FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

香川真司に対する海外の反応 トッテナムとの今シーズン2試合目後の反応 その3 現地フォーラム レッドカフェ( Red Cafe ) 「香川真司スレ」から

香川真司に対する海外の反応 トッテナムとの今シーズン2試合目後の反応 その3
現地フォーラム レッドカフェ( Red Cafe ) 「香川真司スレ」から


この記事の続き。

今週末のFAカップ、フラム戦前に、現時点までの香川真司スレの様子を。
僕がみた段階までのレスを前回の記事から全訳です。

※試合後の反応などを中心に「香川真司スレ」を訳しています。
レッドカフェのリンクからどうぞ。

内容は、続きを読む、で。


(「ファギーが彼を高く評価しているのは間違いないので…」のレスを受けて)
もしくは(売れる時に)彼を売るか、だね。

彼が自分の弱さを認識しているようで良かった。
記事引用香川真司は、自らの精神的な強さを伸ばしていかなければならない、と語っている。「もっと良いパフォーマンスをしなければならないと、本当に思っている。これまでのプレーには全く満足していない。多くのプレッシャーを克服して、もっと精神的に強くならなければならない。」

うちはまだ彼を上手く使えていないと思う。うちは、彼を現行のシステムに押し込んで、彼がそれに適応するのを期待しているだけだ。彼が4-4-2に自然とフィットするとは思えないし、うちのスタイルの中で10番の役割をウィングの位置に割り当てるとしても、ワイドな位置にいる時にセンターバックがそこに入ってくると、外からのボールを上手く使えなくなるので、彼には合わないと思う。

彼は当たりの強さを向上させる必要がある。他の国からきた選手にとっては当然のことだしね。

彼は、うちの新しいベルバトフになるかもしれない。よそにいればクオリティの高い選手だけど、うちのシステムには合わない。

(「うちはまだ彼を上手く使えていないと思う…」のレスを受けて)
戦術という観点から言うと、今シーズンはちょっとヒドイけどね。うちはウィンガーのいる伝統的な4-4-2でプレーするのに慣れていて、(成功したかどうかはともかく)ダイヤモンド型も試してるし、(正直限りなく4-4-2に近いけど)4-2-3-1でもプレーしてる。香川はケガでチームに入ったり出たりしてて、異なるポジションで起用され続けてる。それに、チームとしての、ユナイテッドの今シーズンの目標は、(理解できることだし、良い考え方だと思うけど)ファン・ペルシをフィットさせることで、それは成功してるし、そのことによってルーニーは少し下がり目でプレーしてるから、香川は必ずしも彼のベストポジションでプレーしてはいない。
彼が加入した時に言ったことをもう一度言っておきたい。彼の獲得には(デ・ヘアの時と同じくらい)興奮したし、彼が多くのものをチームにもたらしてくれることを確信してる。ちょっとみただけでも、彼がどれだけ素晴らしい存在になれるかは分かったし、彼がリーグにもチームにも完全に適応すれば(もしくは別の視点からみれば、チームが彼に適応すれば)、彼はとんでもない存在になるだろう。彼がうちで活躍するであろうことに疑いは持ってないけど、簡単に成功するわけじゃないことにも特に驚きはない(ここまでの彼がヒドいってことじゃないけどね)。

(「彼は、うちの新しいベルバトフになるかもしれない…」のレスを受けて)
ありがたいことに、状況が同じだとは全く思えない。ベルバトフの時には、彼以外のすべての選手にピッタリのシステムがあり、コンスタントに素晴らしいフットボールが出来ていた。今は、同じだけの安定感を出せるような、選手たちに合うシステムを決めるのに苦しんでいるようにみえる。フォーメーションやスタイルが合っていないことに苦しんでいるのは、香川だけじゃない。
だから、ファギーは、ベルバトフの時のようにプランに合わないからといってただその選手を除外するのではなく、徐々にその状況を変えていくと思う。

僕は真司が好きだ。彼がチームメイトと理解し合えるようになってきた時にケガをしてしまったけど、定着してしまえば、彼はうちにとって素晴らしい存在になるだろう。

彼に時間をあげよう。そうすれば、うちの主力選手のひとりになれる。ユナイテッド加入前の6~8ヶ月彼をずっと観てきて、今の時期には完全に適応しているだろうと思ってたのは確かだ。ケガがあったから、それについては先延ばしになるだろう。
彼が試合に出れば、活躍するだろう。彼とルーニーとファン・ペルシを同じメンバーの中に入れるのは難しいけど、彼をベストの状態でプレーさせるにはこんな感じがいいと思う。
Redcafe_20130121_1.jpg

