FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【海外の反応】香川真司 vs 吉田麻也の直接対決実現! 両選手の海外メディアによる選手評の訳も プレミアリーグ 2012-13 マンチェスター・ユナイテッド vs サウサンプトン レビュー

海外の反応香川真司 vs 吉田麻也の直接対決! 両選手の海外メディアによる選手評の訳も
プレミアリーグ 2012-13 マンチェスター・ユナイテッド vs サウサンプトン レビュー


両チームの先発メンバー、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Manchester_United_vs_Southampton_re.png

試合内容、海外メディアによる選手評の抄訳は、続きを読む、で。
選手評の訳は下の方にちょこっとついてます。


マンチェスター・ユナイテッド(4-2-3-1):
デ・ヘア;ジョーンズ、ファーディナンド、ヴィディッチ、エヴラ;キャリック、アンデルソン;ウェルベック、ルーニー、香川真司;ファン・ペルシ

(4-2-3-1):
ボルツ;クライン、吉田麻也、ホーイフェルト、フォックス;コーク、シュナイデラン;パンチョン、ランバート、ガストン・ラミレス;ロドリゲス

3分キャリックが出した浮き球のバックパス、デ・ヘアが処理をミスってロドリゲスにさらわれるサウサンプトンが思わぬ形で先制。今シーズンユナイテッドが先制されるのは、12回目だそうです…。デ・ヘアもダメだったけど、今のはキャリックのパスがあまりにも不用意だったような…。ゴール前であんなに中途半端な位置でバウンドするようなパスを出すものじゃないと思います。
8分ルーニーが同点ゴール。点が入る時は簡単だなあ。右サイドからの展開、ボール前でディフェンスがクリアしようとしたこぼれ球を受けた香川がダイレクトで、ディフェンスラインの裏に、恐ろしいアイデアと精度の浮き球のパス。これは素直に素晴らしい。それをきっちり決めてしまうルーニーもさすが。リプレイでみると、ルーニーはディフェンスがクリアミスしたボールが香川の方にこぼれたのをみた瞬間にはもうゴール前に動き出してるんですよねえ…。ストライカーの本能ってすごいです。
10分、ジョーンズからのクロスが逆サイドのルーニーに、ルーニーがさらに左にいた香川に、香川の左足のシュートは左ポストに阻まれる。いやー、惜しい!!
22分、ユナイテッドが鮮やかなパス回しから、ゴール前のファン・ペルシへ、ファン・ペルシが切り返して左足で狙うも麻也がクリア、あわやオウンゴールだったけど、ナイスクリア。
25分、左サイドのルーニーにパスを出した香川がそのままゴール前へ、ルーニーの左サイドからのクロスに合わせようとするがわずかに届かず。
その直後、アンデルソンが相手ゴール前まで上がっていったあとのスペースに香川が下がってディフェンス。左アウトサイドの選手としてやるべき役割をちゃんとやってますね。
27分ファン・ペルシのフリーキック、ファーでエヴラが折り返して、センターでどフリーのルーニーが右足で合わせてゴールユナイテッド勝ち越し。やっぱり強いですね、ユナイテッド。
31分、中盤からの速い展開、ルーニー、香川、ファン・ペルシとつないでファン・ペルシが左足で狙うもゴールを大きく外す。珍しい。あんな感じで回されると、ちょっとディフェンスとしてはついていけないと思います。サウサンプトンのディフェンス陣棒立ちだったもんなあ…。
調子が良い時っていうのは何でも上手くいくものなんですね、香川がヘディングでも競り勝ってます。ボールへの寄せもすごく早いし。
前半終了。2-1でユナイテッドがリード。前半の香川真司は本当に素晴らしい出来でした。ゴール前での『らしさ』だけではなくて、中盤でも時にはディフェンスでも与えられている役割を100%近くこなしていたと思います。与えられた役割に前向きに取り組む姿勢が好きです。吉田麻也に関しては、ユナイテッドの攻撃が目立ってあまりボールに触る機会さえ無い感じだけど、止められるところはちゃんと止めている感じ。

