結果を残しており、どちらを先発させるか、監督としては悩むところだと思う。先発出場はロングの方が多いので、一応ロング先発という予想をしているけど、ユナイテッドはスピードのある攻撃に弱い部分があるので、ルカクを先発に選ぶ可能性も十分にある。また最近は右サイドにマルク=アントワン・フォルチュネが起用されることが多いみたいだけど、ナイジェリア代表のオデムウィンギーもいるので、どちらを選ぶか微妙。個人的にはハンガリー代表のゾルタン・ゲラに注目してます。

ユナイテッドとしては、相手の攻撃のスピードを極力上げさせないようにしたい。そのためには、中盤の頑張りが不可欠。頑張れ、クレヴァリー。あと、ヤング、ヴァレンシアも。

上述の通り、香川真司に関しては、ベンチ入りの可能性はあるものの、先発出場の可能性はほぼゼロ。さすがにまだコンディションが万全からは程遠いだろうから、起用するとしても少しずつ慣れさせたいはずなので。本当ならルーニーのいない今こそ存在感を示したいところなんですけどね。実際には年明けの復帰が現実的なラインでしょうか。ファギーがあまり多くを語ってくれないので、よく分かりませんが。早く観たいなあ…。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/568-9220e900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)