FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

香川真司に対する海外の反応 ウェスト・ブロムウィッチ戦で先発復帰! 現地の反応 その3 現地フォーラム レッドカフェ( Red Cafe ) 「香川真司スレ」から

香川真司に対する海外の反応 ウェスト・ブロムウィッチ戦で先発復帰! 現地の反応 その3
現地フォーラム レッドカフェ( Red Cafe ) 「香川真司スレ」から


この記事の続き。

香川の復帰戦から約一日が経って、冷静な反応もあったり、それに対する反論もあったり
昨日よりも少し多いくらいなので、『その3』『その4』の2回に分けます。『その4』はこの直後にあげます。

相変わらず、ただただ訳しているだけです。読みにくいところもあると思いますがご容赦ください。
読みやすくする工夫についても考えたいのですが、時間がなくて…。

※リヴァプールvsマンチェスター・ユナイテッド戦後の反応など「香川真司スレ」を全訳しています。
レッドカフェのリンクからどうぞ。

内容は、続きを読む、で。


彼が360°ターンをして、ディフェンダーを惑わした場面はイキそうだった。
観ていて楽しいフットボーラーで、ベルバトフのようなボールタッチを持っていながら、本当に一生懸命に頑張る選手だ。
前半、彼とウェルベックはすごく良いペアだった。彼らの前線からの守備が大きな違いをもたらした。

(「正直、僕もシーズン序盤は同じように思ってた…」のレスを受けて)
ファギーもこれに気づいてた。1ヶ月くらい前に、ファギーが彼にもう少しターンを増やして、ゴールの方を向くように伝えたという内容の話を香川がしていた。
香川はドルトムントでのプレーの仕方に慣れているだけだと思う。彼は、ゴールに背を向けて、それでも短くて速いワンツー、フリック、コーナー付近へのパスでチャンスを作ることが多かった。

(香川とルーニーの併用に関して、ファン・ペルシの後ろにナニ、香川、ルーニーを置く形だとワイドな位置でのプレーが足りなくなり、物理的な幅が狭すぎるという指摘について)
このカードを切りたくはないけど、バルサがプレーの物理的な幅を気にしてはいないと思う。現在、問題になるのは、コントロールとサポートだ。
僕は香川がここに来る前、彼の大ファンだった。彼は、ファギーがかつてアンデルソンにこうなって欲しいと考えていた存在そのものなんだと思う。その後、ファギーはアンデルソンを下がり目の位置をとるプレーメーカーにしようとしている。
香川は狭いスペースでその能力を発揮し、他の選手よりも2パス先が読める選手だ。彼の動きをみてみるといい。うちの選手の多くは彼が自ら作り出した大きなスペースに気づいていない。
彼は4-3-3のアウトサイド、もしくは中盤の『3』の頂点でプレーできると思う。しかし、当たりの強さに慣れる必要があり、また、チームとしてもかつてのフレッチャーのような選手を見つけ出さなければならない。それなりにパスが出せる、エネルギーに満ちた壊し屋だ。

(上のレスの最後の部分を受けて)
その件に関して、うちは好機を逃している。ムサ・デンベレを獲得しておくべきだった。個人的には、彼はうちが必要とするすべての要素を兼ね備えていると思う。

(「彼の動きをみてみるといい。うちの選手の多くは…」のレスを受けて)
良い指摘だ。今日、彼がスペースを見つけているのに、チームメイトたちがそれに気づかずに終わるという状況が何度もあった。ただ、クレヴァリーは彼とよく理解しあえていたと思う。ゴールに背を向けてプレーする場面がちょっと多すぎるかな、とは思ったけど。

(上のレスを受けて)
どっちの点にも同意。後半、真司が完全にオープンになっているのに、うちの選手たちが真司にパスを出せない時には、テレビに向かって叫んでた。2ヶ月の欠場後に自らの一流ぶりの片鱗を証明してみせたのが、香川がいかに優れているかを大いに物語っている。
これから先は良くなる一方だろう。唯一の問題は、香川とルーニー両方のコンディションが整った場合だ。その場合、僕の予想では、香川が左アウトサイドでプレーすることになると思う。

