FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

ACミランのニアン:「プレッシャーを恐れてはいない」

ACミランニアン:「プレッシャーを恐れてはいない」

http://www.rossoneriblog.com/2013/01/22/niang-im-a-confident-guy-im-not-afraid-of-pressure/

エンバイェ・ニアンがついにアッレグリ率いるミランでその地位を確立し始めているが、彼はそのプレッシャーを恐れていない。

ニアンは、夏にフランス・リーグ・アンのカーンから200万ユーロで移籍して以来、6試合にしか出場していないが、ミランで偉大な存在になれる可能性があることを示しており、すでにファンのお気に入りになっている。

ニアンはコッパ・イタリアのレッジーナ戦で1ゴールをあげているが、ここ2試合、マッシミリアーノ・アッレグリは彼を先発起用しており、どちらの試合でもベストプレーヤーのひとりだった。

18歳のニアンはこのように語っている。
「今シーズン、こんなにプレーできるとは思っていなかった。アッレグリが僕を信頼してくれているのが分かるし、僕に満足していてくれたらいいなと思う。僕がプレーするのは、チームの力になれるからだ。僕は若いから、他の選手以上に一生懸命やらなければならない。だけど、2試合良かっただけで、ミランの選手として認められるわけじゃない。」

「ゴールのセレブレーションは特に用意していない。早くゴール出来ればいいなと思ってる。良いプレーを続けていきたい。今良い時期だから、これを続けていきたいんだ。今シーズン、これだけプレーできていることに驚いてる。だけど、僕は自分に自信を持ってるし、プレッシャーを恐れてはいない。試合で100%が出せるように、練習でもそうしてる。エル・シャーラウィは僕にとって兄弟のような存在で、ミランのベストプレーヤーだ。」

「カカ? 彼は偉大な選手で、僕たち若い選手にとっては重要な存在だ。彼はチャンピオンで、大きな経験を持っているし、チームに素晴らしいクオリティをもたらしてくれる。」

「僕のイタリア語は[ユヴェントスのミッドフィールダーであるポール・]ポグバよりも上だって? 僕も少し学校で勉強したからね。だけど、彼は僕よりも英語を話すのが上手だよ。」

昨日1日オフがあり、ミランは今日練習に戻った。ミランは日曜にアタランタと対戦する。ステファノ・コラントゥオーノ監督率いるアタランタとの試合で、ニアンが先発ければ、それは驚きだ。


1ヶ月くらい前、冬のマーケットがどうなるかを予想していた時には、ニアンは完全に放出候補だったんですが、何だか欠かせない存在になりつつあります。将来のためにも、アッレグリ監督には自信を持って起用し続けて欲しいと思います。状況によっては、センターで起用してみるのも面白いと思うんですけど、どうでしょう。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/660-66cde2f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)