FC2ブログ

赤と黒の話とか

ACミランの話を中心に、サッカーの話題を書いていく予定。基本的には海外記事の内容を元に書いていくつもり。必要に応じて英語記事の翻訳も。

【日本人選手情報】プレミアリーグ 2012-13 ウィガン・アスレチック vs サウサンプトン プレビュー

日本人選手情報】プレミアリーグ 2012-13 ウィガン・アスレチック vs サウサンプトン プレビュー

両チームの先発予想、フォーメーション&マッチアップはこちら。

Wigan_vs_Southampton_pre.png

内容は、続きを読む、で。


ウィガン(3-4-3):
アル・ハブシ;ゴロバルト、コールドウェル、フィゲロア;スタム、マッカーサー、マッカーシー、ボセジュール;エスピノサ、ディ・サント、マローニー

(4-2-3-1):
ボルツ;クライン、吉田麻也、フォレン、ショー;コーク、シュナイデラン;パンチョン、ガストン・ラミレス、ララナ;ランバート

ウィガンは現在、5勝14敗5分け勝点20で18位。もともと攻撃的な姿勢が売りで、失点をいとわないチームとはいえ、45失点はリーグワースト2位タイ。最近5試合では、1勝2敗2分け。ここ2試合で2点ずつをとっているものの、3失点、2失点で結局勝ちは無し。この試合もおそらくある程度撃ちあいになると予想。そういう意味では大味かもしれないけど面白い試合になりそう。攻撃陣では、アフリカ・ネーションズカップ参加のため、アルナ・コネが不在。なので、新加入のロヘル・エスピノサが攻撃的な位置に入るとみられる。エスピノサはホンジュラス代表のミッドフィールダーで、アメリカMLSのスポルティング・カンザスシティからフリートランスファーで1月に加入。左利きで一応右ウィングという予想だけど、多分ディ・サント、マローニーとポジションを入れ替えながら主にトップよりも少し低い位置でプレーすると思う。最終ラインには前節でまずまずのプレーをした若手のゴロバルトが入るとみられる。結果、2点のビハインドから追いついた前節の後半と同じ形に。

ウィガンには宮市亮がいるものの、故障により長期欠場中。2月下旬くらいに復帰すると予想されているけど、この試合には当然間に合わず。残念ながら、日本人選手対決は実現せず。

サウサンプトンは、5勝11敗8分け勝点23で16位ウィガンと同じくとやはり失点が多い。それでも最近は失点が減っている印象が強く、ここ5試合では5得点5失点と攻守のバランスがとれてきた感がある。アーセナル、チェルシー、エヴァートン、マンチェスター・ユナイテッドとの試合が含まれるこの5試合で5失点というのは立派な成績だと思う。吉田麻也とホーイフェルトとのコンビも結構安定してる感じ。前節はユナイテッドに1-2と惜敗したものの、後半はすごく良いサッカーをしていたし、この試合でも期待したい。というわけで前節の後半と同じような形で臨むため、前節、故障から帰ってきて、途中出場したララナが先発復帰すると思う。サウサンプトンにとってこれはものすごく大きい。ラミレスが本来のトップ下として心置きなくプレーできそうだし。また、最終ラインには1月に加入したヴェガール・フォレンが先発でプレミアリーグデビューすると多くのメディアが予想。フォレンについてはモルデでプレーしてた選手でノルウェー代表の経験もあるらしいけど、正直観たことはないです。サウサンプトンの現地フォーラムによると、リヴァプールのアッガーに近いタイプの選手だそうですが、クオリティのほどは分かりません。アッガーに近いっていうのも単に左利きってことだけだったりして…。ただ、ACミラン、リヴァプールなどのクラブが追っかけていたという話もあるので、ある程度のクオリティはあるんだろうな、と期待しています。新しい選手をみるのは楽しみです。

サウサンプトンとしては、アウェーではあるけど、マンチェスター・ユナイテッドの後半のイメージを上手くつなげて、グイグイ点を取りに行きたい。ウィガンウィガンで15位のチーム相手で勝てば、勝点ではサウサンプトンと並ぶだけに、当然勝ちたいはず。両チーム、攻撃はわりと面白いチームなので、撃ちあいにちょっと期待。でも、もちろん吉田麻也にはしっかり守ってもらいたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ringhio08.blog.fc2.com/tb.php/701-794c18cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)