後半開始サウサンプトンは、ラミレス、パンチョンに代えて、ララナ、S・デイヴィスを投入。良い選手なんですよね、ララナ。
後半になってから、ユナイテッドのパスがつながらなくなる不思議な現象。今シーズンは多いです。その分、サウサンプトンのポゼッション率が高くなって、ユナイテッド陣内でのプレーが多くなっています。
59分、サウサンプトンのコーナーキックのこぼれ球を受けた香川のバックパスが味方に合わず、サウサンプトンのチャンスに、右からのクロスにコーナーで残っていた麻也が合わせにいくもディフェンスに阻まれる。後半のポゼッションは、サウサンプトンが65%だそうです。
63分、ユナイテッドの交代、スモーリングに代えてファーディナンド。
68分、ユナイテッドの交代、アンデルソンに代えてラファエル。例のラファエルを中盤の底に置く形か。あまり上手い形だとは思えないんだけどなあ。と思ったら、ジョーンズがひとつポジションを上げて、ラファエルは右サイドバックに入ってるみたいです。
73分、ユナイテッドの交代、香川真司に代えてナニ。後半に入ってチーム全体が低調になったのにお付き合いしてしまったのが残念ですが、今日の香川は文句をつけてはいけない出来だったと思います。ポストを叩いたシュートが入っていれば完璧だったんですが、それを望むのは贅沢ってものですよね。
75分、右サイドのナニからのクロスをファーでファン・ペルシがヘディングで合わせるも、ボルツの素晴らしいセーブに阻まれる。その直後、ルーニーが左からクロスをあげ、ファン・ペルシが同じくヘッドで今度はゴールネットを揺らすが、オフサイド。
77分、サウサンプトンがユナイテッドのゴール前、ペナルティエリアのわずかに外で得たフリーキック、ランバートが柔らかいタッチで壁の上を狙い、枠には飛んでいたもののデ・ヘアがセーブ。両チームのGKが頑張ってますねえ。
78分、サウサンプトンの交代、フォックスに代えて、ショー。
終盤になっても、サウサンプトンがボールを支配しがちな状況はあまり変わらず。
87分、左からのクロスをランバートがヘッドで落としたところに走りこんできたララナ、なぜかシュートを打たず、後ろにワンタッチで流そうとする。もったいなかった。やっぱり左利きだから躊躇しちゃったのかな?
サウサンプトンが最後まで粘りをみせるも、及ばず、試合終了。2-1でユナイテッドの勝利


Goal.com U.K.版による香川真司吉田麻也の選手評の訳。
http://www.goal.com/en-gb/match/81071/manchester-united-vs-southampton/player-ratings

香川真司:4(5点満点)
ユナイテッドの先制点へのパスで、いかに高いクオリティを持っているかを証明してみせた。ルーニーをどフリーにする素晴らしい浮き球のスルーパスだった。香川は4人で構成される攻撃陣を素晴らしい動きを見せながら動きまわり、彼の切れのある突破がペナルティエリア内外で重要な存在となった。

吉田麻也:3
吉田は、彼とサイドバックの間に来るボールに苦しむかのように思えた。しかし、彼は、落ち着いて対処し、ファン・ペルシとのマッチアップであることから、多くの人は自由に動き回られると考えていたが、そうはさせなかった。


香川真司は『4』で選手評も高評価、吉田麻也も『3』ではありますが、ユナイテッドの攻撃陣を押さえ込んだことはある程度評価されているようです。

SkySportsによる香川真司、吉田麻也の選手評の訳。
http://www1.skysports.com/football/live/match/267551/ratings

香川真司:7(10点満点)
アシストを決めた

吉田麻也:6
困難な夜だった


この後、レッドカフェの反応をあげようと思います。極端に伸びてはいませんが、それなりの反応があるので、ここまでの反応を訳してから寝ます…。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/692-7be5c1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)