(「唯一の問題は、香川とルーニー両方のコンディションが…」のレスを受けて)
多分、その通りだろう。だけど、残念ながら、それはルーニーの方がセントラルのプレーヤーとして優れているからではない。香川がセンターのポジションを譲るのは、左アウトサイドにポジションをとることで、香川よりもルーニーの方がずっと悪影響を受けることになるからだ。

(上のレスを受けて)
今でも、少なくとも一度は、ルーニーと香川を両方『セントラル』に置く4-3-2-1を観てみたい。ウィンガーがいないことになるけど、ワイドな位置でのプレーが不足するとは思えない。いずれにせよ、現時点では、ウィンガーはうちのフットボールの役に立ってはいない。選手の調子が悪く、それでも基本的に彼らにパスを出していくような形だと、高い能力を持つセントラルの軸になる選手たちから、怖さを奪ってしまうことになる。

(「現時点では、ウィンガーはうちのフットボールの役に立っては…」のレスを受けて)
全くもってその通りだと思う。香川は自ら何度も中央で良いポジションをとってたけど、ほとんどの場合、ボールはただ絶不調なヴァレンシアのいるサイドへと流れていくだけだった。
香川の動きや能力と上手くかみ合う選手が増えることを心の底から期待してる。本当に残念だと思うことがあるし、ちょっと前に香川自身もそのことに言及していたと思う。

(上のレスを受けて)
それに、香川だけの問題じゃない。ルーニー、ファン・ペルシ、アンデルソン、クレヴァリー、ウェルベックもそうだ。彼らはみな中央を通ってプレーし、シュートまでいけるのに、それを試そうともしないし、そのチャンスも与えられない。なぜなら、相手のペナルティエリア際までボールを運べた場合、基本的にワイドな位置にいるヴァレンシアに預けることが決まっているからだ。時には、『少なくともクロスは入ることが確実だから』という理由で、ただワイドな位置に開くよりも、反転したり、パスを戻したりして、他の選手を走らせたり、他の選手の動きを引き出したりする方が良いこともある。うちのクロッサーたちは調子が良くないので、クロスから良い結果を作り出せるような選手が今のユナイテッドにはいない。

試してみる価値はある。ヤングとヴァレンシアがダメな判断をするのを観るのはもうたくさんだ。彼らは優れたウィンガーだけど、今とは違うプレーをすれば、フットボールのクオリティが上がるような予感がある。
好調時なら、ヴァレンシアとヤングに期待できるだろう。その場合でも、上のレスをしてる人の提案していることを実現すれば、ベストなクオリティのフットボールができると思う。そういう意味で君の指摘には同意だ。そのことで、うちの攻撃にはダイナミズムが加わると思う。現時点では、僕が以前期待していた程度に、ダイナミズムを実現できていない。


その4に続く
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

素晴らしい指摘すぎて感動した。
まったくもってその通りなだよね。
中央を使うプレーっていうのは必ずしもウィンガーを蔑ろにするのではなく、攻撃時のオプションを増やすことでDFラインを乱し、時折サイドに散らすことで、広大なスペースが生まれ始める。
意図のあるクロスも増やせると思う。
今の現状は、クロスしかないからクロスを売ってるようにしか見えない。
マンUのウィンガーにとってプレーの幅を増やすいい機会。

  • 2012/12/31(月) 14:23:16 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

翻訳おつです!
ほんとその通りだと思う

  • 2012/12/31(月) 22:06:28 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

なんという指摘だ。
目が肥えてるね。香川の良さもチームに足りないものもよくわかってるよ。

  • 2013/01/01(火) 00:41:52 |
  • URL |
  • d #-
  • [ 編集 ]

サポーターに毎度スペースが見えてないって言われてるマンUの選手ってオフの時ビデオで研究とかしてないのかね?w

  • 2013/01/02(水) 06:40:52 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/577-1d904289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)