賛成。彼にとっての主な問題のひとつは、ユナイテッドでのベストポジションがまだ分かっていないことで、いくつかの役割も与えてみているし、いくつかのフォーメーションでもプレーさせてみている。だから、役割をこなすという点で安定性に欠けるんだと、個人的には思ってる。
4-2-3-1でも、香川、ルーニー、ナニもしくはヤングをファン・ペルシの後ろに置いて、コンスタントにポジションを入れかえるような形が良いと思う。彼は、クレヴァリーやウェルベックとの連携も良い。彼が良い選手になるはずだという兆しはあるので、今後、彼がケガをしないことを祈るだけだ。

彼は、ケガやら何やらでユナイテッドでキャリアのスタートを幸運な形では始められなかった。だけど、ユナイテッドというクラブの大きさが精神的な問題になるだろうと思っていたので、ミラーの記事は読んでて面白かった。彼はユナイテッドという化け物に少し囚われている状態なんだと思う。試合を重ねていけば、彼はもっと落ち着いてくるだろうし、才能に問題はないんだろうけど、少し身体を強化する必要はあるかな。そうしないと、期待感はものすごくあるのに、プレミアリーグで大成功はできない選手のひとりになっちゃうかも…。


以前から『第二のベルバトフ』という言葉が出てきますね。僕としてはそういう印象は全くないのですが、これも心配してくれているから、なのでしょうか。今晩行われるFAカップのフラム戦には香川はおそらくベンチスタートではないかという予想が大半を占めているようです。出場したら、きっとまたスレが伸びていくと思いますし、そうでなくてもミッドウィークのサウサンプトン戦に向けて、ボチボチ訳し続けていこうと思います。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

いい選手取って来ても監督がファギーだからなぁ。
プレミアの伝統から脱却する気がないというか、理想とする戦術が古い。
サッカーを取り巻く状況も変わってきてるのに社会的な背景まで理解できてないんだろうな…

  • 2013/01/26(土) 09:18:15 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ペップがマンUに来てくれれば・・・

  • 2013/01/26(土) 14:32:02 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ゴルコム予想では

     ペルシ

香川  ルーニー ヴァレンシア

だったね。

ヴァレンシアはヤングとかナニでもいいけど、これで1回やってみて欲しい

  • 2013/01/26(土) 17:32:24 |
  • URL |
  •   #-
  • [ 編集 ]

翻訳ありがとうございます。
ウェルベックとの連携も良いって… 現地の人達は自国選手びいきすぎないか?w
実際は香川からの一方通行で、視野の狭いウェルベックからのパスは全然少ない気がする。特に決定的な場面ではなおさら。。彼よりもチチャリートとかみたいにもっと頭を使える選手との組み合わせの方が香川には合ってると思うが。クレヴァリーに関しては同意。

  • 2013/01/26(土) 19:43:08 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

たしかベルバトフはフラム…
皮肉やね

  • 2013/01/26(土) 20:11:22 |
  • URL |
  • ぴー #-
  • [ 編集 ]

上のコメントで「ウェルベックよりチャチャリートのほうが」って趣旨のコメントがあるけど、前はそう思ったけど今はウェルベックの方がいいと思う。
チャチャが入るってことはRVPとチャチャリートのツートップの後ろってことだろうけど、香川はRVPのワントップでのトップ下が一番しっくり来る印象。つまりドルと同じポジション。前節がこれ。
ウェルベックがサイドで。
ウェルベックの批判は全く同感だし、相性としてもチャチャのほうがいい気がするけど、システムとしてはウェルベックがサイドで、RVPワントップ、香川がトップ下のほうがいいと思う。
あくまで現時点で、この先ころころ変わるかもしれないけどね(笑)

  • 2013/01/26(土) 22:00:02 |
  • URL |
  • karu #-
  • [ 編集 ]

3つ上のコメをした者です。言葉が足りなくて申し訳ない。
自分は、チチャ1トップ、サイドにRVPが入ったフォメを推したいんだ。RVPはFWとしての仕事は十分過ぎるほど決めるけど、連携という点ではどうしても前線特化になってしまう。なので、多様性の強いチチャをトップにして、より中盤との結びつきを上げる。ガム爺が香川の能力をより有効に使いたいのなら、現時点では創造性と一瞬の煌きに欠けたウェルベックをサイドで使うより、ルーニー・香川・RVPを並べて、トップにチチャ(4選手とも流動的に入れ替わり可)を置いた破壊的なフォーメーションで圧倒させてほしい。

  • 2013/01/27(日) 14:12:18 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

確かに香川は精神的な部分が一番大きいと思う。やはりマンUというクラブはドルトムントとはプレッシャーのレベルが違うのだろう。
本人が言うように香川は個人技で突破してチャンス作ってゴールするタイプではない。周りと連携して周りをうまく使ってPA内でのプレーが真骨頂。フィジカルも鍛える必要があるだろうけど、やっぱり精神的な部分が最も大きいじゃないかな。

  • 2013/01/27(日) 23:02:25 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/672-3303eecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)