FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

マリオ・バロテッリ、友人とのフェアウェルパーティーを開催?

マリオ・バロテッリ、友人とのフェアウェルパーティーを開催?

以前、バロテッリがイングランドの自宅から家財を運びだして、その家を引き払う準備をしているという話がありましたが、イングランドの友人を招いてのフェアウェルパーティーを開催したというニュースが出て来ました。該当する記事の訳に加え、その他、ちょっとした情報なども。

内容は、続きを読む、で。


http://forzaitalianfootball.com/2013/01/balotelli-bids-goodbye-to-manchester-with-farewell-party/

サン(The Sun)によると、マリオ・バロテッリは、昨晩、彼はフェアウェルパーティーを開き、イングランドでの自らのキャリアを終わらせ、ACミランに加入する準備をしているようだ。

イタリア代表のバロテッリは、月16000ポンドの豪邸に友人を招き、サン・シーロへの移籍の準備を実際にしていると伝えたようだ。

プレミアリーグチャンピオンのマンチェスター・シティは、『スーパーマリオ』の売却を発表する準備をしており、その移籍金は2000万ユーロで、ミランは6回の分割でこれを支払うことになる。

バロテッリの代理人であるミノ・ライオラは、少年期の憧れのクラブであるミランへの移籍を望んでいるバロテッリに関する取引を円滑に進めるため、2日間で2度、マンチェスターに飛んでいる。

しかし、シティは、インテルから彼を獲得する際に投じた額を回収するために、ミランに対して600万ユーロの移籍金アップを要求している。

彼は、シティでの3年間でプレミアリーグ51試合に出場し、20ゴールをあげている。


フェアウェルパーティーの開催は事実のようです。ただ、移籍に関してはまだ不透明な状態。メディアの情報も錯綜していて、ミラノに向かったという情報があったかとおもいきや、29日に行われるQPR戦に向けて、チームとともに移動したという情報も出てきています。ただ、その試合に出場したとしても、移籍自体が無くなるわけではありませんが。

なお、マンチェスター・シティのアシスタント・コーチである、元イングランド代表のデヴィッド・プラットはこんな風に話しています。

『昨日、[バロテッリがミランに移籍するという]予想を目にしたけど、私は何も聞いていない。』

『私たちの知るかぎり、彼はまだマンチェスター・シティの選手だと思っている。何かが起こるとは思えない。』


ロベルト・マンチーニ監督は全くこの件について話をしていないのですが、おそらく同じような考え方ではないかと思います。マンチーニも選手時代は結構ヤンチャな人だったので、ちょっと何かがズレれば、ピッタリきそうなコンビなんですけどね、バロテッリとマンチーニって。

前の記事にも書きましたが、ミランがボアテングを取引に含めることで、移籍金に関するギャップを埋めようとしているという報道も出てきています。フロントの独断なんでしょうか。イヤですねえ…。夏のマーケットならまだしも、冬のマーケットでこういうことをされると、現場は大混乱だろうなあ…。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/684-e86fd151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)